栃木県の花畑36品種84名所!春夏秋冬の見頃

栃木県の花特集

栃木県には那須エリアの雄大な花畑や、あしかがフラワーパークで各季節ごとの花を見ることができます。

特に那須の山々を背景にしたチューリップ畑など自然たっぷりの花を楽しめるのが魅力。

今回は、栃木県の花を紹介します。

セシモ コイ

旅行日をキーにして見頃の花名所をすべて洗い出せるよう、各スポットの開花時期と地図リンクを記載しました!

この記事の目次

まずはココ!代表的な花スポット

栃木県を代表する花の名所は以下のとおりです。

  1. 真岡市「桜菜の花街道」桜と菜の花(3月下旬~4月上旬)
  2. 市貝町「芝ざくら公園」の芝桜(4月中旬~5月上旬)
  3. 足利市「足利フラワーパーク」の藤(4月中旬~5月中旬)
  4. 那須町「フラワーワールド」ケイトウ(8月中旬~10月中旬)
  5. 栃木市「太平山 謙信平」の紅葉(11月中旬~11月下旬)
  6. 栃木市「大柿花山」の椿(2月上旬~4月下旬)

これ以外にも魅力の花スポットがたくさんあります。

1月が見頃の花

01.水仙(12月下旬~5月中旬)

栃木県で水仙(すいせん)の名所はいくつかあり、時期も大きく異なります。

早い時期から水仙を楽しめる県南の名所として、栃木市大平町「清水寺」があります。山の中腹に建つお寺の本堂付近の斜面に白い水仙が咲き、見頃は1~2月ですが3月以降でも咲いているという情報も。黄色い蝋梅(ろうばい)も併せて見ることができます。

県北の那須塩原市「東那須野公園」では、春に400本ほどの桜とともに黄色い水仙が広く咲きます。水仙の斜面に散策路があり、頂上からは那須連山を見渡せます。

県北端の那須町「マウントジーンズ那須」では、スキーシーズンが終わると那須連山の絶景を楽しめる高原に。ゴンドラで行く頂上にある「水仙パーク」では、白と黄色の水仙が100種類ほど咲きます。緑豊かで広々と花を付け、ゴンドラやリフトを背景とした撮影構図も。

県央の大田原市「栃木県なかがわ水遊園」は、水族館があり池釣りや水遊びも楽しめる家族向けスポット。四季折々の花が咲き、なかがわ展望台周辺の水仙などが春の園内を彩ります。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 清水寺(せいすいじ) 12月下旬~2月下旬 地図
那須塩原市 東那須野公園(旧・稲荷山公園) 3月下旬~4月中旬 13万本 地図
那須町 マウントジーンズ那須 4月中旬~5月中旬 10万球 地図
大田原市 栃木県なかがわ水遊園 4月~5月頃 地図

2月が見頃の花

02.椿(12月下旬~4月下旬)

大柿花山の椿写真 大柿花山の入口近くに咲く赤い椿とピンクの花桃

栃木県では椿(つばき)の名所は少しありますが、観光として見やすいのは「鷲子山上神社」「大柿花山」です。

那珂川町「鷲子山上神社」は俗に「フクロウ神社」と呼ばれており、境内の東側にある120メートルほどの散策路に寒椿(かんつばき)が咲きます。12月半ばから咲き始めて、年明けには赤い花をたくさん付けてフクロウの石像とともに撮影できる構図もあります。

栃木市「栃木植物園」には「大柿花山」という椿園があり、3月下旬をピークとして色々な椿が順次咲いていきます。日本一の椿園を目指しているそうで、数百種類と言われる椿を見ながら山を散策できます。

宇都宮市には「立伏(りゅうぶく)のツバキ」という1本の大椿がありますが、正確な場所がわかりにくく道も手入れされていない個人所有の場所と言われています。4月中旬~5月上旬が見頃だそうですが、下調べの上で来訪必須でオススメはできません。

那須塩原市「那須野が原公園」でも3日ほど椿まつりを行うそうですが、正確な情報はわかりません。

場所 名称 時期 本数 地図
那珂川町 鷲子山上神社 12月下旬~2月下旬 350本 地図
栃木市 栃木植物園 大柿花山 2月上旬~4月下旬 地図

03.冬ボタン(2月中旬~2月下旬)

温室などで開花時期を調整して咲かせる冬の牡丹(ぼたん)。栃木県では日光に冬ボタンの名所があります。

日光市では「牡丹室内庭園」として、屋内で岩や木にボタンの花を添えた美しい展示の冬ボタンを鑑賞できます。2020年は「道の駅日光」での開催ですが、年によって開催場所が異なるかもしれないのと10日間ほど限定。日付と場所を下調べしたほうが良いです。

場所 名称 時期 本数 地図
日光市 牡丹室内庭園(道の駅日光) 2月中旬~2月下旬 地図

3月が見頃の花

04.梅(2月下旬~3月下旬)

栃木県では梅の名所がいくつかあり、白加賀など白い梅が一面に咲くスポットが多いです。

足利市で織姫山の西側斜面に広がる梅林「西渓園」は、かつて繊維工場で働く女性たちを育てるための資金として販売用の梅の実を栽培したことが由来。大半を占める白い梅が山肌を染める姿を見ることができます。

那須烏山市の中山地区「中山の梅林」も、白い梅の品種が多くて紅梅も少しある名所。梅まつりも開催されます。

真岡鉄道の市塙駅から徒歩30分ほどで行ける、市貝町「観音山梅の里梅園」。こちらも、白い梅を中心として丘陵地を白く染めます。見頃時期には梅まつりが開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 西渓園 2月下旬~3月中旬 3万㎡ 地図
那須烏山市 中山の梅林 国営塩那大地梅の里 3月中旬~3月下旬 地図
市貝町 観音山梅の里梅園 3月中旬~3月下旬 3,000本 地図

4月が見頃の花

05.桃(3月下旬~4月上旬)

大柿花山の桃写真 大柿花山で左右の淡い桜とピンクと白の鮮やかな桃の花

栃木県で桃の花の名所として「大柿花山」が定番です。

栃木市で世界一の椿園を目指す「大柿花山」では、園内駐車場近くに桃の木がピンクや白の花を咲かせます。桜と桃が色づく里山にて、遠くの山並みや緑が映える絶景。色々な角度で撮影できます。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 栃木植物園 大柿花山 3月下旬~4月上旬 地図

06.菜の花(3月下旬~4月下旬)

北真岡駅の菜の花写真 北真岡駅の東にある桜菜の花街道を走る真岡鉄道の列車

栃木県で菜の花の名所として、鉄道と菜の花を撮影できるスポットが定番です。

真岡(もおか)市「北真岡駅」の東側線路沿いには、約1kmの「桜菜の花街道」があります。真岡鐡道のSLや列車を撮影する代表的なスポットとして、桜と菜の花が咲く時期は特に人気。色々な角度で菜の花と列車を撮影することができます。

佐野市「渡良瀬川橋梁」付近の渡良瀬川沿いにも、2kmほど菜の花が広がる土手があります。川と菜の花という構図だけでなく、東部鉄道佐野線を走る列車とともに菜の花を撮影できるポイントもあります。

場所 名称 時期 本数 地図
真岡市 北真岡駅東 桜菜の花街道 3月下旬~4月上旬 沿道に1km 地図
佐野市 渡良瀬川(渡良瀬川橋梁付近) 3月下旬~4月中旬 川沿い2km 地図

07.桜(3月下旬~4月下旬)

嘉多山公園の桜写真 嘉多山公園の駐車場近くの散策路に咲く桜と山並み

栃木県で桜の名所100選は「太平山県立自然公園」「日光街道桜並木」の2箇所あり、他にも名所は色々あります。

栃木市「太平山県立自然公園」は、早い時期から桜を楽しめる名所。展望台のある「太平山神社」より少し下にある「謙信平」付近一帯にソメイヨシノが咲き、屋外の席を持つお店で桜を見ながら食事を楽しむことができます。

宇都宮市の国道119号「日光街道」では、約16kmほどの桜並木が続くヤマザクラのトンネル。日光市の山口地区まで続き、約1,500本の桜が延々と続くドライブルートです。

佐野市には樹齢350年以上とされる「関場のしだれ桜」があります。高さ20mの1本桜は市の天然記念物です。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 太平山県立自然公園 [桜100選] 3月下旬~4月中旬 4,000本 地図
宇都宮市 日光街道桜並木 [桜100選] 4月上旬~4月中旬 1,500本 地図
佐野市 関場のしだれ桜 4月中旬~4月下旬 1本 地図
リンク:ウォーカープラス 栃木県の桜の名所21か所一覧

08.あんず(4月上旬)

栃木県の渡良瀬遊水地にある生井地区には1993年に完成した「あんずの里」があり、与良川橋手前の堤防沿い1kmほどに200本のあんずの木が植えられています。

春にはあんずの花と菜の花が咲き、秋にはコスモスが咲く小さい名所となっています。

場所 名称 時期 本数 地図
小山市 下生井 与良川堤防 あんずの里 4月上旬 200本 地図

09.チューリップ(3月上旬~5月中旬)

野木町煉瓦窯のチューリップ写真 野木町の煉瓦窯を背景に少しだけ咲くチューリップ

栃木県のチューリップは県北の那須にある「那須フラワーワールド」が名所。山々を背景にチューリップが広く咲いている光景を楽しむことができます。

また、花のテーマパーク「あしかがフラワーパーク」では3月からチューリップを見れるだけでなく、終盤には満開の藤棚も併せて見ることができます。

規模は小さいですが「とちぎわんぱく公園」にもチューリップがあります。

場所 名称 時期 本数 地図
那須町 那須フラワーワールド 4月下旬~5月中旬 25万本 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 3月上旬〜4月下旬 2万本 地図
壬生町 とちぎわんぱく公園 4月中旬 地図

10.芝桜(4月上旬~5月上旬)

栃木県では市貝町「芝ざくら公園」が一大名所。宇都宮市より東にある市貝町にて、山並みに囲まれて広々とした敷地の公園に芝桜がピンク色などで一面を染めます。展望台もあります。

早い時期であれば大田原市「栃木県なかがわ水遊園」にて、水仙や桜など春の花とともに芝桜を見ることができます。規模は明記されていませんが、園内で少し見ることができるようです。

場所 名称 時期 本数 地図
大田原市 栃木県なかがわ水遊園 4月上旬~4月下旬 地図
市貝町 市貝町芝ざくら公園 4月中旬~5月上旬 地図

5月が見頃の花

11.セントーレア(5月上旬~5月中旬)

栃木県では「とちぎわんぱく公園」に175万本ものセントーレアが咲き誇り、全国でも珍しい名所となっています。

休耕中の畑にも種がまかれることで、1万3000㎡もの広さを持つセントーレアの花畑。青や紫の花を咲かせつつ、ポピーの赤やオレンジとの共演も楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
壬生町 とちぎわんぱく公園 5月上旬~5月中旬 175万本 地図

12.ツツジ、シャクナゲ(5月中旬~6月上旬)

栃木県ではツツジ、シャクナゲの名所がたくさんあります。

那須町の県道17号の「八幡ツツジ群落」がツツジの代表的な名所。「那須高原駐車場」の近くや「つつじ吊り橋駐車場」の近くにあり、木で作られた遊歩道沿いにヤマツツジ、レンゲツツジ、ドウダンツツジなどを見ることができます。

那須町「マウントジーンズ那須」では、純白のツツジとなるゴヨウツツジが名物。ゴンドラに乗って見に行くゴヨウツツジやアズマシャクナゲに加えて、ツツジとは大きく異なる赤いドウダンツツジも6月上旬に見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
那須町 八幡ツツジ群落 5月中旬~5月下旬 20万本 地図
那須町 マウントジーンズ那須 5月中旬~6月上旬 3万本 地図

6月が見頃の花

13.春バラ(5月中旬~7月上旬)

栃木県ではバラ園がいくつかあり、楽しめるのは春と秋の2回。

真岡市「井頭(いがしら)公園」は290品種のバラ、足利市で色々な花を楽しめる「あしかがフラワーパーク」のローズガーデンでは400品種のバラ、岩舟町「とちぎ花センター」のバラ園では450品種のバラを見ることができます。

そして、標高600mほどの那須町「那須フラワーワールド」では、寒さによりバラの開花時期が6月中旬と遅めです。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 5月中旬~6月中旬 2,500株 地図
真岡市 井頭公園 5月下旬~6月上旬 2,100株 地図
岩舟町 とちぎ花センター バラ園 5月下旬~6月下旬 地図
那須町 那須フラワーワールド 6月中旬~7月上旬 地図

14.あじさい(6月上旬~7月下旬)

栃木県であじさいの名所は10箇所以上あり、本数の多い「東那須野公園」が屈指の名所と言えます。

県南で早い時期からあじさいを楽しめる足利市「あしかがフラワーパーク」。名物の藤の花が終わった後の梅雨時期に、あじさいと花しょうぶの共演を眺めることができる花パークです。

県央の大田原市「黒羽城址公園」は、春の桜だけでなく初夏のあじさいの名所でもあります。「くろばね紫陽花まつり」も開催されて、イベントなどでにぎわいます。

県北の那須塩原市「東那須野公園」では、整備された歩道沿いの奥行あるあじさいや石段のあじさいを見ることができます。那須連山を眺める見晴らし広場もある公園です。

遅い時期に楽しめるのは、県北の那須町「那須街道」。県道17号沿いの約3kmに約3,000株のあじさいが咲く、赤松林の国有保安林となる地帯の道路です。。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 6月上旬~7月上旬 1,500株 地図
大田原市 黒羽城址公園 6月中旬~7月上旬 6,000株 地図
那須塩原市 東那須野公園 6月中旬~7月中旬 20,000本 地図
那須町 那須街道(県道17号) 6月下旬~7月下旬 3,000株 地図
リンク:個人サイト 群馬県のあじさい名所9か所

7月が見頃の花

15.スイレン(5月上旬~11月下旬)

あしかがフラワーパークのスイレン写真 あしかがフラワーパークに咲く熱帯性スイレン

栃木県で睡蓮(すいれん)の名所はいくつかあります。

観光向きなのは足利市「あしかがフラワーパーク」で、5月上旬から8月下旬に和スイレンが池に咲き始めます。入口近くに整備された区画では6月下旬から11月下旬にかけて、屋外の熱帯性スイレンが咲きます。晩秋からはライトアップも。

真岡鉄道の多田羅駅から徒歩12分の湿地「多田羅沼」は、農業用の用水池。絶滅危惧種のハッチョウトンボなど自然環境保全地域に指定され、沼の南側にスイレンが咲きます。もともとハスも咲いていたそうですが、水質悪化対策で除去されたとのこと。

日光市「上三依(かみみより)水生植物園」は、貴重な青いケシの花など湿地に四季折々の水生植物や野草が咲くスポット。7月には水生池の区画でスイレンが咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 5月上旬~11月下旬 地図
市貝町 多田羅沼 6月中旬~8月中旬 地図
栃木市 もめん弥 花之江の郷 6月下旬~9月中旬 地図
日光市 上三依水生植物園 7月頃 地図

16.ユリ(6月下旬~8月中旬)

栃木県でユリの名所はいくつかあります。

大田原市「黒羽ユリ園」では、地元有志が始めて20年を超えるユリ園。約700坪の敷地に40種類12,000本ほどのユリが咲き、入場は無料でユリの購入は有料で可能。6月下旬にはイベントも開催されます。

日光市「日光だいや川公園」は、大谷(だいや)川沿いの河川敷でキャンプ場などを併設した公園。7月中旬に「ヤマユリまつり」が開催されて、スタンプラリーやイベントステージなどでにぎわいます。

那須塩原市と日光市の境目にある「ハンターマウンテンゆりパーク」は、スキー場の斜面にユリが咲き乱れるスポット。日本最大級の400万輪と言われていますが、最近は規模縮小傾向にあるという情報も。リフト、那須連山、スキーロッジ、白樺とユリのコラボも魅力。

場所 名称 時期 本数 地図
大田原市 黒羽ユリ園 6月下旬~7月上旬 12,000本 地図
日光市 日光だいや川公園 7月中旬~7月下旬 3,000株 地図
日光市 ハンターマウンテンゆりパーク 7月下旬~8月中旬 400万輪 地図

8月が見頃の花

17.ハス(6月下旬~8月上旬)

栃木県で蓮(はす)の名所はいくつかありますが、どれも車で来訪する立地です。

矢板市にある「沢観音寺」の境内にある池に花ハスが咲き、地元の人向けのハス鑑賞の穴場と言われるスポットです。

栃木市には都賀町「つがの里」のハスが咲き、同じく栃木市の有料施設「花之江の郷」の睡蓮池に大賀ハスとスイレンが咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 つがの里 6月下旬~7月下旬 1,000株 地図
栃木市 もめん弥 花之江の郷 7月中旬~7月下旬 地図
矢板市 沢観音寺(澤観音寺) 7月中旬~8月上旬 地図

18.ダリア(6月下旬~10月下旬)

那須フラワーワールドのダリア写真 那須フラワーワールドでケイトウを背景に咲くダリア

栃木県でダリアの名所としては「大野ダリア園」があります。

那須烏山市「大野ダリア園」では、50アールの敷地にダリアが咲くスポット。真夏を避けた6月下旬~7月下旬、9月下旬~10月中旬の2回楽しむことができます。最近ではダリアを公開する施設が付近に伝播している様子です。

那須町「那須フラワーワールド」では秋を中心にダリアを見ることができます。ケイトウやブルーサルビアの花と比べると力を入れていない様子で花の数も大きさも弱いですが、園内の一画に赤や紫など色々なダリアを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
那須烏山市 大野ダリア園 6月下旬~10月中旬 6,000株 地図
那須町 那須フラワーワールド 8月上旬~10月下旬 地図

19.サルスベリ(7月上旬~9月下旬)

大谷観音のサルスベリ写真 大谷観音へと向かう細道脇に赤い花を付けるサルスベリ

栃木県で百日紅(さるすべり)の木があるスポットは少ない印象です。

足利市「あしかがフラワーパーク」には、園内の散策路と睡蓮池の周囲にサルスベリが数本あります。白い花のサルスベリは少なく、主にピンクの花を咲かせます。睡蓮池のまわりでバラとサルスベリの花を同時期に撮影するのがねらい目です。

筆者がたまたま撮影したのは、宇都宮市の「大谷(おおや)観音」へと向かう途中。赤い花のサルスベリが1本ありました。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 7月上旬~9月下旬 地図

20.ひまわり(7月下旬~8月下旬)

栃木県でひまわりの名所としては県南にある「野木のひまわり畑」が有名です。

野木町「野木のひまわり畑」は、JR宇都宮線(東北本線)の野木駅から徒歩30分ほど。民家が遠くにポツポツと並ぶ4.3ヘクタールの畑に、ひまわりが一面咲きほこります。7月下旬の数日間でひまわりフェスティバルが開催されて、花火が打ちあがる日も。

益子町「ましこ花祭り会場」で開催される「ましこ町ひまわり祭り」では、約11ヘクタールのひまわり畑にて農産物の販売などイベントでにぎわいます。仮設の展望台が設置されて、一面のひまわりを見渡すことができます。

上三川(かみのかわ)町にある「農村環境改善センター」でも、10万本ほどのひまわりが咲きます。8月下旬に「サンフラワー祭り」が開催されて、ポニー乗馬やかんぴょう剥き体験など子ども連れも楽しめるお祭りイベントです。

那須町「那須ハートフルファーム」が所有する「愛込ひまわり畑」では、那須連山を背景に約7ヘクタールのひまわり畑が広がる夏の高原らしさあふれる絶景を楽しめます。

他にも那須塩原市「道の駅 明治の森・黒磯 ハンナガーデン」や佐野市「観光農園アグリタウン」でも、ひまわり畑を見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
野木町 野木のひまわり畑 7月下旬~8月中旬 20万本 地図
益子町 ましこ花祭り会場 8月上旬~8月中旬 11ヘクタール 地図
那須塩原市 道の駅 明治の森・黒磯 8月上旬~8月中旬 地図
佐野市 観光農園アグリタウン 8月上旬~8月中旬 7万本 地図
上三川町 上三川農村環境改善センター 8月中旬~8月下旬 10万本 地図
那須町 那須ハートフルファーム愛込 8月中旬~8月下旬 200万本 地図

9月が見頃の花

21.ホテイアオイ(8月下旬~9月下旬)

栃木県では鉄道撮影者の中で「大平町川連」のホテイアオイが名撮影地になっています。

栃木県「大平町川連」地区の休耕田には、外来種のホテイアオイが紫の花を一面に咲かせる光景を楽しめます。東武日光線の線路が近くにあり、特にスペーシアが通過するタイミングでシャッターを切る鉄道カメラマンが周囲で待機する姿も見られます。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 大平町川連 8月下旬~9月下旬 約1,700㎡ 地図

22.ケイトウ(9月上旬~10月上旬)

那須フラワーワールドのケイトウ写真 那須フラワーワールドで那須連山を右手に縞模様のケイトウ

栃木県では県北にある「那須フラワーワールド」のケイトウが代表名所で、3ヘクタールの敷地にケイトウが一面咲きほこる雄大な景色が秋の売りです。

新白河駅などから車で行ける「那須フラワーワールド」では、那須連山を背景にして赤、黄、オレンジ、ピンクの花で縞模様を作り出したケイトウが魅力。「那須花の地上絵」の丘をメインにして、アゲラタムやサルビアなどを組み合わせた場所も見ごたえあり。

場所 名称 時期 本数 地図
那須町 那須フラワーワールド 8月中旬~10月中旬 25万本 地図

23.ハギ(9月上旬~10月上旬)

寺岡山元三大師のハギ写真 寺岡山元三大師の山門から本堂向きに撮影したハギ

栃木県では「寺岡山元三大師(てらおかさんがんざんだいし)」が萩(はぎ)の名所となっています。

足利市の富田駅から徒歩18分「寺岡山元三大師」は、下野の萩の寺と呼ばれる名刹。境内には白いハギを中心として赤紫のハギも咲き、本堂近くを彩ります。9月中旬頃に「萩まつり」が開催される日があり、お菓子撒きや演奏などが行われます。

栃木市「もめん弥 花之江の郷」や足利市「吉祥寺」にもハギが咲くようですが、情報が不足しており規模もわからないです。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 もめん弥 花之江の郷 9月上旬~9月中旬 地図
足利市 薬師寺 寺岡山元三大師 9月中旬~10月上旬 400本 地図
足利市 吉祥寺 不明 地図

24.彼岸花(9月中旬~9月下旬)

栃木県では鹿沼市「常楽寺」など彼岸花の名所がいくつかあります。(群馬県太田市の常楽寺と混同しがちなので注意)

鹿沼市の「常楽寺」は別名「録事尊」で、録事様の呼び名で知られています。本堂へ続く参道の左右に赤い彼岸花があり、奥行きのある構図が定番。白い蕎麦(そば)の花も少し見ることができると言われています。

大田原市の片府田にある「宝寿院」では、密集した赤い彼岸花が如来堂の近くにあります。

場所 名称 時期 本数 地図
鹿沼市 常楽寺(録事尊) 9月中旬~9月下旬 地図
大田原市 宝寿院 9月頃 地図

25.フヨウ(9月~10月頃)

のフヨウ写真 鹿沼市の常楽寺の駐車場脇から本堂に向けて撮影した芙蓉

栃木県で芙蓉(ふよう)の名所は、インターネット上で探しても情報が少ないです。

宇都宮市の「栃木県中央公園」の園内東側にある「北テラス」区画に、芙蓉が咲きます。園内の方の話では夏頃に咲くとのことで、筆者が来訪した10月上旬には咲いていませんでした。

また、筆者が見かけたのは鹿沼市の「常楽寺」。駐車場の脇にピンク色の芙蓉が咲いており、本堂と参道を背景にした角度で撮影できました。

場所 名称 時期 本数 地図
宇都宮市 栃木県中央公園 不明(7~8月頃) 地図
鹿沼市 常楽寺 録事尊 不明(9~10月頃) 地図

26.ジニア(9月~10月頃)

あしかがフラワーパークのジニア写真 あしかがフラワーパークのバラ園に咲くジニア(たぶん)

栃木県で百日草(ジニア)の名所ですが、調べても明確に記載されている情報は無さそうです。

筆者が来訪して見つけたのは、足利市「あしかがフラワーパーク」。バラ園のバラにまぎれてジニアが咲いていますが解説や名札もなく、園内に置かれている花ブックに写真が記載されているのみとなっています。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 不明(9~10月頃) 地図

10月が見頃の花

27.サルビア(9月下旬~10月中旬)

那須フラワーワールドのサルビア写真 那須フラワーワールドに一面咲くブルーサルビア

栃木県では県北の「那須フラワーワールド」でブルーサルビアが秋の名物になっています。

白河エリアなどから車で行ける「那須フラワーワールド」は、那須連山をバックにブルーサルビアが一面に咲きほこる雄大な景色が魅力。ケイトウと同時期に見れる9月下旬あたりがねらい目です。

場所 名称 時期 本数 地図
那須町 那須フラワーワールド 9月下旬~10月中旬 3万本 地図

28.コスモス(9月下旬~10月下旬)

あしかがフラワーパークのコスモス写真 あしかがフラワーパークの一画に少し咲くコスモス花壇

栃木県ではコスモスの名所がいくつかあります。

高根沢町「鬼怒グリーンパーク」では、鬼怒川の東側にある「宝積寺エリア」にコスモスが咲きます。10月上旬~10月中旬に「コスモスまつり」が開催されて、太鼓演奏やコスモス無料摘み取りなどが行われます。

真岡鉄道から徒歩だと30分以上はかかる益子町「生田目地区」でも、10月上旬~10月中旬にかけて「コスモス祭り」が開催されます。

壬生町「とちぎわんぱく公園」の園内にある「ぱなぱなのまち」西側に、コスモスが7500㎡の敷地でピンクや白の花を咲かせます。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 もめん弥 花之江の郷 9月下旬~10月中旬 地図
高根沢町 鬼怒グリーンパーク 10月上旬~10月下旬 3ヘクタール 地図
益子町 益子生田目地区 10月上旬~10月中旬 10ヘクタール 地図
壬生町 とちぎわんぱく公園 10月中旬~10月下旬 25万本 地図

29.ススキ(10月上旬~10月中旬)

戦場ヶ原のススキ写真 道路沿いから撮影した10月上旬の戦場ヶ原のススキ

栃木県でススキといえば、日光市にある「戦場ヶ原」が北関東屈指の名所。

日光国立公園内にある奥日光の「戦場ヶ原」は、標高1400mに400ヘクタールの広さを持つ高層湿原。見頃は1ヶ月弱と短いですが、紅葉で色づく山々にススキの大草原が広がる絶景で歩道も整備されています。冬並みの寒さでトイレが少ないなどに注意。

場所 名称 時期 本数 地図
日光市 戦場ヶ原 10月上旬~10月中旬 地図

30.コキア(10月上旬~10月下旬)

栃木県では小規模ながらコキアの名所として小山市「桜の里間中」が地元ニュースになります。

小山駅の南西の「新間中橋」の西側に「桜の里間中」という遊休地があり、10月になるとコキアが赤く色づきます。地元の住民組織「桜の里間中」の手により、もともとはコスモスを植えていた場所に夏と秋でも楽しめる名物としてコキアを植え替えたもの。

場所 名称 時期 本数 地図
小山市 桜の里間中 10月上旬~10月下旬 650本 地図

31.秋バラ(10月上旬~11月中旬)

あしかがフラワーパークの秋バラ写真 あしかがフラワーパークでレストラン近くのバラ

栃木県ではバラ園がいくつかあり、楽しめるのは春と秋の2回。

真岡市「井頭(いがしら)公園」は1万人プールなどがある中でバラ園もあり、290品種のバラを見ることができます。

足利市で色々な花を楽しめる「あしかがフラワーパーク」のローズガーデンや、岩舟町「とちぎ花センター」のバラ園でも、バラを楽しむことができます。

そして、標高600mほどによる寒さから開花時期が遅い那須町「那須フラワーワールド」でも、バラを見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
真岡市 井頭公園 10月上旬~10月中旬 2,100株 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 10月上旬~11月上旬 2,500株 地図
岩舟町 とちぎ花センター バラ園 10月上旬~11月上旬 地図
那須町 那須フラワーワールド 10月下旬~11月中旬 地図

32.アメジストセージ(10月上旬~11月下旬)

あしかがフラワーパークのアメジストセージ写真 あしかがフラワーパークに一面咲くアメジストセージ

ラベンダーやブルーサルビアにも似た、細くて上向きに伸びた花を咲かせるセージ類。

栃木県では足利市「あしかがフラワーパーク」の秋を彩るメインの花のひとつとして、アメジストセージとローズリーフセージが園内各所を紫色に染めます。秋のバラなど他の花とのコラボも楽しめて、園内にキレイに区画されて咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 10月上旬~11月下旬 地図

11月が見頃の花

33.紅葉(10月中旬~11月下旬)

太平山の紅葉写真 太平山の太平山神社への石段から見下ろす紅葉の山門

栃木県の紅葉の名所100選は、日光市「日光」と栃木市「太平山」の2か所。

日光も中禅寺湖を中心として広く紅葉を楽しめて、9月下旬から「戦場ヶ原」、10月上旬から「竜頭ノ滝」「湯ノ湖畔」、10月中旬から「中禅寺湖」「いろは坂」と順次見頃を迎え、ふもとの「日光東照宮」付近は11月上旬まで紅葉を楽しめます。

日光鬼怒川へと続く「日塩(にちえん)もみじライン」は、ドライブしながら道路沿いのモミジなどを楽しめる28.5kmの有料道路。途中の滝散策や富士見台からの展望も楽しい標高1,000mを超える高原地ですが、紅葉時期は大渋滞すると言われています。

栃木駅から西に約5km、バスで行って石段を登るかマイカーで行く「太平山」が紅葉の名所。石段の先にある山頂近くの「太平山神社」「謙信平」の茶屋一帯400mがモミジの赤に染まり、展望地付近から関東平野を見下ろすのも魅力。

場所 名称 時期 本数 地図
日光市 日光 中禅寺湖湖畔・華厳の滝 10月中旬~10月下旬 地図
日光市 日光 東照宮 [紅葉100選] 10月下旬~11月上旬 地図
日光市 日塩もみじライン 10月下旬~11月上旬 地図
栃木市 太平山(謙信平) [紅葉100選] 11月中旬~11月下旬 地図
リンク:ウォーカープラス 栃木県の紅葉の名所24か所一覧

34.イチョウ(11月上旬~11月中旬)

新大平下駅前のイチョウ写真 新大平下駅前から見える日立工場のイチョウ並木

栃木県ではイチョウの名所がいくつかあり、紅葉とあわせて散策が楽しい季節です。

栃木市の栃木駅から東武線で1駅の「新大平下駅前」の東口ロータリーからすぐ見える、日立工場のイチョウ並木。広場もあり特に柵などもなく出入りできる状態ですが、ルールを守って鑑賞すると良いです。

那須塩原市で黒磯駅から徒歩で行ける「那珂川河畔公園」は、紅葉の終盤時期からイチョウも色づきます。遠くに那須連峰が見える那珂川沿いの公園で、イチョウ並木は公園内にあります。

場所 名称 時期 本数 地図
那須塩原市 那珂川河畔公園 11月上旬~11月中旬 地図
栃木市 新大平下駅前 イチョウ並木 不明(11月頃) 地図

12月が見頃の花

35.メタセコイア(11月~12月頃)

栃木県では知名度こそ高くないものの、美しいメタセコイア並木のある「長岡公園」は知る人ぞ知る名スポットです。

東武宇都宮駅から北へ3kmほどに位置する「長岡公園」には、全国的にも珍しい石段の左右を彩るメタセコイア並木があります。緑の時期は公園内の長い階段を覆うほどになり、オレンジに色づく晩秋は見上げても見下ろしても美しい光景となります。

野木町の観光史跡スポット「野木町煉瓦窯」では、駐車場と煉瓦窯を隔てるメタセコイア並木があります。煉瓦窯を含めたメタセコイア並木の構図で撮影できる、秋色を感じさせるレンガの外観が素敵なスポットです。

場所 名称 時期 本数 地図
宇都宮市 長岡公園 不明(11~12月頃) 地図
野木町 野木町煉瓦窯 不明(11~12月頃) 地図

36.さざんか(11月~12月頃)

太平山神社のさざんか写真 太平山神社の本殿から街を見下ろす構図でさざんかを撮影

栃木県で山茶花(さざんか)の名所情報があまり出てこないです。

筆者が来訪して見つけたのは、栃木市の「太平山」の山頂付近にある「太平山神社」の本殿。街を見渡せる場所にさざんかが咲いており、秋には紅葉とともに見ることができます。

足利市「あしかがフラワーパーク」にも、垣根に白いさざんかが咲くとのことです。

場所 名称 時期 本数 地図
栃木市 太平山神社 不明(11~翌1月) 地図
足利市 あしかがフラワーパーク 不明(11~翌1月) 400株 地図

まとめ

あしかがフラワーパークの藤棚など見どころが沢山ある栃木県。

以上、栃木県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年5月4日 更新日:2020年4月8日)