甲信越の工場夜景8選!新潟糸魚川など撮影スポット

甲信越の工場夜景スポット

甲信越エリアでは日本海沿いの新潟県に工場夜景スポットがたくさんあり、新潟市、上越市、糸魚川市などで楽しめます。

山梨県と長野県の工場夜景は情報不足で見つからず、新潟県を広く移動する形で訪れるのがよさそうです。

今回は、甲信越地方の工場夜景スポットを紹介します。

セシモ コイ

間近で工場を見るスポットから展望として工場夜景を楽しめる高台まで、色々な名所を紹介していきます。

A.山梨県の工場夜景

01.大月バイオマス発電所(大月市)

国道20号(甲州街道)の笹子付近を車で走ると、暗い山道や川沿いの道路が続く中で明るい場所が見えます。笹子河川親水公園の近くにある「大月バイオマス発電所」です。

手前の建物や柵がジャマしてしまう場所のようですが、工場の姿を見ることができます。(笹子河川親水公園から狙って撮影している様子)

背景が山なので、狙えるなら夜よりもマジックアワー(日没30分後)がベストです。

国道20号は夜によく走っていましたが、この発電所ができたのが最近のようなので知りませんでした。ちょっと見ごたえは弱い気もします。
アクセス情報

[住所] 山梨県大月市笹子町白野(地図
[最寄駅] 笹子駅から徒歩25分
[駐車場] 不明(笹子河川親水公園を利用できるか)

B.長野県の工場夜景

02.ソヤノウッドパワー発電所(松本市)

森林資源を活用するために木製燃料で発電を行うバイオマスの取り組み「信州Fパワープロジェクト」により登場した、木質バイオマス発電所の企業「ソヤノウッドパワー」。

平成27年4月に木材加工施設が稼働し、令和2年10月に発電施設が稼働を開始した新しめな施設。白と黄色の骨組みが数階に重なる施設に灯りがつくと、美しい工場夜景に。

発電所の裏手になる道路は少し高台になっており、路肩のスペース付近から発電所を見下ろす構図を取ると遠く松本市街地の盆地が広がる姿も見ることができます。

ここは工場夜景としての情報があまり出ていないため、穴場な感じです。
アクセス情報

[住所] 長野県塩尻市片丘8501(地図
[最寄駅] 広岡駅から徒歩69分
[駐車場] なし(路肩に一時的な停車)

C.新潟県の工場夜景

03.旭カーボン 通船川鴎橋(新潟市)

旭カーボン 通船川鴎橋写真 通船川に架かる橋から工場を眺める構図は奥行と広さがある

新潟市の中心街より北東にある通船川に沿って工場があり、そのひとつが新潟市に本社と工場を置く「旭カーボン」。タイヤなどの原料となるカーボンブラックの製造工場です。

通船川に架かる橋から撮影すると西方向を向くことになり、夕陽が沈む時間帯のオレンジ色から藍色へと変化する空とともに工場の灯りが強くなっていきます。

旭カーボン 通船川鴎橋写真 川沿いの歩道から見る定番構図の工場夜景に月が映える

Googleマップでは緑色の線で表記されている、歩行者専用の川沿いの歩道。インターネット上ではこの歩道から撮影している写真を多く見かけます。

歩道は木々でさえぎられる箇所もありつつ、ポンプ場の近くまで行くと開けた場所となり対岸に工場がそびえる姿を見ることができます。

個人的には橋の上から見る夕景と工場夜景がお気に入り。
アクセス情報

[住所] 新潟県新潟市東区上王瀬町2(地図
[最寄駅] 新潟駅から徒歩53分
[駐車場] なし(付近に一時的な停車)

04.北越コーポレーション新潟工場(新潟市)

北越コーポレーション新潟工場写真 工場の正門から見る工場と右手の煙突は構図が難しい

日本国内でトップ5に入る製紙会社「北越コーポレーション」は長岡市に本店を持ちますが、新潟市の北東にある新栗ノ木川の近くに新潟工場があります。

新栗ノ木川の西側、榎町歩道橋の上、東港線バイパスなど撮影ポイントがいくつかあるようですが、さえぎるものが多い印象。工場の正門から撮影するのも手です。

ここは下調べしてから来訪したほうがよさそうです。
アクセス情報

[住所] 新潟県新潟市東区榎町(地図
[最寄駅] 新潟駅から徒歩25分
[駐車場] なし(付近に一時的な停車)

05.上越火力発電所 黒井突堤(上越市)

釣りスポットとして親しまれている「黒井突堤」から「上越火力発電所」の工場夜景を望むポイント。東北電力管轄の発電所にLNG基地(液化天然ガス)も併せ持っています。

Googleマップ上でも「黒井突堤」で登録されており、堤防沿いに駐車できるスペースが広く取られているため安心して撮影できます。

少し光の量が足りない気もするため、一眼レフでシャッタースピードを多めに。
アクセス情報

[住所] 新潟県上越市夷浜155(地図
[最寄駅] 犀潟駅から徒歩21分
[駐車場] 数十台 無料(黒井突堤)

06.上越火力発電所 上荒浜(上越市)

先ほどの「上越火力発電所」を撮影する場所としては、西側の「上荒浜」から撮影する方をSNSで多く見かけます。「INPEX直江津LNG基地」の液化天然ガスのタンクが煌びやかです。

道路沿いに少しふくらんだ路肩があるため、迷惑にならない程度の一時的な停車で撮影する形となりそうです。

こちらのほうが光の量は多い印象で、見ごたえがあります。
アクセス情報

[住所] 新潟県上越市上荒浜(地図
[最寄駅] 黒井駅から徒歩24分
[駐車場] なし(路肩に一時的な停車)

07.デンカ青海工場(糸魚川市)

大正10年に創設された「デンカ青海工場」は、各種化学製品を製造する工場として糸魚川を代表する企業のひとつ。

撮影ポイントは工場の周囲にいくつかあるようで、ひとつは北陸新幹線の高架下から南方向を見る構図。

工場の敷地が南北に伸びている印象で、周囲の撮影場所を探すとよさそうです。
アクセス情報

[住所] 新潟県糸魚川市青海(地図
[最寄駅] 青海駅から徒歩11分
[駐車場] なし(付近に一時的な停車)

08.明星セメント糸魚川工場(糸魚川市)

糸魚川IC付近を車で走ると目立つ工場「明星セメント糸魚川工場」。太平洋セメント傘下のセメントメーカーとして、糸魚川市に本社と工場を持ちます。

工場の周囲は街路樹にさえぎられて見づらい傾向にあり、JR大糸線の東側から撮影できる開けたポイントから全景を撮影するのがよさそう。

工場の敷地が南北に伸びている印象で、周囲の撮影場所を探すとよさそうです。
アクセス情報

[住所] 新潟県糸魚川市上刈5-1-36(地図
[最寄駅] 糸魚川駅から徒歩22分
[駐車場] なし(付近に一時的な停車)

まとめ

新潟県に集中する工場夜景として、新潟市、上越市、糸魚川市の工場は見ごたえがあります。一方で山梨県では大月エリア、長野県では松本エリアで工場夜景がありますが県全体ではスポットが少ないです。

以上、甲信越地方の夜景スポットの紹介でした。