栃木県の花畑3品種5スポット!見頃と名所を案内

栃木県の花特集

栃木県には那須エリアの雄大な花畑や、あしかがフラワーパークで各季節ごとの花を見ることができます。

特に那須の山々を背景にしたチューリップ畑など自然たっぷりの花を楽しめるのが魅力。

今回は、栃木県の花を紹介します。

4月が見頃の花

01.あんず(4月上旬)

栃木県の渡良瀬遊水地にある生井地区には1993年に完成した「あんずの里」があり、与良川橋手前の堤防沿い1kmほどに200本のあんずの木が植えられています。

春にはあんずの花と菜の花が咲き、秋にはコスモスが咲く小さい名所となっています。

場所 名称 時期 本数 地図
小山市 下生井 与良川堤防 あんずの里 4月上旬 200本 地図

02.チューリップ(3月上旬~5月中旬)

栃木県のチューリップは県北の那須にある「那須フラワーワールド」が名所。山々を背景にチューリップが広く咲いている光景を楽しむことができます。

また、花のテーマパーク「あしかがフラワーパーク」では3月からチューリップを見れるだけでなく、終盤には満開の藤棚も併せて見ることができます。

規模は小さいですが「とちぎわんぱく公園」にもチューリップがあります。

場所 名称 時期 本数 地図
那須町 那須フラワーワールド 4月下旬~5月中旬 25万本 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 3月上旬〜4月下旬 2万本 地図
壬生町 とちぎわんぱく公園 4月中旬 地図

5月が見頃の花

03.セントーレア(3月上旬~5月中旬)

栃木県では「とちぎわんぱく公園」に175万本ものセントーレアが咲き誇り、全国でも珍しい名所となっています。

休耕中の畑にも種がまかれることで、1万3000㎡もの広さを持つセントーレアの花畑。青や紫の花を咲かせつつ、ポピーの赤やオレンジとの共演も楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
壬生町 とちぎわんぱく公園 5月上旬~5月中旬 175万本 地図

まとめ

あしかがフラワーパークの藤棚など見どころが沢山ある栃木県。

以上、栃木県を彩る花の名所の紹介でした。