鳥取県で大浴場付の格安宿7軒!人気ホテルと温泉旅館

鳥取県の宿

県央に倉吉エリアに三朝温泉や関金温泉など温泉地が豊富で、県東の岩美や県西の大山エリアにも宿が多々ある鳥取県。

鳥取砂丘観光で鳥取市のビジネスホテル、境港観光で米子市のビジネスホテルを拠点にするのも手です。

当記事では旅行者ニーズの高い「大浴場付き素泊まり6千円以下の宿」を中心に、鳥取県の旅館やビジネスホテルを紹介します。

セシモ コイ

温泉や大浴場を楽しめて、安くありながら質の良いリーズナブルな宿を厳選しました!

A.鳥取市街地の宿

まずは県東の拠点となる鳥取駅周辺や鳥取砂丘周辺の宿を紹介していきます。

01.ホテルモナーク鳥取(鳥取市)

JR鳥取駅から徒歩5分という好立地で、洋風の外観に明るいエントランスロビーの上質なホテル。鳥取市内は価格帯が高めなホテルが多い中で、ダントツにコスパが良い宿です。

洋室を中心としており、11~20㎡と様々なタイプのあるシングルに加えてツインやダブルの部屋も様々。白を基調としつつ柔らかい照明でくつろげる空間に仕上がっています。

天然温泉となる大浴場は内湯のみですが、湯舟が複数ある広い造り。湯舟近くのガラス越しに木々を配置して、自然光が入るよう考慮された雰囲気の良さが魅力。

部屋が狭いエコノミーシングルが格安で、早割や連泊を活用すると広めのスーペリアシングルも安く利用できます。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,650円/人 7,650円/人 16,940円/人
ホテルモナーク鳥取

B.県東(因幡)地方の宿

02.シーサイドうらどめ(岩美町)

浦富海水浴場のビーチサイドに建ち、すべての客室から海が見えて夏の海水浴に便利な宿。

和室8室のみの小規模ながら建物はそこそこ大きい造りで、水着のまま利用できる海鮮食堂を有しています。和室7.5畳の素泊まりプランがリーズナブル。

大浴場は写真など不足していますが、内湯のみで温泉ではないお風呂のようです。食事付きプランは地元漁港で揚がった海の幸の料理が魅力で、冬場の松葉かに御膳が売り。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
4,400円/人 5,500円/人 8,250円/人
シーサイドうらどめ

C.倉吉市街地の宿

県央の拠点となる倉吉駅前や倉吉中心街近くにある宿を紹介していきます。

03.松風荘旅館(倉吉市)

松風荘旅館写真 和室にベッドの格安和室も抵抗感なく過ごせる空間

倉吉市の中心地にあり、JR倉吉駅から車で8分。朝夕食付きプランがリーズナブルで、大浴場もあり和室でくつろげる宿です。

和室は6畳バストイレ付きから、ファミリータイプの和室12畳やカップル向きの和モダンベッド部屋まであります。

6名用ほどの大浴場は2020年の対策として1時間単位の貸し切りに。夕食と朝食は食事会場となりますが、座敷席とテーブル席があり仕切り対応がなされています。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,800円/人 6,300円/人 7,500円/人

部屋もキレイで間接照明など美しさへのこだわりがあり、食事処もゆったりできる空間。宿主や食事応対も丁寧で、大満足!
松風荘旅館

D.県央(東伯)地方の宿

04.みささガーデンホテル(三朝町)

倉吉エリアにある代表的な温泉地「三朝(みささ)温泉」にて、内湯の温泉を楽しめてリーズナブルな和室のある宿。

全7室の小さな宿で、和室多めで洋室ツイン2室もあり。白を基調とした明るい部屋で、窓から緑豊かな自然が見えます。

天然温泉100%の三朝温泉は内湯のみですが、壁面など湯舟まわりに石を配した清潔感ある空間。平日のすいている時間帯であれば無料貸し切り可で、4人くらいで入れる広さです。

夕食は和洋会席のみ事前予約ですが、それ以外は和食、洋食、軽食の中からその日の気分で選べるサービスも。クチコミ評価もかなり高い宿です。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
4,400円/人 5,500円/人 7,260円/人
みささガーデンホテル

05.せきがね温泉 湯楽里(倉吉市)

倉吉の中心街よりも南に位置する、車で国道313号を利用してアクセスしやすい「関金(せきがね)温泉」。いくつかの宿が集う関金宿にて「湯楽里(ゆらり)」がお値打ち。

いわゆる湯治宿として宿泊者が料理をして連泊する歴史があり、今も共同キッチンがある素泊まりプランのみの宿です。

和室のみ16室の宿で、ベーシックなAタイプで12.5畳という広さ。1人でも宿泊可能な一方で大人数でお得な部屋もあります。連泊で安くなるプランもあり。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
3,960円/人 なし なし
せきがね温泉 湯楽里

E.米子市街地の宿

県西の拠点となる米子駅の付近にある宿を紹介します。

06.ホテル・アルファ-ワン米子(米子市)

JR米子駅から徒歩4分という好立地にあるビジネスホテル。全室に基本的な機能がそろいウォシュレットトイレ付で、大浴場があり朝食も充実しています。

全191室が洋室でシングルが多く、白と黒にブラウンをうまく配したスタイリッシュな空間。大型テレビを壁面や専用台に置くことで、部屋の机を広く使えるような工夫もあります。

大浴場は情報が不足していますが、内湯のみ男女各々用意されています。

食事は館内の海鮮居酒屋にて。ビジネス向けの海鮮丼夕食プランや、充実した山陰の海鮮などを楽しめる夕食御膳も。朝食はバイキングで、品数もそこそこあります。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
4,300円/人 5,100円/人 6,000円/人
ホテル・アルファ-ワン米子

F.県西(伯耆)地方の宿

県西の名峰となる大山エリアなど、県西の宿を紹介します。

07.雪花荘(大山町)

雪花荘写真 少し古めながら広い和室でゆったり過ごせる大山寺近くの宿

伯耆大山の登山拠点にもピッタリで、大山寺から徒歩圏内にある宿。登山とスノーボードが好きな宿主夫婦で、道具類の扱いもしやすい広いエントランスでお出迎え。

館内は少し古めの旅館で、和室のみ18室で広さがあります。1階にある内湯のみの小浴場は、3名用くらいの小さめなものです。

夕食は宿イチオシの鳥取和牛コースかジンギスカンコースを選べる料理で、らっきょうや刺身に天ぷらなど充実した内容。朝食にはノドグロの焼き魚が出てきます。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,500円/人 なし 8,980円/人

雰囲気的には古めかしさは否めないですが、食事は鳥取和牛にらっきょうや天ぷらなど充実。のどぐろが付く朝食もひとつの魅力です。
雪花荘

まとめ

以上、鳥取県全般のおすすめ宿特集でした。