広島県の花畑3品種7スポット!見頃と名所を案内

広島県の花特集

瀬戸内海の海沿いから三次などの山間部まで、花の名所が広く点在する広島県。

ツツジの名所「音戸の瀬戸」やひまわりの名所「世羅高原農場」など、人気の花スポットがにぎわいます。

今回は、広島県の花の名所を紹介します。

4月が見頃の花

01.ツツジ、シャクナゲ(4月中旬~5月下旬)

原爆ドームのツツジ写真 原爆ドームの周囲の植え込みに咲くツツジ

広島県にはツツジの名所が沢山あります。

定番は呉市にある「音戸の瀬戸」で、赤い「音戸大橋」を背景に一面咲くツツジが綺麗な名所です。特に美しい景色が楽しめると言われる「音戸大橋パーキング」など車で来訪する名所で、渋滞するほど人気のスポット。

広島市中区の市街地中心にある「縮景園」は、回遊式の大名庭園。本数は少なめですがツツジの名所にもなっています。

広島市西区の「竜王公園」は有名というわけではなさそうですが、特徴あるXの形をした歩道橋を背景にツツジを撮る構図が魅力。公園の斜面を平戸ツツジが彩る風景もなかなかのものです。

広島市佐伯区の新興住宅地にて、造成された斜面を利用した「こころ紅白つつじ帯」という新名所があります。約1kmにわたりピンクと白のツツジが帯のように斜面を彩り、住宅地とは思えない光景。公園も整備されています。

場所 名称 時期 本数 地図
中区 縮景園 4月中旬~5月上旬 5490本 地図
呉市 音戸の瀬戸 4月下旬~5月上旬 8,300本 地図
広島市 竜王公園 4月下旬~5月上旬 地図
広島市 こころ紅白つつじ帯 4月下旬~5月下旬 10万本 地図

8月が見頃の花

02.ひまわり(7月中旬~8月下旬)

広島県の観光ひまわり畑はいくつかあります。

定番としてはワイナリーや花の名所として有名な世羅町「世羅高原農場」。8月中旬をピークとして110万本のひまわり畑が広がります。

三次市の君田町には転作としてひまわりを植え始めたものが、いまや「君田のひまわり畑」として100万本を誇る名所として観光客が立ち寄るスポットになっています。

場所 名称 時期 本数 地図
三次市 君田のひまわり畑 7月中旬~7月下旬 100万本 地図
世羅町 世羅高原農場 8月上旬~8月下旬 110万本 地図

11月が見頃の花

03.紅葉(11月上旬~11月中旬)

宮島大聖院の紅葉写真 宮島の大聖院へと向かう参拝階段で色づくモミジ

広島県の紅葉は、帝釈峡などの渓谷スポットや佛通寺などの寺社仏閣スポットがいくつかあります。

世界遺産の厳島神社で有名な宮島にはいくつか紅葉の綺麗な場所があり、そのひとつが「紅葉谷公園」。厳島神社からロープウェイ乗り場まで歩く途中にあり、森深い散策ルートにモミジが多くて落ち葉が出始める頃もまた綺麗。

場所 名称 時期 本数 地図
廿日市市 宮島 紅葉谷公園 11月上旬~11月中旬 地図

まとめ

以上、広島県の花の名所紹介でした。