大分県で大浴場付の格安宿5軒!人気ホテルと温泉旅館

大分県の宿

全国屈指の温泉地として名高い大分県。別府や由布院といった有名地に加えて、日田や天ヶ瀬といった温泉も風情があります。

大分市も天然温泉のビジネスホテルが多く、県全域でゆったりな宿が魅力です。

当記事では旅行者ニーズの高い「大浴場付き素泊まり6千円以下の宿」を中心に、大分県の旅館やビジネスホテルを紹介します。

セシモ コイ

温泉や大浴場を楽しめて、安くありながら質の良いリーズナブルな宿を厳選しました!

A.県央(大分由布)地方の宿

01.ニューグロリア大分ホテル(大分市)

JR大分駅から徒歩15分で、繁華街のすぐ近くにあるホテル。ビジネスシングルに加えて個室カプセルがダントツの安さで、サウナ付き天然温泉大浴場もキレイな宿。

洋室シングルやツインで、普通の洋室として機能的には不便なし。食事はトースト、卵、サラダ、コーヒーなどのドリンクが付く簡易的なもの。

ちなみに、個室カプセルは素泊まり2,500円/人と安く、簡易テーブルにエアコンもある個室としてシングルルームと同等に使える機能。雰囲気も悪くないです。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
3,800円/人 4,000円/人 なし
ニューグロリア大分ホテル

B.県東(別府国東)地方の宿

02.和モダン湯宿 ゆとりろ別府(大分市)

別府駅からは車で20分、JR亀川駅からは車で5分。江戸時代に湯治場として栄えた別府八湯「亀川温泉」にある宿です。

会席料理コースや露天風呂が売りとなる和の雰囲気たっぷりの宿で、無料焼酎バーのサービスも特徴のひとつ。

洋室10室に和室20室。お値打ちな和室10~12.5畳の部屋は、山の緑が見える窓からの景色も楽しめる雰囲気のいいもの。

源泉かけ流しの温泉は内湯も広く、岩を配した露天風呂の雰囲気も良好。夕食はいくつかプランがあり、おおいた冠地鶏や豊後豚など地元の食材が魅力。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
4,400円/人 6,050円/人 14,300円/人
和モダン湯宿 ゆとりろ別府

C.県北(宇佐中津)地方の宿

03.汽車ポッポ食堂と民宿(中津市)

中津駅や上毛ICから車で7分。大正から昭和の頃に走っていた耶馬渓鉄道の列車や信号が展示されており、汽車内で食事を楽しめる鉄道ファンや思い出作りにピッタリの宿。

洋室17室と和室17室、それぞれ同価格帯で明るい部屋。温泉ではなく内湯のみの大浴場ですが、男女各々ある浴室は適度な大きさの湯舟で24時間利用できます。

夕食はグレードアップの会席料理や通常の民宿料理を基本として、ビジネス客向けの日替わり定食も。朝食は和定食。車両内のソファとテーブルで食事を楽しめます。

ちなみに、汽車内の宿泊は特別プランとして高価格帯となっています。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
なし 4,400円/人 6,600円/人
汽車ポッポ食堂と民宿

D.県西(日田九重)地方の宿

04.日田の宿よろづや(日田市)

日田ICから車で10分。ロビーや和室から眺める三隈川の景色や、日田温泉の露天風呂を楽しめる和の雰囲気たっぷりの温泉旅館。

お城のような和の外観、和傘の風情が美しいロビー。全18室のうち和室14室は10畳の広さですが値段は高めで、一方の洋室はクリーム色が美しく照明もキレイでリーズナブル。

御影石の巨石をくり抜いた石桶の露天風呂があり、大浴場も黒を基調としたスタイリッシュな空間で湯舟も大きめ。日田温泉の加温循環ろ過で楽しむことができます。

夕食プランは2名以上での予約が必要となり、季節の会席プランや豊後牛ステーキなどがあります。朝食は和定食です。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,000円/人 7,150円/人 13,790円/人
日田の宿よろづや

E.県南(竹田佐伯)地方の宿

05.ホテル ますの井(豊後大野市)

JR豊肥線の三重町駅から徒歩3分で、無料駐車場付きで車のアクセスもしやすい宿。大浴場のある小規模のビジネスホテルで、漫画コーナーや予約制ダイニングバーもあります。

洋室23室に和室10室。シングルやツインの洋室は広く確保されている部屋もあり、白を基調としたシンプルなもの。和室もリーズナブルな部屋があります。

大浴場は適度な大きさの湯舟で、見た目的にも問題なさそう。夕食プランは部屋でのお弁当プランです。

参考価格 素泊まり 朝食付き 朝夕食付
5,100円/人 5,700円/人 6,700円/人
ホテル ますの井

まとめ

以上、大分県全般のおすすめ宿特集でした。