愛媛県で宿泊したい宿4選!上質で安いホテル・温泉旅館

愛媛県の宿

道後温泉を筆頭に、温泉宿が魅力の愛媛県。

松山以外にも東予(今治、新居浜)や南予(宇和島)エリアにも、観光名所と温泉宿があって広域で旅行を楽しめます。

今回は、筆者が利用した宿もまじえて、愛媛県で1万円以下のリーズナブルながら上質なホテルと温泉旅館を紹介していきます。

愛媛県の宿

01.小薮温泉(内子町)

内子町の宿・小薮温泉写真 有形文化財の風格ある和室は居心地がよいもの

筆者が特にオススメするのは、内子の山間にある小薮(おやぶ)温泉。温泉街ではなく1軒だけの温泉旅館として、全7室の和室の造りに風格のある宿です。

夕食は組数限定で囲炉裏を囲むことができるのが魅力で、部屋食でゆったり食事することも可能。リーズナブルな朝食のみプラン、素泊まりプランもあります。

そして、和の雰囲気がただよう館内散策として「欄干付きの回り廊下」も名物。大正期に建てられた木造3階建ての建物は、貴重なものとして有形登録文化財に指定されています。

内湯のみですが、窓の外に緑を配しているので朝の入浴はなかなか心地よい解放感。男湯は檜風呂、女湯は岩風呂で、少人数向けですがゆったりできます。

内子は霧が発生しやすい町で、宿を出発するときに「山に囲まれた田んぼに霧がまとう光景」に出会える場合もあり。田舎の良さを感じさせます。

欠点としては街から遠いところで、それゆえ値段が安め。車でそこそこの距離を走ることに抵抗がなければ、コスパ最高の宿と言えます。

参考価格は、朝食付き税込6,630円/人。日帰り温泉も対応しています。

02.松乃屋(内子町)

内子町の宿・松乃屋写真 貸し切りタイムで独占できる小さな内湯のまったり感は格別

内子座から徒歩すぐの立地にある、徒歩観光での宿泊にもピッタリな旅館。JR内子駅から徒歩10分と近く、駐車場付きで車でもアクセスしやすい宿です。

江戸末期の創業。昔の規格を感じさせる館内エレベーターの狭さや通路の暗さはあれど、エントランスや部屋の和室はそこそこ綺麗で良いです。

地元の旬の食材を用いた料理を楽しめますし、素泊まりでも宿近くのストリート沿いに居酒屋がいくつかあるため夕食には不便しません。

貸し切り時間帯が設けられている内湯が売りのひとつで、ゆったり入浴できる檜囲いのお風呂。上写真とは別にもう1つの風呂は外に緑を配した露天っぽい雰囲気が魅力です。

参考価格は、素泊まり税込6,000円/人。女性の宿主が優しくて、筆者来訪時は内子の雲海などの状況を聞けましたし応対もいいものです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
旅館 松乃屋

03.あけはまシーサイドサンパーク(西予市)

キャンプ、シーカヤック、釣り、スキューバダイビングもできる体験系複合施設の一角にある民宿。宇和海が広がる砂浜の近くにあり、夏場の海水浴も楽しめます。

この宿の売りは夕食で、明浜・宇和海の新鮮な魚を中心とした海御膳が2種類。特に、宇和海のアジなどを漬け込んだタレをご飯にかけて食べる明浜郷土料理「ひゅうが飯」が魅力。

海を眺めることのできる露天風呂や海水風呂のある「はま湯」も付近にあり、別料金ですが宿泊者は割引券が付きます。

宇和島駅からバス2本で約60分と遠いのがネックで、車での来訪が便利。遠いのがネックなぶん安い印象ではあります。

たまたまツイッターで紹介していた方がいて知ったもので、個人的に気になる宿として今度宿泊してみたいと思っています。

参考価格は、素泊まり税込3,150円/人。夕食も2,000~3,000円くらいなので、夕食付きでゆったりするほうが良さそうです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
あけはまシーサイドサンパーク


04.成川渓谷休養センター(鬼北町)

宇和島市の宿・成川渓谷休養センター写真 ロッジタイプの温かみある部屋が綺麗でベッドも広め

宇和島市から四万十方面へ車を走らせて、森深い成川渓谷の中にたたずむロッジ風の宿。

キジ料理や鴨鍋などを楽しめる夕食がひとつの売りで、川魚や山菜を使用した素朴な味わいを特徴としています。朝食はじゃこ天付きの和定食。

併設された高月温泉は、渓谷の石を使った浴槽の内湯。肌がツルツルになる湯だそうで、宿泊者は無料券1枚が付いてきます。

筆者宿泊時は洋室で、部屋は木材の色合いに壁やベッドなど全体的に清潔感があって好印象。靴を脱いでフローリングの床は便利。和室プランもあるみたいですね。

参考価格は、素泊まり税込6,000円/人。ちょっと割高感はありますが、紅葉も楽しめる渓谷の自然を堪能できるいい宿です。

まとめ

取り急ぎ松山以外の宿ばかりになりましたが、筆者が宿泊した宿を中心に4軒紹介してみました。

車での来訪が必須な宿もありますが、総じてリーズナブルで上質。このあたりの価格帯は連泊にも向いていて、温泉付きでゆったりできるのも魅力です。

以上、愛媛県全般のおすすめ宿特集でした。

(初回投稿日:2019年1月11日 更新日:2019年1月14日)