九州地方の観光列車17路線!レストラン・絶景電車旅

ななつぼし

観光列車に力を入れている九州地方。特に九州南部では、いくつもの観光列車を乗り継げるダイヤが組まれています。

JR九州では観光列車をD&S列車(デザイン&ストーリー列車)と銘打っており、見た目と地域性にこだわった内容です。

今回は九州の観光列車を紹介していきます。

長崎県の観光列車

01.或る列車(JR佐世保線+JR長崎本線)

或る列車写真 彼杵-千綿駅間の路肩から撮影する海沿いの或る列車

佐世保駅からハウステンボスや諫早を経て長崎駅へと往来する観光列車。ゴールドをベースとした車両は、黒の唐草模様デザインが施されたロイヤルな外観が特徴。

1906年に九州鉄道がアメリカに発注した「或る列車」は、九州鉄道の国有化で活躍できず。その幻の豪華客車を復刻し、水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けたもの。

2両編成で、2人席と4人席の車内。1号車は優しい明るさのメープル材に洋風クッションのシートで、2号車は匠の技による組子の木材で仕切られた個室シート。

食事に加えてスイーツが豊富に登場し、器も九州のこだわり。南青山のレストランシェフ成澤由浩氏が手掛け、成澤氏が自ら厳選した九州の素材を使用した料理です。

高級寝台クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に次ぐ、ラグジュアリー空間で食事などを楽しめるD&S列車の位置づけです。

或る列車(JR九州観光列車サイト)
【区間】 佐世保駅-長崎駅 片道81.4km
【時間】 約2時間37分~3時間00分
【料金】 大人1名26,000円~38,000円
【運行日】 通年 土日月を中心に運行 1日1往復

02.長崎市電みなと(長崎市電)

長崎市街地を走る路面電車の中で、2017年4月10日から運行を開始した「みなと」号。

路面電車310号の1両をリニューアルし、高級寝台列車「ななつ星 in 九州」などを手がけた水戸岡鋭治氏によるデザイン。青い光沢のある外観が目を引きます。

内装は明るい木材を使用し、一部の席にテーブルが用意されたロングシート。各シートごとに異なる色のクッションを用いつつ、統一感のある車内です。

より多くの人が乗車できるよう通常の営業車両として運行しているため、予約などは不要。時刻表は不明ですが、公式サイトにて走行位置をリアルタイムで見れます。

長崎市電みなと(長崎電気軌道株式会社サイト)
【区間】 長崎市電の通常運行の走行区間
【時間】 長崎市電の通常運行の所要時間
【料金】 大人 130円
【運行日】 通年 不定期

03.しまてつカフェトレイン(島原鉄道)

しまてつカフェトレイン写真 海の見えるホームの大三東駅に到着するカフェトレイン

島原半島の北東側の海沿いを走る島原鉄道にて、島原エリアでしか楽しめない地元のグルメやスイーツを楽しめるカフェトレイン。

主に土曜日のみ片道1本だけ運行されて、午前便ランチコースか午後便スイーツコースとして車内で地元食材を中心とした色々なグルメを楽しめます。

トレインアテンダントが列車内で島原鉄道沿線の案内をするとともに、広がる有明海を筆頭に島原ののどかな風景を車窓で見ることができます。

見どころのひとつは「日本一海に近い駅」と言われる、大三東(おおみさき)駅。1時間ほど停車し、ホームに降りて幸せの黄色いハンカチなどがあり記念撮影も。

乗車券には島原の観光スポット「島原城」と「湧水庭園 四明荘」への入場特典が付いており、島原散策も兼ねて利用しやすい観光列車です。

しまてつカフェトレイン(島原鉄道サイト)
【区間】 諫早駅-島原駅 片道40.5km
【時間】 約2時間(大三東駅での散策含む)
【料金】 大人 5,000円
【運行日】 通年 土曜 1日片道1本

熊本県の観光列車

私鉄の強い熊本県。ローカル色あるオシャレな観光列車を紹介していきます。(あそぼーいは大分県の欄で紹介しています)

04.A列車で行こう(JR三角線)

A列車で行こう写真 列車イベントで一勝地を走る臨時のA列車で行こう

熊本駅と天草エリアの玄関口の三角(みすみ)駅をむすぶ、観光列車。豪華クルーズトレイン「ななつ星」も手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインした列車です。

列車名はジャズの名曲「Take the ‘A’ Train」から取ったもので、天草(Amakusa)の頭文字などの意味合いがあります。

南蛮文化が伝わった16世紀の天草をモチーフにして、洋館を思わせる車内に華やかなシートクッションで彩られたヨーロッパの雰囲気。

1号車には飲み物などを提供する「A-TRAIN BAR」があり、沿線名産のデコポンを使用したハイボールや地元名産品を買うことができます。

三角港から出ているクルーズ船とセットの乗車券もあります。

A列車で行こう(JR九州観光列車サイト)
【区間】 熊本駅-三角駅 片道36.5km
【時間】 約37分~40分
【料金】 乗車740円+特急指定席1,140円
【運行日】 通年 土日祝+α 1日3往復

05.SL人吉(熊本県 JR鹿児島本線~JR肥薩線)

SL人吉写真 一勝地駅を出発したSL人吉号を一勝寺から俯瞰撮影

1988~2005年に運行していた「SLあそBOY」「SL人吉号」が故障で廃止となったものの、肥薩線開業100周年の2009年に復活した「SL人吉」。

他のSLとは一線を画す、国鉄8620形の蒸気機関車58654。

観光列車のデザインを多く手掛ける水戸岡鋭治氏によるデザインのリニューアル工事が行われており、アンティーク調の高級感溢れる展望ラウンジ、ビュッフェが綺麗。

JR九州 SL人吉
【区間】 熊本駅-人吉駅 片道87.5km
【時間】 約2時間30分
【料金】 乗車1,820円+指定席820円
【運行日】 3~11月の金土日祝など

06.かわせみやませみ(JR鹿児島本線~JR肥薩線)

かわせみやませみ写真 西人吉駅近くの畑を走る観光列車かわせみやませみ

球磨川沿いの肥薩線を走る観光列車。八代から人吉までの区間は車窓で球磨川を眺められ、天気が良い日にはエメラルドグリーンに色づく川を見ることができます。

沿線に澄む野鳥「かわせみ」「やませみ」をモチーフにしており、展望コーナーで野鳥を探せる双眼鏡が置いてあります。

クロスシートや窓向きカウンターシートなどが組み合わさった車内。木材をふんだんに使用し、照明などでラグジュアリー感の出た空間です。

1号車「かわせみ」にサービスカウンターがあり、地元素材のお弁当、スイーツ、そして人吉エリアで歴史のある球磨焼酎などがあります。

かわせみやませみ(JR九州観光列車サイト)
【区間】 熊本駅-人吉駅 片道87.5km
【時間】 約1時間32分~1時間43分
【料金】 乗車1,820円+指定席1,450円
【運行日】 通年 毎日 1日3往復

07.トロッコ列車ゆうすげ号(南阿蘇鉄道)

トロッコ列車ゆうすげ号写真 見晴台駅から見る阿蘇山を背景に走るトロッコ列車

阿蘇五岳の南側にある、白川水源や高森エリアを走る南阿蘇鉄道のトロッコ列車。

窓ガラスの無い開放的な客車から、雄大な阿蘇の風景を眺めることができます。沿線のガイドも行われます。

熊本地震以降、2019年現在もJR肥後大津駅~立野駅~中松駅の区間は運休となっており、中松駅から高森駅までの区間で運行しています。

トロッコ列車(南阿蘇鉄道サイト)
【区間】 高森駅-中松駅 片道7.2km
【時間】 約1時間32分~1時間43分
【料金】 乗車290円+指定550円(往復の乗車券割引あり)
【運行日】 通年 土日祝 1日2~3往復

08.田園シンフォニー(くま川鉄道)

田園シンフォニー写真 人吉温泉駅に停車中の田園シンフォニーを跨線橋から撮影

人吉球磨盆地の美しい田園地帯をゆっくり走る、四季折々の景色を楽しめる観光列車。

季節の名前を冠した5種類のカラーの車両を組み合わせた編成で運行され、音符などが配された高貴なデザインが特徴です。

各駅の停車時間におもてなしがあり、名誉駅長のお迎え、お土産引換、物品販売、展望台休憩、幸福祈願など個性的な駅舎も楽しみのひとつです。

くま川鉄道 田園シンフォニー専用サイト
【区間】 人吉温泉駅→湯前駅 片道24.8km
【時間】 片道約1時間25分
【料金】 大人 全席指定で片道合計2,500円(予約要)
【運行日】 通年 土日祝 1日1便

09.おれんじ食堂(熊本県-鹿児島県 肥薩おれんじ鉄道)

おれんじ食堂写真 米之津港の近くで小さな畑とともに雨のおれんじ食堂を撮影

九州西海岸の不知火海、東シナ海の絶景を眺めながら、旬な食材による食事やデザートを楽しめる観光列車。

沿線のレストランやホテルと協力して作りあげるフルコースを、木材の色合い豊かなレストランをイメージした車内で楽しめます。

1便はブレックファスト、2便はスペシャルランチ、3便はクルージングディナーと、便により飲食の内容が変わります。

肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂専用サイト
【区間】 新八代駅-出水駅-川内駅 片道119.7km
【時間】 片道 1便1時間46分、2便4時間11分、3便3時間44分
【料金】 大人 1便食事込9,500円、2便3便食事込21,000円、乗車のみも有
【運行日】 通年 金土日祝 1日1.5往復

10.いさぶろう・しんぺい(熊本県-鹿児島県 JR鹿児島本線+JR肥薩線)

いさぶろう・しんぺい写真 乗り換え基点の吉松駅で停車中のいさぶろう・しんぺい号

長野県の篠ノ井線や北海道の根室本線とともに「日本三大車窓」と呼ばれる区間を走る、赤い光沢のある外観が魅力の列車。

天気が良ければ、えびの盆地の奥に霧島連山がそびえる光景を楽しめます。また、熊本駅発着の列車については、球磨川沿いの車窓も楽しめます。

落ち着きある木製インテリアに草色のクロスシートの車内。日によっては別の列車も連結されることがあるとか。

大畑駅のループ&スイッチバック、矢岳駅のSL展示、真幸駅のスイッチバックが見所で、数分間の停車時間でホーム散策が可能です。

吉松行きは「いさぶろう」、人吉行きは「しんぺい」と呼ばれ、肥薩線開通に尽力した政治家の名前が付いた列車です。

JR九州 いさぶろうしんぺい専用サイト
【区間】 熊本駅-人吉駅-吉松駅 片道122.5km
【時間】 片道 1時間16分~3時間2分
【料金】 大人 乗車券最大2,480円+特急席1,450円
【運行日】 通年 毎日 1日2往復

大分県の観光列車

湯布院(由布院)や別府などの温泉地へのアクセスをより楽しくする観光列車を中心に紹介。

11.ゆふいんの森(福岡県-大分県 JR鹿児島本線+JR久大本線)

ゆふいんの森写真 紅葉期の杉河内駅近くの川を渡るゆふいんの森

博多駅などから久留米、日田、天ヶ瀬を経由して大分県の温泉リゾート地「湯布院(ゆふいん)」や大分駅へ往来する、森をイメージした緑色の観光列車。

特急「ゆふ」と同じ区間を走行する上位車両として、全席指定席。車内から見る車両連結部分が橋のようなデザインになっているのが独特です。

高さのあるハイデッカータイプの車両は、展望の良さが売り。クラシカルな雰囲気を持つ淡い緑色と木材色を配した車内に、ゆったり座れる作りのシート。

サロンスペースを持ち、こちらも大きい窓から外の景色をワイドに楽しめます。湯布院に到着する直前には、客室乗務員が観光地の紹介をしてくれます。

専用のお弁当がいくつか用意されており、事前予約可能。抹茶アイス、地ビール、ゆずドリンクなども湯布院ならではの地元ブランドで楽しめます。

JR九州 ゆふいんの森
【区間】 博多駅-久留米駅-由布院駅-別府駅 片道189.3km
【時間】 片道 2時間7分~3時間25分
【料金】 大人 乗車券最大3,740円+特急指定席1,940円
【運行日】 通年 毎日 由布院発着1日2往復、別府発着1日1往復

12.あそぼーい!(熊本県-大分県 JR豊肥本線)

キャラクター犬「くろちゃん」をデザインした、黒い外観の観光列車。大分県の別府駅や大分駅から豊後竹田駅を経て、阿蘇駅への豊肥本線を走ります。

先頭車両と末尾車両には全面展望のパノラマ指定席を持ち、緑の景観が美しい阿蘇エリアを筆頭に大分県の山間部の風景を楽しめます。

内装は白を基調として、黒犬「くろちゃん」が随所にデザインされた明るいデザイン。オレンジ色を中心としたカラフルシートや、窓向きソファ席などがあります。

絵本コーナー、子どもが寝転がれる和室、木のボールに埋まって遊べるプールなど、子ども連れに嬉しい内容。幼児が窓側に座れる親子用の転換クロスシートも。

車内販売カウンターとしてビュッフェ「くろカフェ」が3号車にあり、阿蘇のジャージー牛乳を使用したプリンやアイスなどデザートおやつ系が売られています。

JR九州 あそぼーい!
【区間】 阿蘇駅-別府駅 片道110.2km
【時間】 片道 2時間00分~2時間15分
【料金】 大人 乗車券最大2,170円+特急自由席1,250円
【運行日】 通年 金土日を中心に1日1往復

宮崎県の観光列車

海と山の風景を楽しめる観光列車を紹介していきます。

13.海幸山幸(JR日南線)

海幸山幸写真 曽山寺駅近くの加江田川を渡る海幸山幸を撮影

鬼の洗濯板などの名所を有する日南海岸沿い、神話が息づく飫肥の山合いを走る観光列車。

地元の飫肥杉をふんだんに使用した列車で、飫肥杉の玩具などの飾り展示もある内装も特徴。ゆったり配置のソファーシートも魅力。

海幸山幸伝説の手作り紙芝居や記念乗車証プレゼントもあります。

JR九州 海幸山幸専用サイト
【区間】 宮崎駅-南郷駅 片道55.6km
【時間】 片道 1時間34分~1時間40分
【料金】 大人 乗車券最大1,290円+特急席1,030円
【運行日】 通年 土日祝+α 1日1往復

鹿児島県の観光列車

桜島を代表とする鹿児島の景色を楽しめる観光列車を紹介していきます。(おれんじ食堂、いざぶろうしんぺい号は熊本県の欄で紹介しています)

14.はやとの風(JR肥薩線+JR日豊本線)

はやとの風写真 丸池湧水の栗野駅近くを走るはやとの風を撮影

錦江湾と桜島を望む海沿いから霧島連山まで景色を楽しめる観光列車。

木材のぬくもり溢れる客室や展望スペース、車内販売の駅弁やさつま芋発泡酒とプリン。記念撮影パネルのフォトサービスもあります。

明治36年開業時の駅舎が残る嘉例川駅、大隅横川駅で数分間停車のホーム散策が可能。

JR九州 はやとの風専用サイト
【区間】 吉松駅-鹿児島中央駅 片道68.5km
【時間】 片道 1時間27分~1時間45分
【料金】 大人 乗車券最大1,470円+特急席1,030円
【運行日】 通年 毎日 1日2往復

15.指宿のたまて箱(JR指宿枕崎線)

指宿のたまて箱写真 沿線住宅地を走行する指宿のたまて箱と背景の山々

白と黒の外観が特徴で、薩摩半島の竜宮伝説にちなみ乗車時に白い煙が出る演出が人気の列車。

ゆったりカラフルな回転椅子席やソファ席は、チーク材や南九州産の杉材を使用。本棚や展望席もあります。

ご当地のプリンやサイダーの車内販売、記念パネルのフォトサービスもあります。

JR九州 指宿のたまて箱専用サイト
【区間】 鹿児島中央駅-指宿駅 片道45.7km
【時間】 片道 50分~56分
【料金】 大人 乗車券最大1,000円+特急席1,140円
【運行日】 通年 毎日 1日3往復

16.観光レトロ電車かごでん(鹿児島市電)

観光レトロ電車かごでん写真 色付く銀杏の木を背景に加治屋町電停を出発するレトロ電車

鹿児島市電車運行100周年記念として登場した、観光レトロ電車かごでん。

大正時代から昭和30年代まで運行されていた木製電車をイメージした復刻列車で、車内での市民ボランティアによる観光案内もひとつの魅力。

JR九州 観光レトロ電車専用サイト
【区間】 鹿児島中央駅前駅→鹿児島駅前駅→郡元駅→鹿児島中央駅前駅 一周10.7km
【時間】 一周 約1時間10分
【料金】 大人 乗車券340円のみ
【運行日】 通年 土日祝 1日2便

九州横断の観光列車

高級スイートルームで九州全土を巡る観光列車を紹介。

17.ななつ星 in 九州 -SEVEN STARS-(JR九州)

ななつぼし写真 紅葉が色づくスイッチバックの真幸駅に停車中のななつ星

九州7県を周遊して観光できる、スイートルームのベッドを有する高級寝台列車。

非電化区間にも対応したディーゼル機関車に7両の客車がつながり、水戸岡鋭治氏デザインの外観と内装が魅力。

共用スペースはドレスコード要となる大人の空間が広がるラグジュアリーな車内は、特別さを演出する最高の空間です。

JR九州 ななつ星専用サイト
【区間】 季節ごとに変更あり
【時間】 1泊2日コース、3泊4日コース
【料金】 1泊2日15~40万円、3泊4日38~95万円
【運行日】 通年 1泊2日は土~日、3泊4日は火~金

まとめ

JRと私鉄それぞれが魅力ある列車を有する九州の列車。人吉駅や吉松駅で乗り換え接続ができる運行時刻になっており、観光列車を乗り継ぐ旅も楽しめます。

以上、九州の観光列車特集でした。

(初回投稿日:2017年12月8日 更新日:2019年11月20日)