沖縄県の花畑2品種3スポット!見頃と名所を案内

沖縄県の花特集

温かい気候で花の楽しめる季節が長い沖縄県。

有名な美ら海水族館のある「海洋博公園」では「美ら海花まつり」が毎年開催されるなど、南国ならではの花スポットを楽しむことができます。

日本一早く咲く桜として、ピンク色が鮮やかな寒緋桜も魅力です。

今回は、沖縄県の花を紹介します。(ひとまず少しだけ紹介します)

2月が見頃の花

01.桜(1月中旬~2月中旬)

漫湖公園の桜写真 ラムサール条約の湿地を持つ漫湖公園の桜の時期

気候の温暖な沖縄県では、2月頃が桜の見頃。寒緋桜(かんひざくら)という品種の桜が代表的で、薄めや濃いめの鮮やかなピンク色の小さな花びらが特徴です。

桜の名所100選に選ばれているのは、名護市にある「名護城(なんぐすく)公園」。「名護中央公園」とも呼ばれる城跡の公園で、鮮やかなピンクの寒緋桜が約2kmの散策路を彩ります。

那覇市と豊見城市にまたがる干潟「漫湖公園」では「那覇美らさくらまつり」が開催されて、エイサーや演舞などが行われます。こちらもピンクの寒緋桜が公園内に咲き、遊歩道沿いの桜並木散策を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
名護市 名護城公園 [桜100選] 1月中旬~2月中旬 園内に2km 地図
那覇市 漫湖公園(古波蔵側) 2月10日頃 地図
リンク:ちゅらとく 桜の名所6か所

02.ひまわり(2月中旬~3月上旬)

沖縄県では日本一早いひまわりまつりとして「北中城村のひまわり畑」があります。

22,000㎡の畑に約20万本のひまわりが咲き、イベントが開催される「ひまわり in 北中城」。宝探しイベントがあり、飲食コーナーや特産品販売も行われます。

場所 名称 時期 本数 地図
北中城村 ひまわり in 北中城 2月中旬~3月上旬 20本 地図

まとめ

以上、沖縄県を彩る花の名所の紹介でした。