熊本県で格安に宿泊!数千円の人気ホテル・温泉旅館4選

熊本県の宿

黒川温泉、日奈久温泉、人吉温泉など県内随所に有名な温泉地が多い熊本県。

歴史ある古い旅館から、熊本市街のビジネスホテルまで宿泊も楽しいエリアです。

当記事では旅行者ニーズの高い「大浴場付き素泊まり6千円以下の宿」を中心に、熊本県の旅館やビジネスホテルを紹介します。

セシモ コイ

温泉や大浴場を楽しめて、安くありながら質の良いリーズナブルな宿を厳選しました!

A.熊本市街地の宿

01.ホテル熊本テルサ(熊本市)

ホテル熊本テルサ写真 一般的なシングルルームは不便なくプールで泳げるホテル

水前寺公園が近くにあり熊本市電で来訪できる、ビジネスホテル。

明るく光がよく入る朝食会場をはじめとして上質なエントランスから客室まで、一般的なホテルとして不便なく利用できる機能的な宿。

特徴は、宿泊者が無料で利用できるフィットネスクラブ(火曜定休)。25mプールで泳ぐことができて、健康的に過ごすことができます。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,610円/人 6,450円/人 14,330円/人

温泉が無くてもプールで泳いでサッパリして、その後に県庁近くの居酒屋でまったり夕食!そこそこ綺麗なビジネスホテルです。
created by Rinker

八代エリア

02.日奈久温泉 柳屋旅館(八代市)

柳屋旅館写真 浴場へ行く屋外通路に風情がある古めかしさが魅力の旅館

熊本県でも歴史ある温泉地「日奈久温泉」において、リーズナブルに風格ある建物を味わうことのできる旅館。

書院造りと言われる建築様式で通路が広く、それぞれの部屋ごとにデザインが異なる作り。広くてしっかりとした和室でゆったり過ごせます。

内湯のみですが温泉があり、浴場へと向かうときに植物を配した屋根付きの通路を歩くときの心地よさがあります。

参考価格は、素泊まり税込5,500円/人。2人宿泊だと4,000円/人でこの雰囲気を楽しめてリーズナブルです。

施設的に古いところに良さを感じる、静かにゆったりしたい人にピッタリ!朝食には日奈久ちくわが付く和定食も良かったです。
created by Rinker

阿蘇エリア

03.ペンション 星降る里 響(南阿蘇村)

ペンション響写真 広めのベッドと絵付きの壁紙でゆったり寝れる部屋

南阿蘇の高森エリアにペンションが密集する区画があり、このペンションもそのひとつ。

2階に部屋がある2階建てで、1階には漫画などが置かれている小さいスペースがあります。

ペンション自体には一般家庭タイプのお風呂のみ。車で2分程度のところに日帰り入浴施設「阿蘇白水温泉 瑠璃」があります。

参考価格は、素泊まり税込3,500円/人。

ベッドのスペースで占められていてテーブルが無い点は使いにくかったですが、広めのベッドで雰囲気もそこそこ良くてオーナーも優しい方なのが魅力です!
created by Rinker

人吉エリア

04.ブルートレインたらぎ(多良木町)

ブルートレインたらぎ写真 個室タイプの寝台にシーツを敷いて懐かしい匂いの寝泊まり

かつて東京〜熊本間を走っており2009年3月に廃止した寝台特急列車「はやぶさ」。現在は多良木駅前で静態保存をしながら、車内で宿泊することができます。

カーテン付きの開放型4ベッドタイプと、1人で泊まれる個室タイプの2種類。懐かしい硬めのクッションベッドですが、シーツと毛布が付くので寝泊まりには充分。

車両のくずかご、洗面所など経年劣化で使用できない設備もありますが、車両のドアを拡張する形で綺麗なトイレが付いています。

ベッド内では飲食禁止ですが、共用スペースのテーブルで飲食可能。素泊まりですが、徒歩圏内に居酒屋が集う一角があり外出可能です。

さらに、徒歩圏内に日帰り入浴施設「えびすの湯」があり、宿泊者は1回無料チケット付きという嬉しいサービスが魅力。

参考価格は、素泊まり税込3,080円/人。

動かない寝台列車!地元の雰囲気いい居酒屋と入浴施設でまったりしつつ、懐かしい個室寝台で過ごせる至福の時間が良かったです。

まとめ

以上、熊本県全般のおすすめ宿特集でした。

(初回投稿日:2019年3月9日 更新日:2019年4月2日)