三重県の花畑10品種15スポット!見頃と名所を案内

三重県の花特集

伊勢志摩の観光地が有名な三重県ですが、花スポットは県北から県央にかけて名所が沢山あります。

特にあじさいは日本最大級の「なばなの里」「かざはやの里」という2大名所が魅力。

伊勢神宮の紅葉や松阪市のバラなど、県内各地で花を観賞できる魅力の県です。

今回は、三重県の花の名所を紹介します。

2月が見頃の花

01.梅(4月下旬~5月上旬)

三重県で梅の名所として「かざはやの里」があります。

障害者施設が管理する「かざはやの里」は、梅が咲き誇る名所。45種類の梅の木が白とピンクを交互に織りなす、美しい梅の広場が魅力です。早咲きと遅咲きの品種により長い期間楽しめますが、2月中旬から3月中旬の梅まつり開催時期がねらい目です。

場所 名称 時期 本数 地図
津市 かざはやの里 2月上旬~3月下旬 500本 地図

4月が見頃の花

02.桜(4月下旬~5月上旬)

三重県で桜の名所100選に選ばれているのは2か所。

津市の「三多気の桜」は、水が張られた水田に満開の桜という美しい風景を楽しめる名スポット。

伊勢市の「宮川堤」も名所です。

場所 名称 時期 本数 地図
津市 三多気の桜 [桜100選] 4月上旬~4月下旬 500本 地図
伊勢市 宮川堤 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 1,000本 地図

03.藤(4月下旬~5月上旬)

三重県で藤棚の名所として「かざはやの里」があります。

津市の「かざはやの里」では、ゴールデンウィーク前後に見頃となる紫色の藤棚が見事です。9種類の藤が咲き誇り、藤まつりが開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
津市 かざはやの里 4月下旬~5月上旬 1,800本 地図

5月が見頃の花

04.春バラ(5月中旬~5月下旬)

三重県のバラの名所として「松阪農業公園ベルファーム」があります。

松阪市「松阪農業公園ベルファーム」では本数こそ少ないですが、60種類のバラが咲くイングリッシュガーデンが魅力。5月中旬から下旬にかけてが見頃ですが、このガーデンでは咲き終わった花を摘むことにより6月末から7月上旬にも再びバラが咲くとのことです。

場所 名称 時期 本数 地図
松阪市 松阪農業公園ベルファーム 5月中旬~5月下旬 500本 地図

6月が見頃の花

05.あじさい(6月上旬~7月上旬)

三重県のあじさいの名所は、その規模が魅力のひとつ。

イルミネーションで定番の「なばなの里」は、約8,000坪の広さを誇る日本最大級のあじさい園。50種類ほどのあじさいが咲き、花しょうぶも同時期に花を付けて「あじさい・花しょうぶまつり」が開催されます。

障害者施設の職員と利用者が管理する「かざはやの里」も、全国屈指75,000本ものあじさいが広い園内に咲く名所です。津クイーン撮影会などのイベントやグルメもあり、足湯まで用意されている名スポットです。

松阪市「松阪農業公園ベルファーム」は規模が小さいものの、白くて玉のように咲くあじさい品種のアナベルが魅力です。

他にも、あじさい寺として寺社仏閣に咲くあじさいの名所も多くあります。

場所 名称 時期 本数 地図
桑名市 なばなの里 6月上旬~7月上旬 70,000本 地図
津市 かざはやの里 6月上旬~6月下旬 75,000本 地図
松阪市 松阪農業公園ベルファーム 6月上旬~6月下旬 地図

06.花しょうぶ(6月上旬~7月上旬)

三重県の花しょうぶの名所はいくつかありますが、そのひとつが「なばなの里」です。

イルミネーションで有名な「なばなの里」で、6月中旬から下旬にかけて見頃を迎える花しょうぶ。広い園内にてあじさいとコラボの撮影も楽しめて、車椅子やベビーカーでも散策しやすい配慮もなされています。

場所 名称 時期 本数 地図
桑名市 なばなの里 6月上旬~7月上旬 8,000株 地図

7月が見頃の花

07.スイレン(6月上旬~10月下旬)

三重県の睡蓮(すいれん)の名所として「松阪農業公園ベルファーム」があります。

松阪市「松阪農業公園ベルファーム」のイングリッシュガーデンにあるグラスハウス内で、スイレンの花を観賞できます。8月頃まで咲く温帯スイレンと、10月末まで楽しめる熱帯スイレンの2種類があり、両方を楽しめる6月中旬頃がオススメとのこと。

場所 名称 時期 本数 地図
松阪市 松阪農業公園ベルファーム 6月上旬~10月下旬 地図

08.ハス(6月下旬~8月中旬)

三重県で蓮(はす)の名所はいくつかあり、津市の「高田本山 専修寺」がひとつの名所。

津市の一身田の散策メインとなる「高田本山 専修寺」にはハス池があり、35種類135株ほどのハスが咲きます。御影堂を背景にしてピンク、黄色、白のハスを撮影できるスポットです。

伊賀市の「慶明寺」はハス寺と呼ばれる名刹。管理が難しいと言われる鉢植えのハスが境内に並ぶのが特徴で、200~300種類ほどと言われるハスを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
津市 高田本山 専修寺 6月下旬~8月中旬 135株 地図
伊賀市 慶明寺 7月上旬~7月下旬 200株 地図

11月が見頃の花

09.紅葉(10月下旬~12月上旬)

伊勢神宮内宮の紅葉写真 伊勢神宮内宮の五十鈴川から見る紅葉の木々

三重県には他県よりは少ないものの、紅葉の名スポットがいくつかあります。

参拝の定番「伊勢神宮内宮」では、境内で色づく紅葉が綺麗。

奈良県に近い内陸の渓谷「赤目渓谷」は、約4kmの渓谷散策を楽しめて赤目五瀑という5つの滝を鑑賞できます。秋には紅葉が色づく渓谷として、心地よいハイキングコースです。

場所 名称 時期 本数 地図
名張市 赤目四十八滝 10月下旬~11月下旬 地図
伊勢市 伊勢神宮内宮神苑 11月下旬~12月上旬 地図

12月が見頃の花

10.メタセコイア(11月下旬~12月中旬)

秋に紅葉するメタセコイアの並木。三重県では観光名所としてのメタセコイア並木は存在しない様子です。

津市にある「三重県立博物館」の入口にメタセコイアが数本並んでおり、12月にオレンジ色へと変化します。これ目的で来訪するほどではないですが、津市に立ち寄るときは見てみるのもいいと思います。

場所 名称 時期 本数 地図
津市 三重県立博物館(MieMu) 11月下旬~12月中旬 数本 地図

まとめ

以上、三重県の花の名所紹介でした。