青森県の旅行情報!グルメ、観光地、交通、宿で旅行計画

青森県の観光情報

奥入瀬渓流や白神山地など豊かな緑があり、恐山のような独特の霊場を持つ青森県。

歌謡曲の歌詞にもなった竜飛岬や、作家の太宰治ゆかりの金木などがある津軽半島も魅力。

県で広く魚介類が採れて、八戸港のイカなどの定番から鰺ヶ沢のイトウなど珍しい魚も。

有名な観光情報は雑誌などで手に入りますが、青森県はもっと奥深くて絶景スポットなど見どころが沢山あります。

当サイトでは筆者の経験をもとに、旅行計画に役立てていただけるよう一歩踏み込んだ観光情報とまとめ記事を用意しました。

絶景スポット、グルメ、観光列車など、各テーマでまとめ記事のリンクを付けました。

観光地

01.絶景スポット

青森県の絶景スポット写真 岩木山神社の木々覆う登り坂の参道に遠くの岩木山

青森県で豊かな自然があり観光で定評のある「奥入瀬渓流」のある「十和田湖」。川沿いや湖沿いの散策が楽しいエリアです。

青森を代表する「岩木山」の見える意外な名所として「岩木山神社」は雪の時期に山と鳥居の神聖な雰囲気。

桜の名所「弘前公園」は、冬にピンクのライトアップでお堀がとてもキレイです。


02.花の名所

青森県の花の名所写真 雪解けの土に咲く大間越関所跡の福寿草の群生

青森県で花といえば、ゴールデンウィークの弘前が定番。桜が綺麗な「弘前公園」にリンゴの花が咲く「りんご公園」があります。

本州一の広さと言われる「横浜町の菜の花」や五戸町「正子のチューリッぷ園」など5月中旬から話題となる名所も。

十和田市の「鯉艸郷(りそうきょう)」は四季を通じて色々な花を楽しめます。


03.夜景スポット

青森県では工場夜景のメッカとして八戸市が有名。最近は光量が少ない印象ですが、車で来訪する港エリアに工場が輝きます。

グルメ

04.ご当地グルメ

青森県のご当地グルメ写真 アオーネ白神「アカショウビン」で楽しむ深浦まぐろ

日本海、津軽海峡、太平洋に面した海の幸が豊富な青森県。ご当地グルメは細かいものを数えると50種類を超える充実っぷり。

弘前ではイカメンチなどのスローフードに、最近ではシードルやガレットも名物に。

南部エリアでは五戸の馬肉や義経鍋、十和田のバラ焼き、八戸のサバやイカなどグルメが豊富です。


05.おしゃれカフェ

青森県のおしゃれカフェ写真 夜に輝く一軒家風のスターバックス弘前公園店

青森県で定番のカフェといえば、スターバックスコーヒー弘前公園店。洋館の一軒家タイプで内装も魅力。

津軽エリアでは芦野公園駅の駅舎として使われていた建物を活用した「赤い屋根の喫茶店」も人気。

八戸エリアであれば種差海岸の葦毛崎展望台にある「ホロンバイル」というカフェのソフトクリームもオススメです。


06.ご当地ファミレス

旅行者にとっての会話のネタにもなるローカルチェーン店。青森県にはご当地チェーン店が少ないです。

有名なものとしては青森のリンゴ銘菓の定番「ラグノオ」。弘前店では焼きたてのアップルパイの販売が特定時間帯に行われます。


移動手段

07.観光列車

青森県の観光列車写真 津軽鉄道の冬に人気のストーブ列車が走る雪景色

青森県の観光列車は冬の時期限定モノが多く「けの汁列車」「酒のあで雪道列車」が日付限定運行されます。

津軽鉄道には冬に「ストーブ列車」が走り、車内のだるまストーブで暖まりスルメイカを炙ることもできます。

通年運行であれば五能線で秋田へと向かう「リゾートしらかみ」などがあります。


宿泊施設

08.お値打ちの宿

青森県のお値打ちの宿写真 五戸町「五戸まきば温泉」でオシャレさのある通路

青森県では各主要駅のビジネスホテルを利用する観光客の傾向が強いものの、車利用でオシャレな宿に泊まるのも手です。

浅虫温泉では駅から送迎可の宿もあり、探せば1万円未満で夕食付きプランも。

車利用であれば、十和田市「ホテルポニー温泉」や五戸町「五戸まきば温泉」など、日帰り温泉に併設された宿がお値打ちです。