徳島県で宿泊したい宿2選!上質で安いホテル・温泉旅館

徳島県の宿

秘境と呼ばれる祖谷エリアが人気な徳島県。山間のひっそりした宿をはじめとして、温泉宿を楽しむことができます。

祖谷エリアは値段が張る宿が多いですが、探してみるとリーズナブルで雰囲気の良い宿があるものです。

今回は、徳島県で1万円以下のリーズナブルながら上質なホテルと温泉旅館を紹介していきます。

温泉を楽しめて洋室ながら1人で4,100~4,350円という、超絶リーズナブルな宿を厳選しました!

祖谷・阿波池田エリア

01.サンリバー大歩危(三好市)

サンリバー大歩危
写真 上質なベッドと広くて荷物も置きやすい部屋が便利

祖谷エリアの中でも急流の崖が絶景となる大歩危エリア。国道沿いに建っており川沿いの自然豊かな場所にある宿。

明るくてロビーなどが綺麗なエントランスで、当日立ち寄りでも食事処を利用できるレストランを併設しています。

美人の湯と言われる温泉。柱などで囲まれつつも大歩危峡の景色を楽しめる露天風呂があり、大浴場も含めて楽しめます。

参考価格は、素泊まり税込6,480円/人。さらに、閑散期の土曜以外であれば素泊まり税込4,100円/人の訳あり破格プランで楽しめる部屋もあり、祖谷では破格の価格帯です。

大浴場まで若干遠い部屋という訳ありプランにしたら、全然遠くなかったです。広くてワンランク上の洋室に泊まれて大喜び!

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
サンリバー大歩危


02.あわの抄(三好市)

あわの抄
写真 体が温まる湯上り後にゆったりくつろげる和室

阿波池田エリアにある、阿波温泉と冠された温泉宿。かつて「かんぽの宿」として運営されていた建物で、内部通路でつながった新館の部屋もある宿です。

露天風呂は無いですが、ガラス張りに庭園が造られたアルカリ温泉の大浴場があります。

金曜と土曜には阿波踊りの実演が行われることもあるそうで、エントランスにロビーがあって比較的上質な雰囲気です。

参考価格は、朝食付きで1名1室だと洋室で税込4,350円/人。和室であれば税込5,350円/人。和室に定評のある宿です。

昔、かんぽの宿だった時代に泊まったのが懐かしい!洋室はどんよりした雰囲気なので和室おすすめ。朝食のフレンチトーストがメッチャ美味しいです。

まとめ

徳島県にて、まずは筆者が利用した2軒を紹介してみました。

以上、徳島県全般のおすすめ宿特集でした。