佐賀県の花畑4品種8スポット!見頃と名所を案内

佐賀県の花特集

九州新幹線の鳥栖駅から西へと巡ることのできる佐賀県。県に広く花のスポットがあります。

ツツジが咲き誇る県の代表名所「御船山楽園」をはじめとして、各季節によって色々な花の名所を訪れるのが楽しい県です。

今回は、佐賀県の花の名所を紹介します。

4月が見頃の花

01.桜(3月下旬~4月上旬)

花やしきの桜写真 鳥栖のステーキレストラン「花やしき」の庭園に桜

佐賀県で桜の名所100選になっているスポットは「小城公園」のみです。

小城(おぎ)市にある「小城公園」では、池のある公園内に桜が咲く花見スポットとして賑わいます。ご当地グルメのマジェンバを提供するお店もあり、夜のライトアップもひとつの魅力です。

場所 名称 時期 本数 地図
小城市 小城公園 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 3,000本 地図

02.ツツジ、シャクナゲ(4月中旬~5月上旬)

佐賀県では県の代表名所として、プロジェクションマッピングなどで最近注目をあびる「御船山楽園」があります。

武雄市「御船山楽園」は武雄領主の鍋島茂義の別邸跡として1845年に造園され、現在では20万本のツツジが咲き乱れる庭園と背景の武骨な岩山がインパクト大。ツツジに似たシャクナゲも咲き、同時期に藤の花も併せて楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
武雄市 御船山楽園 4月中旬~5月上旬 20万本 地図

7月が見頃の花

03.ハス(6月下旬~8月上旬)

佐賀県では、二千年蓮(=大賀ハス)や舞妃蓮(まいひれん)という蓮(はす)の品種を楽しめる名所があります。

佐賀市の「佐賀城公園」のお堀は夏になるとハスの葉で埋め尽くされて、ハスの花が咲く名所となっています。

福岡県の久留米駅から数kmの距離にある「千栗土居公園」も、ハスの名所。白とピンクのハスが一面に咲く光景を楽しめて、二千年蓮や舞妃蓮を見ることができます。

多久市の「聖光寺」には二千年ハス池と呼ばれる池があり、こちらも二千年蓮や舞妃蓮を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
佐賀市 佐賀城公園 6月下旬~8月上旬 地図
みやき町 千栗土居公園 6月下旬~8月上旬 9,700㎡ 地図
多久市 聖光寺 6月下旬~7月下旬 地図
吉野ヶ里町 吉野ヶ里歴史公園 地図

8月が見頃の花

04.ひまわり(8月上旬~8月上旬)

佐賀県の観光ひまわり畑は2つほどありますが、開花時期が限られるので日付をチェックしてから来訪したほうが良さそうです。

佐賀駅から路線バスで行ける距離にある「ひょうたん島公園」は、地図上で陸地がひょうたんの形をしている公園。8月上旬にひまわりが咲き、ひまわりまつりの開催日にはハサミ貸し出しで各自ひまわりを切り取って持ち帰ることができます。

また、11月の冬ひまわりの名所として「山田ひまわり園」があります。

場所 名称 時期 本数 地図
佐賀市 ひょうたん島公園 8月上旬~8月上旬 25万本 地図
みやき町 山田ひまわり園 11月上旬~11月下旬 10万本 地図

まとめ

以上、佐賀県の花の名所紹介でした。