富山県の花畑3品種4スポット!見頃と名所を案内

富山県の花特集

砺波のチューリップが有名な富山県ですが、季節それぞれに花の名所がにぎわいます。

全国でも有数の花しょうぶ園となる頼成の森など、規模の大きい花スポットがあるのがひとつの魅力と言えます。

今回は、富山県の花を紹介します。

5月が見頃の花

01.ツツジ、シャクナゲ(4月下旬~5月上旬)

富山県でシャクナゲの名所といえば「護国寺庭園」。

県東で新潟県との県境に位置する、朝日町の「護国寺庭園」はシャクナゲ寺ともよばれる名刹。高台から日本海を見下ろせる庭園として花と海のコラボを楽しめて、住職が20年ほどかけて手掛けた池泉回遊式の園内には地蔵などの石像が多く並ぶのも特徴です。

場所 名称 時期 本数 地図
朝日町 仁王山 護国寺庭園 4月下旬~5月上旬 500本 地図

6月が見頃の花

02.花しょうぶ(6月上旬~6月下旬)

富山県で菖蒲(しょうぶ)の名所は幾つかあります。

代表的なのは砺波市にある北陸最大級の水生植物園「頼成(らんじょう)の森」。600品種70万株という国内でも有数の名所で、木の歩道や散策路もしっかり整備。6月中旬から開催される花しょうぶ祭りではスタンプラリーや各種イベントが盛りだくさん。

また、滑川駅から徒歩15分でアクセスできるのが、滑川市「行田(ぎょうでん)公園」。もとは富山湾に流れこむ早月川を活用した公園で、6月にホタルも出ると言われる綺麗な湿地。木々に囲まれたしょうぶを見ることができ、花しょうぶまつりも数日開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
砺波市 頼成の森 6月上旬~6月下旬 70万株 地図
滑川市 行田公園 6月中旬~6月下旬 4万株 地図

03.あじさい(6月中旬~7月上旬)

富山県のあじさい名所は少ないですが、代表名所として「太閤山ランド」が挙げられます。

射水市にある様々な施設が集まった公園「太閤山ランド」にて、園内の中心部のあじさい通り500mに約70種2万株が咲きます。園内周遊トレインも通行するルートで、日によっては夜のライトアップが開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
射水市 太閤山ランド 6月中旬~7月上旬 2万株 地図

まとめ

以上、富山県を彩る花の名所の紹介でした。