島根県の鉄道撮影地4選!JRや私鉄の名所

島根県の鉄道撮影地

島根県では日本海を背景としたJR山陰本線の撮影地がひとつの魅力。私鉄も一畑電車が有名なものです。

そして、人気の観光列車「奥出雲おろち号」が走る山間部の風景もあり、特に紅葉時期は美しい姿を楽しめます。

今回は島根県の鉄道撮影地を紹介していきます。

セシモ コイ

列車よりも景色を重視した撮影地を厳選!撮影場所の地図を付けましたので、来訪時に迷わないよう注意しておくと良いです。マナーを守って撮影を楽しみましょう。

A.JR山陰本線 出雲市駅~益田駅

長い山陰本線の中でも、西出雲駅から西側は非電化区間となり電線の無い海の撮影地が魅力となる区間。

01.三保三隅駅→折居駅(浜田市)

三保三隅駅→折居駅写真 折居海岸の海と砂浜を背景にして日が当たる午前の列車

国道9号沿いにある道の駅「ゆうひパーク三隅」は食事処やお土産屋さんがあるだけでなく、夕陽スポットであるとともに鉄道撮影地として絶景も楽しめるスポット。

道の駅の建物裏が芝生とベンチの展望ポイントとなっており、駐車場完備でゆったり撮影できるのが魅力。海には「折居海岸」の砂浜があります。

奥の緑や手前の列車に光がよく当たる午前から昼にかけて撮影するのがオススメ。透明度の高い海のブルーと、明るい砂浜に線路の石までキレイな色です。

アクセス情報

[住所] 島根県浜田市三隅町折居220-1(地図

B.JR木次線 宍道駅~備後落合駅

木次(きすき)線は、島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅に至るJR西日本の鉄道路線。

02.出雲八代駅←出雲三成駅(奥出雲町)

出雲八代駅←出雲三成駅写真 少し紅葉する森を背景に田んぼ脇を走る奥出雲おろち号

林に挟まれた田園風景の中を列車が走る、のどかな撮影ポイント。県道25号から脇の踏切を渡った先から、南側(出雲三成駅側)を見る形で撮影できます。

田んぼよりも道路のほうが少し高さがあるため、田んぼの囲いは気にならず構図を取れます。午前は右手が明るくなる逆光気味で、夕方は左手が明るく順光寄りになる様子。

アクセス情報

[住所] 島根県仁多郡奥出雲町馬馳馬馳下(地図

03.三井野原駅←油木駅(広島県庄原市)

三井野原駅←油木駅写真 木々に囲まれつつ開けた踏切脇からポケモントレインを撮影

島根県と広島県の県境は「奥出雲おろちループ」付近で、ループや三井野原駅がギリギリ島根県側。県をまたいで少し南下してトンネルの手前に撮影地があります。

ポスターなどでよく使われる木次線の代表的な撮影スポットで、特に紅葉時期の奥出雲おろち号を撮影する方が多いです。

撮影地の路上は駐車NG(短時間でも危険)なため、トンネル南側に広がった路肩の広い休憩スペースを利用するのが妥当な感じがします。

撮影スペースも斜面で狭いため、迷惑にならないよう気を使いながらの撮影となります。

アクセス情報

[住所] 広島県庄原市西城町油木(地図

04.備後落合駅←油木駅(広島県庄原市)

小梨駅←矢越駅写真 木々に囲まれつつ開けた踏切脇からポケモントレインを撮影

木次線の終点となる備後落合駅から近い、ここもまた定番撮影地のひとつとして知名度が高いポイント。渓谷の西城川と高架の線路を走る列車、そして紅葉時期は特にキレイ。

国道314号でトンネル南東側の入口脇に歩道の林道があり、徒歩わずか10秒程度で撮影ポイントとなります。

トンネル脇の駐車スペースは1台程度でオススメせず、トンネル南東側を200メートルほど歩いたところに少しだけふくらんだ直線の路肩が安全ではあります。

アクセス情報

[住所] 広島県庄原市西城町熊野(地図

まとめ

以上、島根県の鉄道撮影地でした。