宮城県のお土産:仙台銘菓 萩の月

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

仙台の定番お土産といえば「萩の月」。宮城県の県花がミヤギノハギであることにちなんで命名されたお菓子ですが、類似商品が全国に登場するくらい有名なお菓子でもあります。

菓匠三全というメーカーの商品で、三全という名称の由来は「味、包装、店舗それぞれにこだわる」という意味だそうです。(公式サイトに一部記載あり)

確かに1個ずつ箱入りパッケージで風流なデザインにこだわりを感じるもので、親しい人へのお土産にピッタリ。

卵黄を使用した黄色いスポンジの中にカスタードクリームがたっぷり入っており、いいボリューム感。甘くてふんわりとろける美味しさ、豊かでありながらしつこくないカスタードの味わい。

甘い物が好きな人にはたまらないお菓子です。

記事を書いた人&運営者
運営者顔画像
セシモ コイ(瀬下 恋衣)
趣味の国内旅行ライター

国内旅行が大好き。NIKON一眼レフで主に花や絶景を撮影し、写真を活かして当旅行サイトを運営。
旅行系Vチューバーとしても活動予定で、国内情報を解説するため勉強中。