高知県の花畑11品種21スポット!見頃と名所を案内

高知県の花特集

東西に広い高知県では、四万十エリア、高知市エリア、県東エリアそれぞれで魅力ある花の名所が点在しています。

地元の方が栽培し始めたことによる名所が多いのが魅力。四万十市のトンボ自然公園はトンボ保護区として指定されており、花の名所にもなっています。

今回は、高知県の花を紹介します。

4月が見頃の花

01.桜(3月下旬~4月中旬)

高知公園の桜写真 高知公園で花見を楽しむ人たちがワイワイと桜を見る

高知県では県西の「牧野公園」と県東の「鏡野公園」が桜の名所100選に指定されており、他にも「高知公園」の桜などにぎわいを見せます。

高知市の「高知城」では城とともに桜を見るだけでなく、城郭公園となる「高知公園」でレジャーシートを広げて花見を楽しむ光景も馴染む桜の名所。付近のひろめ市場や日曜市などとあわせて、華やかな春の中心街となります。

場所 名称 時期 本数 地図
高知市 高知城・高知公園 3月下旬~4月上旬 地図
佐川町 牧野公園 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 300本 地図
香美市 鏡野公園 [桜100選] 3月下旬~4月中旬 園内に200m 地図
リンク:ウォーカープラス 高知県の桜の名所10か所一覧

5月が見頃の花

02.春バラ(5月中旬~5月下旬)


高知県のバラの名所は本数こそ少ないものの、ストーリー性のある名所があります。

フランスの芸術家モネにちなんだ庭園「モネの庭 マルモッタン」では、園内のバラのアーチが華やか。モネが愛したというクリーム色のバラ「マーメイド」も必見で、時期が合えば池のスイレンも同タイミングで楽しめます。

四万十市の西土佐大宮エリアの「藤の瀬バラ園」は、高知大学の学生が提案して地元住民が育てた約200種類のバラが園内に咲き、土日には地元の方による軽食などの販売もあります。

場所 名称 時期 本数 地図
四万十市 藤の瀬バラ園(大宮郵便局) 5月中旬~5月下旬 300本 地図
北川村 モネの庭 マルモッタン 5月中旬~6月上旬 500本 地図

03.スイレン(5月上旬~9月下旬)

高知県で睡蓮(スイレン)の名所として、花しょうぶとスイレンを楽しめる四万十市「トンボ自然公園」があります。

5~9月という長い期間、特に午前中に水面をスイレンが彩ります。

場所 名称 時期 本数 地図
四万十市 トンボ自然公園 5月上旬~9月下旬 3,000株 地図

6月が見頃の花

04.花しょうぶ(5月下旬~6月上旬)

高知県で花しょうぶ、あやめの名所はいくつかありますが、四万十市で花しょうぶと睡蓮を楽しむことができます。

世界初のトンボ保護区となった四万十市「トンボ自然公園」では、白、薄桃、紫の花しょうぶが20品種ほど咲く名所です。

場所 名称 時期 本数 地図
四万十市 トンボ自然公園 5月下旬~6月上旬 1万株 地図

05.あじさい(5月下旬~6月下旬)

高知県であじさいと言えば、高知市の春野町にある「あじさい街道」が有名。

昭和50年に地元老人会があじさいを植えたのが始まりとされ、あじさい公園や春野町役場を通る用水路沿い約5kmにあじさいが咲く光景を楽しめます。あじさい神社と呼ばれる「六條八幡宮」もあり、夜にライトアップする日もあります。

また、県東の香南市の野市(のいち)にある「のいちあじさい街道」は、1kmほどある砂利道にあじさいが咲いており木の下でしっとりした雰囲気を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
高知市 春野町あじさい街道 6月上旬~6月中旬 1万本 地図
香南市 のいちあじさい街道 5月下旬~6月下旬 19,000株 地図

10月が見頃の花

06.コスモス(9月下旬~10月下旬)

夜須物部線のコスモス写真 夜須駅から北へと伸びる県道51号沿いのコスモス

高知県でコスモスの名所といえば、100万本の規模をほこる「宮の前公園」が有名。

越知町にあり「越知町コスモス園」の名前でも親しまれている「宮の前公園」のコスモス。150万本にまで増えたとの情報もり、コスモスまつりも開催されます。船で川下りを楽しめる「仁淀川和船清流遊び」の発着所でもあります。

場所 名称 時期 本数 地図
越知町 宮の前公園(越知町コスモス園) 9月下旬~10月下旬 100万本 地図

11月が見頃の花

07.紅葉(10月下旬~11月下旬)

中津渓谷の紅葉写真 仁淀ブルーと呼ばれる青く透き通った川の中津渓谷の紅葉

高知県では車で来訪する渓谷の紅葉スポットがいくつかあります。

県央の土佐町「瀬戸川渓谷」では、吉野川の源流となる瀬戸川の渓谷で展望台やテラスカフェなど紅葉をゆったり楽しめるスポット。稲叢ダムやアメガエリの滝など紅葉の映えるポイントもあります。

県西では仁淀ブルーと呼ばれる透き通った川が有名な仁淀川町にて「安居渓谷」と「中津渓谷」の2スポットがあります。どちらも紅葉が色づく崖や岩に透明感ある川が流れており、整備された遊歩道のハイキングを楽しめます。

県東の香美市「別府峡(べふ峡)」は、別府峡温泉にて山並みが色づくスポット。剣山国定公園の物部川が流れる渓谷で、紅葉を楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
津野町 天狗高原 10月下旬 地図
土佐町 瀬戸川渓谷 10月下旬~11月中旬 地図
馬路村 魚梁瀬西川渓谷 11月上旬~11月中旬 地図
仁淀川町 安居渓谷 [紅葉100選] 11月上旬~11月下旬 地図
仁淀川町 中津渓谷 11月中旬~11月下旬 地図
香美市 別府峡(べふ峡) [紅葉100選] 11月中旬~11月下旬 地図
リンク:ウォーカープラス 高知県の紅葉の名所5か所一覧

08.イチョウ(11月中旬~11月下旬)

長者の大イチョウ写真 長者の棚田を背景に色づく巨大な長者の大イチョウ

高知県では1本の大イチョウから市街地のイチョウ並木まで、色々なイチョウを楽しめます。

高知市で「高知城」の西側にある「高知県庁西庁舎前」には、20本ほどのイチョウが並木を作ります。細道の車道を覆う形でイチョウのトンネルが出来上がる、市街地の名所です。

県央の土佐町には「平石の乳イチョウ」という樹齢800年ほどの大イチョウが1本そびえており、四本杉やサザンカの花とともに色づくイチョウを楽しめます。7本の幹に分かれて大小50本ほどの乳根が垂れ下がることが名前の由来。

県西の仁淀川町では渓谷の紅葉時期に「長者の大イチョウ」を併せて楽しめます。段々の棚田が広がる山間部の農村風景を見守るように、樹齢1,200年と言われる高さ約15メートルの巨大なイチョウが1本そびえる姿は圧巻です。

場所 名称 時期 本数 地図
高知市 高知県庁西庁舎前 11月中旬~11月下旬 約20本 地図
土佐町 平石の乳イチョウ 11月下旬 1本 地図
仁淀川町 長者の大イチョウ(長者の棚田) 不明(11月頃) 1本 地図

09.フヨウ(10~11月頃)

佐賀公園駅のフヨウ写真 佐賀公園駅から海を見渡すとピンクに色づくフヨウがキレイ

高知県で芙蓉(ふよう)の花は、インターネット上で探しても名所が見つかりませんでした。

筆者が現地で見かけたものとしては、県西の黒潮町にある「佐賀公園駅」から海を見渡した場所に咲いているフヨウ(たぶん)。咲く時期は不明ですが11月中旬でキレイに咲いており、海を背景に咲く南国の雰囲気たっぷり。「土佐西南大規模公園」に位置するようです。

場所 名称 時期 本数 地図
黒潮町 佐賀公園駅 不明(10~11月頃) 地図

10.さざんか(10~11月頃)

中津渓谷のさざんか写真 仁淀川町の中津渓谷で駐車場近くに少し咲くサザンカ

高知県で山茶花(さざんか)の名所として、有名どころの情報は見受けられませんが県内でいくつか見かけます。

高知市の展望地「五台山公園」に隣接した「高知県立牧野植物園」にサザンカが咲いているという情報があり、3000種類ほどの植物を鑑賞できる植物園にてサザンカの姿も楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
高知市 高知県立牧野植物園 10~11月頃 地図

11.コキア(11月頃)

長者の棚田のコキア写真 長者の棚田でイチョウの見頃時期にカフェのコキアも色づく

高知県でコキアの名所は、インターネット上で探しても見つかりませんでした。

筆者がたまたま見かけたのは「長者の大イチョウ」のある「長者の棚田」のカフェ。駐車場にほんの少しだけコキアが色づいていました。見頃となるイチョウ目当てで来訪したときに、ついでに見てみるといいと思います。

まとめ

以上、高知県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年6月8日 更新日:2019年12月22日)