北海道・道東の花畑9品種14名所!春夏秋冬の見頃

北海道・道東の花特集

知床や釧路など北海道屈指の自然を持つ道東エリアでは、原生花園が多くてユリの花などを見ることができます。

網走エリアではアッケシソウ(サンゴ草)やひまわり畑などがあり、他にも色々な花スポットがあります。

今回は、道東の花を紹介します。

セシモ コイ

旅行日をキーにして見頃の花名所をすべて洗い出せるよう、各スポットの開花時期と地図リンクを記載しました!

まずはココ!代表的な花スポット

道東を代表する花の名所は以下のとおりです。

  1. 網走市「網走湖畔」の水芭蕉(4月下旬~5月上旬)
  2. 湧別町「上湧別チューリップ公園」(5月上旬~6月上旬)
  3. 遠軽町「太陽の丘えんがる公園」芝桜(5月中旬~6月上旬)
  4. 小清水町「小清水原生花園」のユリ(6月中旬~7月中旬)
  5. 網走市「卯原内サンゴ草群生地」(9月上旬~9月中旬)
  6. 釧路市「阿寒湖畔」の紅葉(10月上旬~10月中旬)

これ以外にも魅力の花スポットがたくさんあります。

3月が見頃の花

01.椿(3月頃)

北海道は椿の自生地域ではなく、道東では名所が少ないです。

オホーツク圏の西興部村「道の駅 にしおこっぺ花夢」は「フラワーパーク花夢」とも呼ばれ、四季折々の花を楽しめるスポット。道の駅の館内で椿を見ることができるそうですが、開花時期や本数など情報は不明です。

場所 名称 時期 本数 地図
西興部村 道の駅 にしおこっぺ花夢 不明(3月など) 地図


4月が見頃の花

02.ミズバショウ(4月上旬~5月上旬)

道東で水芭蕉(みずばしょう)の名所はいくつかあり、日本最大級の規模「網走湖畔」が有名です。

幕別町「十勝ヒルズ」は広大な畑に草花や樹木がたくさんある観光農園。園内の池にミズバショウが咲くという情報があります。北海道内でも早い時期に見頃となるようです。

斜里町「知床五湖」では、フィールドハウスから湖へ向かう随所にミズバショウが咲きます。高架木道の下の湿地帯、一湖へ向かう地上歩道脇、二湖への分岐点、二湖湖畔に咲くという情報あり。ヒグマ出没季節はガイドツアーでしか入れないエリアがあるので下調べ要です。

網走エリアでは「網走湖畔」は、日本最大級と言われる52ヘクタールの水芭蕉群生地として有名。湖の北側では網走市「呼人探鳥遊歩道」が定番のミズバショウ群生地で総延長7kmの歩道があり、南側では大空町「女満別湿生植物群落」が定番スポットです。

十勝エリアで日高山脈の麓にあるの芽室町「伏美湿原」は、農家の庭先の奥に自然の残るミズバショウ群生地があります。開花時期の昼間のみ開放されて、木の遊歩道からミズバショウを鑑賞できます。

場所 名称 時期 本数 地図
幕別町 十勝ヒルズ(ガーデンパーク日新の丘) 4月上旬~4月下旬 地図
斜里町 知床五湖(高架木道~二湖) 4月下旬~5月上旬 地図
網走市 網走湖畔 呼人探鳥遊歩道 4月下旬~5月上旬 52ヘクタール 地図
大空町 網走湖畔 女満別湿生植物群落 4月下旬~5月上旬 52ヘクタール 地図
芽室町 伏美湿原 4月下旬~5月上旬 1.5ヘクタール 地図

5月が見頃の花

03.チューリップ(5月上旬~6月上旬)

道東でチューリップの名所は「かみゆうべつチューリップ公園」が代表的です。

湧別町「かみゆうべつチューリップ公園」は、山を背景にしたオランダ風車のある公園。広々としたチューリップ畑が色ごとにラインを描き、約200品種のチューリップを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
湧別町 かみゆうべつチューリップ公園 5月上旬~6月上旬 7万㎡ 地図

04.桜(5月中旬~5月下旬)

道東は桜スポットの知名度は低めで桜の名所100選も該当無しですが、ゴールデンウィークに桜が見頃となる名所が多いのに加えて日本一遅い桜まつり「別保公園」があります。

釧路町「別保公園」は国道44号沿いにあり、エゾヤマザクラやクシロヤエザクラなど700本ほどの桜が咲きます。見頃時期には「日本一遅い桜まつり」が開催されます。花咲線の列車と桜という構図での撮影もできます。

場所 名称 時期 本数 地図
釧路町 別保公園 5月中旬~5月下旬 700本 地図
リンク:ウォーカープラス 北海道の桜の名所35か所一覧

6月が見頃の花

05.芝桜(5月中旬~6月上旬)

道東の芝桜といえば「太陽の丘えんがる公園」などがあります。

遠軽町「太陽の丘えんがる公園」はジンギスカンも楽しめる芝生広場のある公園で、園内の丘を芝桜が一面染める広大さが魅力。丘の端にはチューリップも咲き、丘の遊歩道で芝桜に囲まれた散策を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
遠軽町 太陽の丘えんがる公園 5月中旬~6月上旬 地図

7月が見頃の花

06.ユリ(6月中旬~8月下旬)

小清水原生花園のユリ写真 小清水原生花園の砂浜沿いに咲くエゾスカシユリやエゾキスゲ

北海道はユリの名所が多く、道東でユリの名所といえば「小清水原生花園」などがあります。

小清水町「小清水原生花園」はオホーツク海に面した砂浜に自生する草花があり、エゾスカシユリやエゾキスゲという品種のユリを見ることができます。自生のため密集はしていないですが、黄色やオレンジのユリが砂浜エリアに咲く自然豊かな名所です。

小清水町にはユリの花を整備した「ゆりの郷こしみずリリーパーク」もあり、北海道で一番と言われる110品種700万輪のユリが咲きます。カサブランカなどの品種があり、7月中旬から9月上旬までの開園期間に順次色々なユリが咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
小清水町 小清水原生花園 6月中旬~7月中旬 地図
小清水町 ゆりの郷こしみずリリーパーク 7月下旬~8月下旬 700万輪 地図

07.春バラ(7月頃)

春と秋に咲くバラ。道東では「十勝千年の森ローズ・ガーデン」でバラを見ることができます。

清水町「十勝千年の森ローズ・ガーデン」は人と自然の融合をテーマとした公園で、チーズ作りや乗馬体験などを楽しめます。ファームガーデン内にローズガーデンがあり、1,200本のバラが栽培されています。

場所 名称 時期 本数 地図
清水町 十勝千年の森ローズ・ガーデン 7月頃 1,200本 地図

9月が見頃の花

08.アッケシソウ、サンゴ草(9月上旬~9月中旬)

道東で話題となる花といえば、全国的にも珍しいアッケシソウ(サンゴ草)の名所「卯原内サンゴ草群生地」です。

網走市にある「能取湖」の南岸にある観光地「卯原内サンゴ草群生地」は、日本一大きなアッケシソウ群生地として有名。湖岸を真っ赤に染めるサンゴ草を、木で作られた歩道から間近に見ることができます。一時期は絶滅しかけましたが、現在は復活してにぎわう名所です。

場所 名称 時期 本数 地図
網走市 能取湖 卯原内サンゴ草群生地 9月上旬~9月中旬 地図

10月が見頃の花

09.紅葉(10月上旬~10月中旬)

道東で紅葉の名所はいくつかあり、紅葉の名所100選となっている「阿寒」が定番です。

釧路市ながら弟子屈町からもアクセスしやすい「阿寒湖畔」では、温泉旅館のある湖畔から湖と紅葉を見渡すことができてカヌーや遊覧船で見るのも人気。また、車で付近にある「滝見橋」も渓谷の川と紅葉を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
釧路市 阿寒(阿寒湖畔~滝見橋)[紅葉100選] 10月上旬~10月中旬 地図
リンク:ウォーカープラス 北海道の紅葉の名所43か所一覧

まとめ

道東は知床五湖や釧路湿原など生態系の豊かな自然スポットがあり、花の見頃時期を狙うとさらに見どころが増えていきます。

以上、道東を彩る花の名所の紹介でした。