青森県の花畑10品種14スポット!見頃と名所を案内

埼玉県の花特集

青森県は花の名所としての知名度はあまり高くないイメージですが、探してみると名スポットが色々とあります。

全国的に有名な「弘前公園の桜」を筆頭に、横浜町の菜の花などの広大な花畑などを楽しむことができます。

今回は、青森県の花を紹介します。

3月が見頃の花

01.福寿草(3月上旬~3月下旬)

大間越関所跡の福寿草写真 大間越関所跡で枯れ葉の土から顔を出す福寿草の群生

雪解けの初春を感じさせる、福寿草。地味ながら土の上に群生を成す黄色い花は、開きすぎないくらいの状態が一番綺麗です。

青森県では日本海の白神山地エリアで、秋田県との県境に位置する「大間越関所跡」が名所。場所がわかりにくいですが、福寿草公園やトンネル手前から伸びる山道などにあります。

場所 名称 時期 本数 地図
深浦町 大間越関所跡 3月上旬~3月下旬 3,000本 地図

5月が見頃の花

02.桜(4月下旬~5月上旬)

青森県の桜はゴールデンウィークが見頃となります。

定番スポットは弘前城のある「弘前公園」。お堀に咲き誇る桜が水面を敷き詰める、ピンク一色の光景は圧巻。

他には太宰治も好んだ金木の「芦野公園」。津軽鉄道も通る広い公園内には池もあり、散策しながら桜を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
弘前市 弘前公園 [桜100選] 4月下旬~5月上旬 2,600本 地図
五所川原市 芦野公園 [桜100選] 4月下旬~5月上旬 1,500本 地図

03.リンゴの花(5月上旬~5月中旬)

青森県といえばリンゴ。特に弘前市が名産地となっており、その弘前市にある「りんご公園」では岩木山を背景にリンゴの花を見ることができます。

桜が満開になるゴールデンウィークの終わり頃に咲き始め、5月中旬に満開。りんご花まつりも開催されて、アップルパイやりんごのお酒シードルなど味覚の宝庫です。

場所 名称 時期 本数 地図
弘前市 りんご公園 5月上旬~5月中旬 地図

04.菜の花(5月中旬~5月下旬)

青森県の菜の花の名所といえば、本州で一番の広さと言われる「横浜町の菜の花」。年によってゴールデンウィークに咲くこともあり、早咲きの場所もあります。

横浜町の随所に菜の花畑があり、特に菜の花迷路が名物の「自然苑」では5月第3日曜日に菜の花フェスティバルが開催されて賑わいます。

場所 名称 時期 本数 地図
横浜町 自然苑 など 5月中旬~5月下旬 地図

05.チューリップ(5月中旬~5月下旬)

青森県におけるチューリップの名所は、個人の農園として五戸町にある「正子のチューリッぷ園」。一家で育てたチューリップは約160品種もあり、農家の風景を美しく彩ります。

場所 名称 時期 本数 地図
五戸町 正子のチューリッぷ園 5月中旬~5月下旬 10万本 地図

6月が見頃の花

06.ニッコウキスゲ(5月下旬~6月中旬)

全国的には標高が高いスポットにて7月が見頃になる、ユリの一種のニッコウキスゲ。青森県では5月下旬から咲くニッコウキスゲの名所「ベンセ湿原」があります。

つがる市の木造駅から車で20分ほどの場所にある「ベンセ湿原」では、木の歩道から鑑賞することができます。遠くに岩木山が見える場所でニッコウキスゲが咲き誇ります。

場所 名称 時期 本数 地図
つがる市 ベンセ湿原 5月下旬~6月中旬 地図

07.ポピー(6月上旬~7月上旬)

青森県でポピーを楽しめるのは、十和田市にあるフラワーガーデン「鯉艸郷(りそうきょう)」。

6月中旬にピークをむかえるポピーに加えて、花しょうぶ、あじさい、などを楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
十和田市 鯉艸郷(りそうきょう) 6月上旬~7月上旬 地図

08.春バラ(6月中旬~7月上旬)

青森県でバラを楽しめる名所として、県の南東にある七戸町の「東八甲田ローズカントリー」が名スポットです。

春バラの時期には「しちのへバラまつり」としてカフェなどの出店があり、バラソフトクリームなどもあって楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
七戸町 東八甲田ローズカントリー 6月中旬~7月上旬 5,000本 地図

09.花しょうぶ(6月中旬~7月中旬)

青森県には花しょうぶの名所が多く、代表的な場所として「鯉艸郷(りそうきょう)」があります。早咲きから遅咲きまで1ヶ月間ほどの長い期間、咲いています。

また、黄色い群生のニッコウキスゲが名所の「ベンセ湿原」では、木の歩道の付いた湿原を散策しながらノハナショウブを鑑賞できます。

場所 名称 時期 本数 地図
十和田市 鯉艸郷(りそうきょう) 6月中旬~7月中旬 20万株 地図
つがる市 ベンセ湿原 7月上旬? 地図

7月が見頃の花

10.あじさい(7月上旬~8月上旬)

青森県にはあじさいの名所がいくつかあり、津軽半島側の名所が知名度高めです。

弘南鉄道大鰐線の石川駅から徒歩圏内にある「大仏公園」は、大仏ヶ鼻城跡が公園化されているのでお城のあじさいを楽しむことができます。

五所川原エリアで風情ある木造アーチ橋が架かる名所「富士見湖パーク」が、あじさいの名所にもなっています。

あとは、津軽半島の先端の竜飛崎から三厩駅まで約15kmほど続く「竜飛岬あじさいロード」があり、県道281号沿いにあじさいが咲き誇るドライブルートです。

場所 名称 時期 本数 地図
弘前市 大仏公園 7月上旬~7月下旬 2,500株 地図
鶴田町 富士見湖パーク 7月中旬~7月下旬 4,000株 地図
外ヶ浜町 竜飛岬あじさいロード 7月下旬~8月上旬 沿道に15km 地図

まとめ

弘前公園の桜などゴールデンウィークに楽しめる花が魅力的です。

以上、青森県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年4月16日 更新日:2019年6月2日)