北海道・道南の花畑7品種12名所!春夏秋冬の見頃

北海道・道南の花特集

新幹線でもアクセスできるようになった函館など、北海道の道南は観光が魅力。花の名所も色々とあります。

特にゴールデンウィークが魅力的な時期で、代表的な松前の桜が有名なだけでなくチューリップや芝桜など見どころがあります。

今回は、道南の花を紹介します。

セシモ コイ

旅行日をキーにして見頃の花名所をすべて洗い出せるよう、各スポットの開花時期と地図リンクを記載しました!

まずはココ!代表的な花スポット

道南を代表する花の名所は以下のとおりです。

  1. せたな町「玉川公園」の水仙(4月下旬~5月中旬)
  2. 松前町「松前公園」の桜(4月下旬~5月中旬)
  3. 木古内町「サラキ岬」チューリップ(4月下旬~5月中旬)
  4. 木古内町「札苅芝桜園」の芝桜(4月下旬~5月下旬)
  5. 七飯町「大沼国定公園」の紅葉(10月中旬~11月上旬)
  6. 七飯町「大沼国定公園」の水芭蕉(4月中旬~4月下旬)

これ以外にも魅力の花スポットがたくさんあります。

4月が見頃の花

01.ミズバショウ(4月中旬~4月下旬)

大沼公園のミズバショウ写真 大沼公園で道路沿いから鑑賞できるミズバショウ群生

道南で水芭蕉(みずばしょう)の名所は「大沼国定公園」が定番です。

道南の国定公園として有名な七飯町「大沼国定公園」では、4月のミズバショウがひとつの名物。「大沼湖」の周囲に3箇所(東大沼、森林公園、ランバーハウス)の群生地があり、道路沿いや湖畔木道からミズバショウを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
七飯町 大沼国定公園 大沼湖周囲 4月中旬~4月下旬 地図

5月が見頃の花

02.椿(2月中旬~3月中旬、4月中旬~5月中旬)

松前公園の椿写真 松前公園で桜の見頃時期にあわせて楽しめる椿の花

北海道は椿の自生地域ではないですが、植樹により椿の名所がいくつかあり道南に名所が多い傾向にあります。

函館市「五稜郭タワー」の1階アトリウムでは、屋内鑑賞になりますが「春の椿展」として鉢植えの椿を見ることができます。福岡県久留米市から贈呈された椿で、五稜郭タワー株式会社の会長が育てたものだそうです。

松前町「松前公園」は道南屈指の桜スポットで、桜の見頃時期に椿も楽しめます。公園内には植え込みの椿から樹としての椿まであり、13種類100本ほどあります。城のそばにある松前神社には樹高7メートルほどの椿の古木があります。

木古内町「栗原邸の大椿」は、江戸時代末期に松前藩士笠島紋十郎の家系の方が植えたと伝えられる樹齢190年ほどの椿。幹回り20cm、高さ6mの木は、北海道記念保護樹木に指定されており民家の椿として見ることができます。

江差町「法華寺」は、16世紀に創立されて1665年に現在地に移転した日蓮宗のお寺。樹齢260年ほどの大椿があり、こちらも北海道記念保護樹木に指定されています。

場所 名称 時期 本数 地図
函館市 五稜郭タワー 春の椿展(屋内) 2月中旬~3月中旬 地図
松前町 松前公園(松前神社~椿園) 4月中旬~5月中旬 100本 地図
木古内町 栗原邸の大椿 5月上旬 1本 地図
江差町 法華寺の椿 不明 1本 地図

03.水仙(4月下旬~5月中旬)

道南で水仙の名所は「玉川公園」が有名です。

道南のせたな町「玉川公園」では、小高い丘の公園に約30種類30万株の水仙が咲く北海道随一の規模。桜も5月上旬~5月中旬に見頃となり、遠くに雪山が見える構図で桜と水仙を撮影できるのが魅力です。

場所 名称 時期 本数 地図
せたな町 玉川公園 4月下旬~5月中旬 30万株 地図

04.桜(4月下旬~5月中旬)

松前公園の桜写真 北斗市の法亀寺で美しく枝が広がる見頃の枝垂桜

道南はゴールデンウィークが桜の見頃となり、特に桜の名所100選「松前公園」が有名です。

北斗市も桜の名所がいくつかあり、中でも「法亀寺(ほうきじ)」の境内には北海道内でも珍しい枝垂桜がある名所。樹齢300年ほどと言われる北海道最大級の大きさで、見頃時期には夜のライトアップも行われて臨時駐車場も用意されます。

道南でも南端に位置する松前町「松前公園」は、江戸時代末期に作られた城として当時の本丸御門​が現存する城郭公園。早咲きから遅咲きまで250種類1万本の桜が順次開花し、松前でしか見られない桜も。公園周辺にも桜並木があるなど、広くて色々な構図の桜を撮影できます。

場所 名称 時期 本数 地図
松前町 松前公園 [桜100選] 4月下旬~5月中旬 1万本 地図
北斗市 法亀寺のしだれ桜 4月下旬~5月中旬 枝垂桜1本 地図
リンク:ウォーカープラス 北海道の桜の名所35か所一覧

05.チューリップ(4月下旬~5月中旬)

サラキ岬のチューリップ写真 サラキ岬で咸臨丸を背景に咲く色とりどりのチューリップ

道南でチューリップの名所は「サラキ岬」があります。

木古内町の海沿いにある「サラキ岬」は、幕府海軍が保有していた洋式軍艦「咸臨丸(かんりんまる)」終焉の地。今も保存されている咸臨丸の周囲が「チューリップ園」として整備されており、約60種類5万本のチューリップが咲く名所。5月に入ってからが見頃です。

場所 名称 時期 本数 地図
木古内町 サラキ岬チューリップ園 4月下旬~5月中旬 5万球 地図

06.芝桜(4月下旬~5月下旬)

札苅芝桜園の芝桜写真 個人宅の札苅芝桜園で4月末に咲き始めの芝桜

道南の芝桜は規模が小さいですが、木古内町の芝桜スポットは特徴ある風景。5月中旬あたりがピークとなります。

木古内町「札苅芝桜園」は個人宅で育てた芝桜が公開されており、道南いさりび鉄道がすぐそばを通るため鉄道と芝桜をセットで撮影できる独特な名所。うまく斜面を活用して30種類の芝桜が咲き、周囲にはチューリップと水仙も。のんびり鑑賞できてベンチもあります。

木古内町にはもうひとつ「薬師山」という標高72メートルの小高い山の展望台付近に芝桜が咲きます。「ふるさとの森公園」の駐車場から球場脇を通って整備された山道の階段をあがっていくと、芝桜が斜面を染める姿を見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
木古内町 札苅芝桜園(村上芝桜園) 4月下旬~5月下旬 地図
木古内町 薬師山 4月下旬~5月下旬 地図

10月が見頃の花

07.紅葉(10月中旬~11月上旬)

道南で紅葉の名所はいくつかありますが、紅葉の名所100選となっているのは「大沼国定公園」です。

七飯町「大沼国定公園」では、湖や沼など湖畔一体が紅葉に染まります。10月下旬あたりをピークにカエデやモミジに加えてブナやナラの木も色づきます。特に、湖から駒ケ岳を見る構図が定番となっています。

場所 名称 時期 本数 地図
七飯町 大沼国定公園 [紅葉100選] 10月中旬~11月上旬 地図
リンク:ウォーカープラス 北海道の紅葉の名所43か所一覧

まとめ

道南の花スポットは北海道の中では規模が小さめ。そのぶん船とチューリップ、鉄道と芝桜など個性的な構図で道南ならではの花の楽しみ方や写真撮影のできる魅力があります。

以上、道南を彩る花の名所の紹介でした。