山口県の花畑2品種6スポット!見頃と名所を案内

山口県の花特集

県北の萩と長門、県南の下関や徳山など観光名所の多い山口県。県内各地に四季折々の花スポットがあります。

ハスの花が名所のお寺など、古刹に咲く花がひとつの名物。宇部市の「ときわ公園」など広い散策を楽しめるスポットでも花を楽しめます。

今回は、山口県の花を紹介します。
(まずは夏の花を記載し、追って他の花を追記します)

6月が見頃の花

01.花しょうぶ(6月上旬~6月中旬)

山口県の花しょうぶの名所として「周南緑地西緑地公園」があります。

周南市の徳山駅から徒歩圏内にある「周南緑地西緑地公園」では、万葉の森やハス池などがある公園。初夏に花しょうぶを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
周南市 周南緑地西緑地公園 6月上旬~6月中旬 20,000株 地図
リンク:山口ちゃんねる 花しょうぶ名所6か所

7月が見頃の花

02.ハス(6月下旬~8月下旬)

山口県では蓮(はす)の名所が多く、7月下旬が見頃となります。

奈古駅から徒歩で行ける浄土宗のお寺「法積寺」は、ハス寺として県内でも知名度が高めな萩長門エリアの名刹。本堂は正面御拝口が無く男女別に左右の入口がある珍しい造りで、本堂を背景にハスの花を撮影できます。

長門市仙崎から車で行ける青海島にある浄土宗のお寺「西圓寺」は、県内唯一の青蓮(アオバス)が咲きます。青いつぼみから花開くと白色に変わるハスで、花びらが多いのが特徴。

古くは源氏の繁栄を願って建立された山口市「源久寺」では、境内の周囲にハスが咲きます。お堂の近くではないため、田舎道に咲くハスとして楽しむことができます。

他にも周南市の徳山にある「周南緑地西緑地公園」の大賀ハスや、下関市の長府にある回遊式日本庭園「長府庭園」の孫文蓮など名所が盛りだくさん。

場所 名称 時期 本数 地図
阿武町 法積寺 6月下旬~8月下旬 地図
長門市 西圓寺 6月下旬~8月上旬 地図
山口市 源久寺 7月上旬~8月中旬 地図
周南市 周南緑地西緑地公園 7月中旬~8月上旬 2,000株 地図
下関市 長府庭園 7月中旬~8月上旬 150株 地図

まとめ

以上、山口県を彩る花の名所の紹介でした。