福岡県の花畑3品種6スポット!見頃と名所を案内

福岡県の花特集

北九州から福岡市を経て久留米市まで、県に多数の花スポットを持つ福岡県。

海の中道や能古島など博多中心街からも行きやすい名所をはじめとして、県内各地で花を楽しむことができます。

今回は、福岡県の花を紹介します。

6月が見頃の花

01.花しょうぶ(5月下旬~6月中旬)

福岡県で菖蒲(しょうぶ)の名所は沢山あり、北九州市、福岡市、柳川市、久留米市など色々な場所で楽しむことができます。

風情のある代表的な名所としては、お堀のある柳川駅近くの「椛島菖蒲園」。柳川の川下りコース沿いにあるため、観光名物のどんこ舟の上から見ることができます。園内から舟と花しょうぶのコラボ撮影もでき、50種類ほどの花しょうぶが咲きます。

規模として大きいのは、福岡市より北にある福津市の「宮地嶽神社」。しめ縄の美しい本宮とともに花しょうぶが広がる光景が風物詩となっています。

場所 名称 時期 本数 地図
柳川市 椛島菖蒲園 5月下旬~6月上旬 5万株 地図
福津市 宮地嶽神社 5月下旬~6月中旬 10万株 地図
リンク:福岡よかとこ情報 花しょうぶ名所11か所

02.あじさい(6月上旬~6月下旬)

福岡県のあじさい名所は県内に広く存在しています。

あじさい寺として有名なのが、久留米市の「千光寺」。あじさい祭りが6月上旬から6月下旬まで開催されており、高低差のある山のすそ野の寺社仏閣が集うエリアであじさいを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
久留米市 千光寺 6月上旬~6月下旬 7,000株 地図
リンク:みんなであじさいめぐり あじさい名所17か所

8月が見頃の花

03.ひまわり(7月中旬~9月中旬)

福岡県のひまわり名所として規模が大きいのは、柳川市の海沿いにある「柳川ひまわり園」。

有明海に面した干拓地のひまわり園「柳川ひまわり園」。夜にライトアップされるとの情報もあり。夏を過ぎてから植え替えることにより、秋から冬にかけてもひまわり畑を楽しめるスポットです。

福岡市の定番の離島スポット「のこのしまアイランドパーク」にて、夏の花としてひまわり畑を見ることができます。

朝倉市の道の駅原鶴の向かいにある「杷木大ひまわり園」は、国道から見える遅咲きの大ひまわり畑がインパクトのある名所です。

場所 名称 時期 本数 地図
柳川市 柳川ひまわり園 7月中旬~7月下旬 50万本 地図
福岡市 のこのしまアイランドパーク 7月下旬~8月下旬 3万本 地図
朝倉市 杷木大ひまわり園 9月上旬~9月中旬 16万本 地図

まとめ

以上、福岡県を彩る花の名所の紹介でした。