関東で駅近大浴場の宿21軒!主要駅徒歩圏のホテル旅館

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
関東の穴場な宿

鉄道移動での宿泊は主要なターミナル駅が便利で、駅から徒歩で行ける宿の中でも大浴場がありキレイな客室のホテルや旅館がオススメ。

関東でも常磐線の土浦や水戸、東北本線の宇都宮、高崎線の熊谷や前橋、中央線の八王子や立川、東海道線の小田原など選択肢は豊富。

今回は、関東地方で駅徒歩圏内の大浴場付きホテルと旅館を紹介します。

セシモ コイ

筆者が泊まったことのある宿も交えて、質は良くてリーズナブルな宿を中心に各県の宿を紹介してみました。

A.茨城県で駅近大浴場の宿

01.水戸プリンスホテル(水戸駅)

JR水戸駅の南口から徒歩3分で、男性専用の内湯大浴場と女性向けの貸切風呂があるビジネスホテル。

大半が洋室となる全144室のホテルで、標準的な広さの洋室。白い壁紙にブラウンの机やベッドなど一般的なビジネス洋室の雰囲気ではあります。宿泊者は朝食付きで、朝6時から開始の健康朝食。

男性大浴場は湯舟から窓越しに庭のような木を配した小さな景色など、清潔感や雰囲気などを意識。

02.ベルズイン・土浦(土浦駅)

JR土浦駅の西口から徒歩3分で、露天風呂付き大浴場のあるビジネスホテル。飲食店街が近くにある好立地も魅力の宿です。

客室はキャビンタイプのカプセルルームと、個室の洋室ルームがあります。洋室190室となっており、大半は洋室シングル。

訳ありの室数限定プランとなる洋室シングルは、狭いという理由ながら13㎡と一般よりも広くて400円ほど安くなります。

大浴場「ベルズの泉 霞湯」は男女入替制でどちらか片方が露天風呂付きに。内湯も暗めな色使いのスタイリッシュな空間で、清潔感のある空間です。

朝食は和洋バイキングで品数もそこそこあり。食事のクチコミ評判が低く、理由としては夕食の質が悪いような印象です。コンビニまで徒歩3分など、利便性の高い宿です。

B.栃木県で駅近大浴場の宿

03.宇都宮ステーションホテル(宇都宮駅)

JR宇都宮駅の西口から徒歩3分で、男女別大浴場のあるビジネスホテル。基本的な機能もそろい、評判もそこそこといったベーシックな宿です。

洋室54室と和室10室という中規模のホテルで、洋室シングルがリーズナブル。

2017年10月にできた男女別大浴場は白い湯舟が2つとオシャレさは無いですが、最低限の広さはある大浴場です。

04.足利タウンホテル(東武足利市駅)

東武足利市駅から徒歩7分で、足利市街を一望できる内湯大浴場のあるビジネスホテル。足利学校など徒歩圏内に観光の見どころがある立地の宿です。

地味ながら基本がしっかりしているビジネスホテルとして評価が高め。基本は洋室のみとなる計65室の中規模ホテルで、大半は標準的な広さの洋室シングル。素泊まりのみ対応です。

大浴場は内湯のみとなりますが、湯舟に沿った窓ガラスからは足利市街を一望できて夜景も一応は楽しめる展望風呂となっています。

05.絹屋旅館(小山市)

JR小山駅の西口から徒歩8分。小山市を流れる思川(おもいがわ)沿いの宿で、川に架かる観晃橋のすぐそばで城山公園が広がる一画にある旅館。

和室10室を中心として洋室も少しある小さな旅館。大浴場は3人くらいが入れるお風呂くらいの浴場です。

四季折々の料理を楽しめる宿となっていますが、2020年12月の最新では食事プランを受け付けていないようです。

C.群馬県で駅近大浴場の宿

06.ベルズイン前橋(前橋駅)

JR前橋駅の北口から徒歩3分で、内湯大浴場のあるビジネスホテル。かつて「カントリーホテル前橋」だったホテルで、明るい雰囲気に眠りを意識した部屋と焼きたてパンの朝食が売り。

洋室のみ120室のホテルで、大半がシングルルーム。モダンさを軽く感じる豊かな色使いの部屋で、2種類の枕や空気清浄機など快眠を意識した工夫がなされています。

大浴場は白やベージュ色のラグジュアリー感ある空間で、内湯のみですが6人ほどが一度に利用できるくらいの広さでゆったりできます。

朝食は焼きたてパンの洋食や和食をバイキング形式で。素泊まり室数限定のMAX割プランが毎日数部屋ありますが、日によって朝食プランのほうが安くて早割でさらにおトクに。

07.新前橋ターミナルホテル(新前橋駅)

JR新前橋駅の東口から徒歩1分で、男性用サウナと女性用岩盤浴のある大浴場があるビジネスホテル。機能的な洋室の部屋で過ごせる宿です。

洋室82室と和洋室2室のホテル。明るい白色で標準的な広さのシングルを基本としながらも、一部の部屋はラグジュアリー感あるツインや特別シングルとなっています。

大浴場は男女別それぞれあり、内湯のみ。サウナや岩盤浴は雰囲気良く、大浴場は夜通し動いており夜と朝に利用できます。

素泊まりプランは無し(1室だけ素泊まり特別シングルあり)で、朝食付きスタンダードが基本で早割プランでおトクに。

08.OYOホテル 伊勢崎イースト(新伊勢崎駅)

新伊勢崎駅から徒歩8分で、男女別の内湯大浴場があるビジネスホテル。シンプルとリーズナブルを追求した宿として、白を基調とした明るいエントランスや部屋を持つ宿です。

洋室27室と和室44室という、ビジネスホテルとしては小さめな規模。白色で統一されたシンプルな洋室ベッドの部屋や、お値打ちな1~2名向け和室もあります。

温泉ではなく内湯のみの大浴場があり、男女別それぞれあります。明るく窓から光が差し込み、加工セラミックで清潔感のある浴槽は広めでゆったりできます。

食事付きプランの予約ができないようですが、現地で500円の朝食を付けることができるようです。

09.アパホテル 高崎駅前(高崎駅)

JR高崎駅の西口直結で新幹線の高崎駅改札から徒歩3分。にごり湯の温泉大浴場があるビジネスホテルです。

定番の全国チェーン「アパホテル」の高崎駅前店で、一部の部屋から高崎駅の線路と列車を見下ろせる展望が魅力。

洋室のみ233室と大きめのビジネスホテルで、大半はシングルで9㎡という標準より狭い部屋は妥協点。白を基調として黒をアクセントとした、スタイリッシュで明るい空間です。

にごり湯の温泉となる大浴場はホテル規模からすると広くはなく、男女別それぞれ用意されており夜と朝の利用時間が長いのが嬉しい点。露天風呂の有無は不明。

現在は価格が不安定で、日曜など1名素泊まり4,000円/人で利用できる日を狙うのがオススメです。朝食プランはバイキング形式で、1階の豆腐が美味しい京都銀ゆばという店が会場。

D.埼玉県で駅近大浴場の宿

10.COCO STAY 西川口駅前(西川口駅)

西川口駅から徒歩2分で、大浴場のあるビジネスホテル。全室禁煙のデザインホテルとして2017年に登場し、大浴場付きに広いサイズのベッドが売りの上質な宿。

東京都の主要駅から電車で20~30分という立地で、大宮駅からも電車で20分ほど。埼玉スーパーアリーナや埼玉スタジアムなど観戦イベントでの利用もしやすいです。

開放的な部屋に使いやすい机を意識したルーム。バストイレを付けないことで部屋をより広く確保するという方針で、ベッドを中央寄りに配置するなど工夫あり。

大浴場は夕17~26時と朝6~10時に利用でき、2階にはオススメのラウンジも用意されているとのこと。素泊まりのみ対応のようです。

11.アパホテル さいたま新都心駅北(さいたま新都心駅)

さいたま新都心駅から徒歩8分。大宮駅からであれば徒歩15分で、さいたまスーパーアリーナまで徒歩10分という好立地。大浴場のある2棟一体型が都会的な、アパホテルの新都心店。

ベッドや枕はアパホテル特注のもので、断熱カーテンや明るいシーリングライトなど部屋の各種設備にこだわった内容。黒色などを活用したスタイリッシュな洋室です。

一応の露天風呂は外の展望が無く、内湯の大浴場も含めて狭いというクチコミもありますがキレイさは確保。光明石を活用した温泉となっています。

朝食は1階のインド料理レストランによるインド料理バイキングで、本場のナンを焼き上げて提供するカレーなどが登場。以下の参考価格からさらに割引されるプランも。

12.スーパーホテルPremierさいたま 大宮駅東口(大宮駅)

大宮駅の東口から徒歩4分で、天然温泉と朝食が売りのビジネスホテル。全国チェーンのビジネスホテル「スーパーホテル」の上位版としてオシャレな外観と内装です。

洋室のみ154室。シングルルーム設定が無くて、1~2名利用のベッドが大きいダブルルームが基本。2019年12月オープンの清潔感ある空間に、枕や浴衣を選べるサービスも魅力。

天然温泉の大浴場は内湯のみで、男女別で黒灰色を基調としたスタイリッシュな空間。焼きたてパンビュッフェの朝食も好評とのことです。

13.スーパーホテルさいたま 大宮駅西口(大宮駅)

大宮駅の西口から徒歩10分の立地で、天然温泉とオーガニックな朝食付きプランが売りの宿。全国チェーンのビジネスホテル「スーパーホテル」の大宮西口店です。

外観こそビジネス色ですが、ベージュとブラウンの色合いで温かみある雰囲気のホテル内と各部屋のいい雰囲気。洋室157室を中心としており、大半が標準的な広さのシングル。

天然温泉の大浴場は内湯のみで、1つしかないことから時間区切りの男女入替制で対応。ホテル規模からすると小さめな湯舟ですが、足をのばせて清潔感があります。

朝食はバイキングで、和食と洋食それぞれ品目数も多くてしっかり。早割や季節割など6,000円/人を下回る割引プランも登場します。

14.ホテル朋泉 草加(草加市)

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の草加駅から徒歩3分で、男性専用の大浴場と女性や家族向けの貸切家族風呂がある宿「HOTEL HOUSEN」。

洋室251室の大きめなビジネスホテルで、シングルルームが圧倒的に多め。素泊まりと朝食付きプランは部屋の狭い訳ありプランがあり、普通の部屋は朝夕食付プランがお値打ち。

炭酸カルシウム温泉の大浴場は男性専用。女性や家族向けには貸切の家族風呂があり、1組40分の予約制で利用できます。

部屋などのクチコミは低めですが、付随する2階の居酒屋「朋泉」による夕食や朝食の評判が良い傾向にあります。

15.ザ・セレクトン北本駅前(北本駅)

JR高崎線の北本駅から徒歩わずか30秒という立地で、男女別大浴場のあるビジネスホテル。

洋室のみ85室で部屋の広さは標準的ですが、壁掛けテレビで広く使えるテーブルが魅力。白やブラウン色の明るくも引き締まった色合いの部屋です。

大浴場も比較的スタイリッシュで清潔感のある空間で、適度に広い湯舟でゆったり。朝食はそこそこの品目数のバイキングです。早割プランもいくつかあります。

16.北本天然温泉 ハナホテル北本(北本市)

JR高崎線の北本駅から徒歩15分で、国道17号線沿いで無料駐車場もあるため車での来訪も便利。埼玉県北に3店を有する花ホテルの北本店で、天然温泉と朝食バイキングが売り。

ブラウン調の色合いがオシャレな館内で、洋室を中心とした全100室。白色を基調とした明るい空間で、自然の色使いによるナチュラルな雰囲気。洋室シングルでも広めな造り。

大浴場も明るい色使いで窓からの光がよく入り、内湯のみですが天然温泉で一度に4人が利用できる広さです。

素泊まりプランは無く、宿泊者は朝食バイキング付き。2020年7月オープンによる記念プランなど割引プランが定着しています。

17.奥むさし旅館(飯能駅)

飯能駅からは徒歩8分、東飯能駅からは徒歩15分。昔ながらの雰囲気ながら平成4年オープンと古くはない施設で、ジェットバスの大浴場に和室の部屋のある宿。

和室のみ16室で、至って普通のシンプルな和室。合宿や出張がメインターゲットのようで、派手さは無いですが基本的な機能は不足なくそろう内容。

大浴場は内湯のみですが、石や木材で湯舟まわりの雰囲気を良くした見た目。小規模な宿にして湯舟が広めで、ジェットバスの噴射を背中に当ててリラックス。

1階には飲食店があります。夕食プランは刺身や揚げ物など家庭的な食事で、朝食プランはシンプルな和定食。

18.アパホテル 埼玉東松山駅前(東松山市)

東武東上線の東松山駅から徒歩1分で、公明石の内湯大浴場があるビジネスホテル。2019年10月に新規オープンとなったアパホテル東松山駅前店です。

白と黒をうまく組み合わせた色合いのスタイリッシュな宿で、洋室のみ128室。日にもよりますが1人宿泊で6,000~6,500円/人あたり。

大浴場は内湯のみで、男女別で適度な広さの湯舟。準天然温泉(人工温泉)と記載されており、公明石で湯舟を作ったものとなっています。

朝食プランは館内1階にあるインド料理レストラン「ダタール」で、本格カレーの朝食バイキング。

19.いやし処ほてる寛楽 本庄早稲田駅前(本庄早稲田駅)

JR本庄早稲田駅から徒歩4分で、車であれば本庄児玉ICから5分で駐車場無料。2017年7月に新築オープンした新しさで、温泉施設のような外観が特徴的なホテル。

フロントでスリッパに履き替えるため、館内はキレイ。洋室のみ81室でシングルの設定は無く、1人宿泊でもツインルームを広く利用できます。白やブラウン調の洋室は雰囲気良好。

美肌と保湿効果のナノ水大浴場と記載があり、きめ細かな水を沸かしたお湯。内湯のみですが湯舟もそこそこ広く、イグサの香りのシャンプーなど美肌にこだわりあり。

朝食プランはバイキングで「オレ流お茶漬け」という独特なものも。部屋が狭い訳ありプランはさらに1,000円ほど安くなります。

20.ABホテル深谷(深谷市)

JR深谷駅から徒歩2分で、内湯大浴場あり。素泊まりプランは無く、宿泊者に無料で付く和洋バイキング健康朝食と大浴場が売りのビジネスホテル。

温かみのある照明にブラウン調の内装と部屋。洋室のみ127室で、大半がシングルルーム。標準よりわずかに広い13㎡に、余計なものは置かないシンプルな部屋と壁テレビで機能的。

内湯のみの大浴場は「全国名湯めぐり」と銘打ったもので、黒を基調としたスタイリッシュな空間で湯舟も適度な広さ。連泊や早割でさらにお値打ち価格。

21.ホテルシティーフィールドかごはら(籠原駅)

ホテルシティーフィールドかごはら写真 洋室シングルは普通ながら籠原駅が見える露天風呂は良好

熊谷市の籠原エリアで数少ない宿のひとつで、JR籠原(かごはら)駅から徒歩2分。電車で宇都宮や大宮などに出やすい立地としてビジネス利用に便利な宿です。

基本は洋室となる宿で、その多くは11~12㎡のシングルルーム。線路沿いですが、部屋の防音はある程度考慮されていて不快感は無し。

大浴場と中浴場を男女で入れ替えて、夜だけでなく朝も利用可能。大浴場は内湯に天然鉱石を使用しており、溶岩を配した露天風呂も売りのひとつ。サウナもあります。

1階の食事処は朝食会場に。2020年からはバイキングではなく皿に盛って定食的に提供するスタイルに変更。また、部屋で食べる弁当の夕食プランもあります。

露天風呂は明るい照明に風情たっぷりの造りが好印象で、籠原駅を発着する列車が見えるのも特徴的。喫煙ルームが割り当てられやすい点がネックではあります。

まとめ

運転に専念する車での旅とは異なり、列車内でのんびり過ごせて駅近の居酒屋にフラッと立ち寄りやすい駅前のビジネスホテル。大浴場も付いていると足を伸ばしてのんびり入浴できます。

JR東日本の主要本線が各地に伸び、発展した首都圏の都市で駅前がかなり便利。列車の接続も比較的いいため、鉄道旅での利用もしやすいです。

以上、関東7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)の駅近で大浴場付き宿の紹介でした。

記事を書いた人&運営者
運営者顔画像
セシモ コイ(瀬下 恋衣)
趣味の国内旅行ライター

国内旅行が大好き。NIKON一眼レフで主に花や絶景を撮影し、写真を活かして当旅行サイトを運営。
旅行系Vチューバーとしても活動予定で、国内情報を解説するため勉強中。