京都府の花畑19品種57名所!春夏秋冬の見頃

京都府の花特集

京都府の花の名所といえば、どこを思い浮かぶでしょうか?

京都市を中心に観光の神社仏閣の多い京都府。その中でも花を名物としたお寺も多々存在し、花を基点にお寺めぐりをするのも楽しいものです。

今回は、京都府の花の名所を紹介します。

1月が見頃の花

01.水仙(12月下旬~4月下旬)

京都府には水仙(すいせん)が有名な寺社仏閣は少ないですが、京都市「恵心院」や丹後エリア「宝泉寺」などに加えて植物園などに名所があります。

京丹後市「宝泉寺」は、境内の平面だけでなく斜面にも白い水仙が咲きほこる臨済宗のお寺。無料で門が解放されており早朝来訪も可能で、京都府では一番早い1月が見頃です。

京都市で花の寺として四季いつでも花を楽しめる「恵心院」では、参道から境内にかけて広く白い水仙が咲くとともに蝋梅やミツマタなどの花も楽しめます。1月下旬に五分咲きくらいで2月上旬から3月下旬あたりまで見頃となるようです。

京都府の北で日本海に面する京丹後市「丹後松島」では、海沿いを中心に黄色い水仙などを4月に見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
京丹後市 宝泉寺 12月下旬~2月上旬 地図
京都市 恵心院 不明(1月下旬~3月) 地図
京丹後市 丹後松島展望所 3月下旬~4月下旬 地図

2月が見頃の花

02.冬ボタン(1月下旬~2月)

一般的には春の花となる牡丹(ぼたん)ですが、温室などの促成栽培で早く咲かせる冬牡丹と二季咲きで冬にも花を咲かせる寒牡丹の名所が全国に少なからず存在します。

京都府では京都市「六角堂」の境内で、冬牡丹の鉢植えが並ぶ光景を見ることができます。白やピンクの牡丹が本堂を彩り、ブログやSNSを見るかぎり2018年から始まったもののようです。

また、京都市街地の北部にある「京都府立植物園」で、3日間限定で「冬のボタン展」が開催されたという情報もありますが毎年開催かどうかは不明です。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 六角堂(紫雲山頂法寺) 不明(1月下旬~2月) 地図

3月が見頃の花

03.梅(2月中旬~3月中旬)

京都府で梅の名所としては、全国にある天満宮の総本社「北野天満宮」と枝垂れ梅の名所「城南宮」が有名です。

京都市「北野天満宮」では、約50種類の梅が白やピンクの花を咲かせます。菅原道真公を祀る学業成就の神社として参拝者の多い入試時期と重なるため大きくにぎわい、夜にはライトアップも行われます。

京都市には他にも四季折々の花が咲く「梅宮大社」、場内の梅林が彩りを見せる「二条城」、伏見区で源氏物語にまつわる草木が植栽された庭園「城南宮」も見どころ。特に「城南宮」では、紅白それぞれのしだれ梅と苔の地面の落ち椿が名物です。

府内で梅の生産量が1位の城陽市では「青谷(あおだに)梅林」という、約20ヘクタールに1万本ほどの梅が栽培されている農家の名所。城州白という独自の品種もあり、梅まつりも開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 梅宮大社 2月中旬~3月中旬 地図
京都市 城南宮 2月下旬~3月上旬 地図
京都市 北野天満宮 2月下旬~3月中旬 1,500本 地図
京都市 二条城 2月下旬~3月中旬 地図
城陽市 青谷梅林 2月下旬~3月中旬 1万本 地図
長岡京市 長岡天満宮 2月下旬~3月中旬 地図

04.椿(1月下旬~5月上旬)

京都府では椿(つばき)の名所がとりわけ多く、全国屈指の椿スポットがあります。

京都市で早い時期から椿を楽しめるスポットのひとつ「京都御苑」では、藪椿(やぶつばき)を随所で見ることができます。10月中旬から開花する山茶花(さざんか)と似ており、1月末あたりは椿と混在しますが赤い花を長く楽しめるのが魅力です。

京都市「竜安寺」では、加藤清正が朝鮮から持ち帰り豊臣秀吉に献上したと言われる「侘助(わびすけ)椿」が方丈東庭にあります。加藤清正一行の侘助の名前を取って名付けられ、桃山時代の老木として古都の歴史を感じられます。

舞鶴市であじさいの名所でもある「舞鶴自然文化園」は、5ヘクタールの敷地に1,500種類をほこる椿が3万本も植えられている全国トップクラスの規模。

与謝野町「滝の千年ツバキ公園」では、日本最古の黒椿として府の天然記念物に指定されている樹齢1,200年の椿の巨木があります。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 京都御苑(京都御所) 1月下旬~5月上旬 地図
京都市 竜安寺 侘助椿 3月上旬~4月上旬 地図
舞鶴市 舞鶴自然文化園 3月下旬~4月中旬 3万本 地図
与謝野町 滝の千年ツバキ公園 3月下旬~4月下旬 50本 地図
リンク:個人サイト 京都府の椿の名所25箇所

05.早桜、河津桜(3月上旬~3月下旬)

静岡県の伊豆で有名な河津桜ですが、京都でも河津桜を楽しめるスポットがあります。一般的なソメイヨシノなどの見頃が4月なのに対し、河津桜は早桜として3月が見頃。

京都市「淀水路」は、近年話題となって観光客が増えている桜スポット。水路となる川沿いに地元の方が植樹した200本ほどの河津桜が咲き、2月下旬から咲き始めて3月中旬あたりが見頃。県内でも一番早くて規模の大きい河津桜スポットと言われます。

他にも「一条戻橋」「三条大橋」「井手町」「長徳寺のオカメ桜」など、河津桜や早桜品種の桜を京都市内で見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 淀水路 3月上旬~3月下旬 200本 地図
リンク:LINEトラベル 京都府の早桜の名所5箇所

4月が見頃の花

06.桜(3月下旬~5月上旬)

蹴上インクラインの桜写真 蹴上インクライン疎水公園の線路を覆う桜と散策者

京都府で桜の名所はとても多く、京都市の寺社仏閣をはじめとして宇治市「宇治橋」などの名所がたくさん。桜の名所100選は5箇所もあります。

京都市には山科エリアの「醍醐寺」、西部で竹林が有名な「嵐山」、御室桜が見どころとなる「仁和寺」が桜の名所100選。他にも祇園の「円山公園の枝垂桜と夜桜」「高台寺の枝垂桜」を見ながら散策するルートも定番。

京都市からも近い宇治市には「宇治橋」付近の川沿いに桜並木があります。「平等院鳳凰堂」などの観光とともい来訪したい、広い川を桜が彩る素晴らしい景色です。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 醍醐寺 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 800本 地図
京都市 嵐山 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 地図
宇治市 宇治橋 3月下旬~4月上旬 2,000本 地図
笠置町 笠置山自然公園 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 地図
京都市 仁和寺(御室桜)[桜100選] 4月上旬~4月中旬 地図
リンク:ウォーカープラス 京都府の桜の名所53か所一覧

07.菜の花(4月上旬~5月上旬)

京都府では京都市付近にて菜の花の名所があり、4月が一番の見頃となります。

京都市の対岸となる大山崎町の「淀川河川敷」には、100万本をほこる菜の花畑があります。「淀川河川公園」の「大山崎地区」で、川沿いの菜の花を楽しむことができます。

京都市で自然豊かな大原エリア「大原の里」にて、大原バス停から寂光院方面や三千院方面へ向かう道沿いに菜の花が一面広がります。かつては菜種油の搾取、現在は菜の花漬として栽培されているもの。4月上旬あたりには桜もあわせて見頃となります。

場所 名称 時期 本数 地図
大山崎町 淀川河川公園 大山崎地区 4月上旬~4月下旬 100万本 地図
京都市 大原の里 菜の花畑 4月上旬~5月上旬 地図

5月が見頃の花

08.ツツジ(5月上旬)

蹴上浄水場のツツジ写真 5月GWに限定開放される蹴上浄水場に咲くツツジ

京都市街でツツジの名所として有名なのが、ゴールデンウィークの数日限定で一般公開される「蹴上浄水場」。公開日には敷地内散策もできて、ツツジが咲き誇る坂道の道路沿いに観光客が沢山あります。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 蹴上浄水場 5月上旬 数日限定 4,600本 地図

6月が見頃の花

09.あじさい(6月上旬~7月上旬)

三室戸寺のあじさい写真 山門の脇に広がるあじさい園が美しい三室戸寺

京都であじさいの名所はいくつかありますが、代表的な名刹として「三室戸寺」と「観音寺」があります。

京都市から近い宇治市の「三室戸寺(みむろどじ)」は、あじさい寺として有名。あじさい園に散策路があり、和風の茶屋で飲み物などを楽しめます。

京都市から少し離れた福知山市にある「観音寺」も、あじさい寺と呼ばれています。山門を彩るあじさいを左右に見ながら散策できます。

場所 名称 時期 本数 地図
宇治市 三室戸寺 6月上旬~7月上旬 1万株 地図
福知山市 観音寺(觀音寺) 6月上旬~7月上旬 1万株 地図
リンク:じゃらん あじさい名所10か所

7月が見頃の花

10.ききょう(6月上旬~9月中旬)

廬山寺のききょう写真 ききょう寺として有名な廬山寺で光が差す庭園の桔梗

桔梗(ききょう)は自生ではなくお寺の境内や庭に植えるケースが多いため、全国的にも観光系の寺社仏閣が多い京都に名所が集中しています。

京都市内でききょう寺の俗称を持つ「廬山寺(ろざんじ)」が特に有名で、枯山水の庭にききょうが沢山咲く光景を縁側から眺めるという風情ある名所です。

京都市では東福寺エリアで庭自体を時期限定公開する「天得院」も名所ですし、広い参道の脇をききょうで彩る「智積院」ではハスも同時期に楽しめます。

京都府全体で一番有名なのは亀岡市にある「谷性寺(こくしょうじ)」で、5万本という圧倒的な多さは静岡県の香勝寺と肩を並べる西日本随一の名スポットです。

ちなみに、ききょうは8月頃の真夏には枯れる花。切り戻しをせず6月のみ咲かせるお寺と9月の二番花も楽しめるお寺に分かれます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 廬山寺 6月中旬~7月中旬 1,000本 地図
京都市 天得院(東福寺塔頭) 6月下旬~7月上旬 1,500本 地図
京都市 智積院 6月中旬~9月上旬 1,000本 地図
京都市 晴明神社 6月上旬~9月中旬 2,000本 地図
亀岡市 谷性寺 ききょうの里 6月下旬~7月下旬 50,000本 地図

11.ハス(6月中旬~8月上旬)

東寺のハス写真 五重塔が目立つ東寺の蓮池に咲き誇るハスの群生

蓮(はす)の花は、仏の智慧や慈悲の象徴として仏教と関係性の深いもの。そのため、神社仏閣の多い京都にはハスを楽しめるお寺が沢山あります。

高さ57mの五重塔を背景に、ハス池を撮影できる「東寺」が名スポットのひとつ。拝観料不要で見れて、早朝から楽しめるのでオススメです。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 東寺 7月中頃~8月上旬 地図
リンク:京都に乾杯 ハス名所21か所

12.スイレン(5月上旬~9月中旬)

勧修寺のスイレン写真 勧修寺の蓮池にスイレンの花が沢山咲き誇る光景

ハスと似た花ですが、水面近くに花を咲かせるのが特徴の睡蓮(すいれん)。

山科エリアにある「勧修寺(かじゅうじ)」が名所のひとつ。氷池園と呼ばれる氷室の池にスイレンが沢山の花を咲かせて、ハスとのコラボも楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 勧修寺 5月中旬~8月中旬 地図
リンク:京都に乾杯 スイレン名所9か所

8月が見頃の花

13.サルスベリ(7月上旬~9月下旬)

京都御所のサルスベリ写真 京都御所の寺町御門に咲くサルスベリの赤い花

花の少ない真夏の時期に楽しめる、ピンクの花を咲かせる百日紅(さるすべり)。猿も滑って登れないほどツルツルの幹を持つ木に花が沢山付きます。

定番は「京都御所」内にある「拾翠亭」付近で、池の周囲にピンクの花が彩る日本庭園らしさのある風景。東側の寺町御門の木も美しいです。

サルスベリは神社仏閣の名所もいくつかありますが、出雲路橋や大和大路通など街並みにも植えられています。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 京都御所 7月下旬~9月中旬 地図
京都市 永観堂(禅林寺) 7月下旬~9月下旬 地図
京都市 寂光院 7月上旬~8月中旬 地図
京都市 高台寺 7月上旬~9月上旬 地図
京都市 天寧寺 7月上旬~9月上旬 地図
リンク:花の名所一覧表 サルスベリ名所9か所

9月が見頃の花

14.彼岸花(9月中旬~10月上旬)

東本願寺近くの彼岸花写真 東本願寺の東門を背景に道路沿いに咲く彼岸花を撮影

田んぼや川沿いに咲く彼岸花(ひがんばな)は、都市部ではなく大原や亀岡など自然豊かな地が名スポットとして有名。

三千院や寂光院などの寺社散策とあわせて楽しめる大原エリアでは、高野川沿いの川べりなどで群生を見ることができます。

また、関西随一の彼岸花の群生を楽しめる、亀岡市曾我部町「彼岸花の里」も魅力。穴太寺付近など里山らしさのある風景を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 大原、三千院、寂光院 9月下旬~10月上旬 地図
亀岡市 彼岸花の里 9月中旬~9月下旬 地図

15.芙蓉(8月上旬~10月下旬)

法住寺の芙蓉写真 三十三間堂の南大門から朱塗りの門に向けて芙蓉を撮影

白やピンクの花があざやかな、芙蓉(ふよう)。沢山のつぼみの中から咲いた一部の花が夕方にしぼんでしまう一日花で、午前中のほうが綺麗です。

約8,000体のだるまが飾られた「法輪寺」をはじめとして、いくつかのお寺で芙蓉の花を楽しむことができます。

また、午前は白で午後になるとピンクに色づく姿をお酒に例えた酔芙蓉(すいふよう)の名所「大乗寺」は、廃寺を救った花として静かに楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 妙蓮寺 8月下旬~10月下旬 地図
京都市 法輪寺(達磨寺) 8月下旬~9月中旬 地図
京都市 法華宗 大乗寺 9月中旬~10月中旬 1,500本 地図
京都市 天龍寺 8月上旬~9月下旬 地図
京都市 等持院 8月下旬~9月中旬 地図
リンク:ざ・京都 芙蓉の名所4か所

16.ハギ(8月下旬~10月上旬)

梨木神社のハギ写真 静かな鳥居近くに咲く梨木神社の参道のハギ

秋の七草のひとつ、萩(はぎ)。京都には萩の名所が沢山あり、調べてみると萩を楽しめるお寺が10か所以上あって場所選びに悩むほどです。

萩の寺と呼ばれるのが、出町柳駅近くの「常林寺」。勝海舟が宿坊として利用したともいわれるお寺にて、薄紫色や白色の萩が境内を埋め尽くします。

京都御所の近くで萩と芙蓉の花を楽しめる、萩の宮とも呼ばれる「梨木(なしのき)神社」はひっそりとした地元向けの神社です。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 常林寺 9月中旬~9月下旬 地図
京都市 梨木神社 9月中旬~10月上旬 地図
京都市 上賀茂神社 8月下旬~9月上旬 地図
京都市 迎称寺 9月下旬~10月上旬 地図
京都市 平安神宮 9月上旬~10月上旬 地図
京都市 真如堂(真正極楽寺) 9月上旬~10月上旬 地図
リンク:京都トラベル 萩の名所15か所

10月が見頃の花

17.コスモス(9月中旬~10月上旬)

亀岡夢コスモス園のコスモス写真 亀岡夢コスモス園で山並みに囲まれた白いコスモス

京都府には全国屈指で関西随一の800万本をほこる「亀岡夢コスモス園」が有名。

亀岡市で亀岡駅から周遊バスなどで行ける「夢コスモス園」は、亀岡インター近くの広大な敷地を活用した有料のコスモス園。色々なキャラの案山子(かかし)や、花のトンネルなど見どころも色々。ピンク、黄色、白色などのコスモスが一面に広がります。

京都市にもコスモスの名所はありますが、出町柳駅から京阪バスに乗り「静原上の町」バス停で降りる必要があります。鑑賞は無料で「静原小学校」を中心にコスモスが点在し、コスモスフェアも開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 静原コスモス畑 10月上旬~10月下旬 20万本 地図
亀岡市 夢コスモス園 10月上旬~11月上旬 800万本 地図

11月が見頃の花

18.紅葉(11月上旬~12月上旬)

勧修寺の紅葉写真 勧修寺にて静かな境内の細道を彩る紅葉のグラデーション

京都府には紅葉の名所がたくさんあり、紅葉の名所100選としては「保津峡」「大原 三千院」「嵐山」の3箇所があります。他にも有名どころの寺社仏閣で紅葉を楽しむことができ、祇園エリアを筆頭にライトアップで夜も鑑賞できるスポットが多いです。

京都市で嵐山から北にあるバスで行ける「高雄」エリアの「神護寺」は、市内でも早い時期から紅葉が色づくスポット。本堂などの建物や塔に紅葉が色を添える風景が魅力。

京都市でバスなどで来訪できる「大原」エリアでは、特に天台宗の寺院「三千院」の紅葉が名物。有清園と聚碧園それぞれの庭園にて、建物内や周囲から見る紅葉の風情を楽しめます。

京都市「嵐山」では「渡月橋」付近の紅葉が有名で、周囲にある「天龍寺」などの寺社仏閣でも紅葉がありライトアップも。さらに亀岡市「保津峡」まで走るトロッコの車窓で渓谷の紅葉を楽しめて、川下りで戻ってくることもできます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 高雄 神護寺 11月上旬~11月下旬 地図
京都市 大原 三千院 11月中旬~11月下旬 地図
亀岡市 保津峡(トロッコ~保津川下り) 11月中旬~12月上旬 地図
京都市 嵐山 渡月橋 11月下旬~12月上旬 地図
リンク:ウォーカープラス 京都府の紅葉の名所77か所一覧

12月が見頃の花

19.さざんか(11月中旬~2月下旬)

京都府で山茶花(さざんか)の名所はいくつかあります。

長期間楽しめるスポットとしては、京都市で立命館衣笠キャンパスの隣にある「等持院」にてピンクで花びらの広がるさざんかを境内で見ることができます。足利尊氏によって創建されたお寺にて、四季折々の花を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
京都市 等持院 11月中旬~2月下旬 地図

まとめ

観光系の神社仏閣が多い京都では、寺社の中で綺麗に手入れされた花を楽しむことができます。
枯山水庭園を利用したききょうの花、五重塔とハス、参道のハギや芙蓉の花など、古都の風景をバックに花の美しさが引き立ちます。

以上、京都府の花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2018年10月8日 更新日:2020年1月25日)