栃木県のご当地グルメ29選!B級名物・郷土料理一覧

じゃがいも入り焼きそば

日光や那須などの観光地を持つ栃木県。どのようなグルメがあるかご存知でしょうか?

古くから小麦の生産地として小麦粉食の文化が色濃い北関東にて、焼きそばやラーメンなどの名物も色々ある土地柄です。

今回は、栃木県のご当地グルメを紹介していきます。

旅行先で立ち寄るお店をすぐに見つけられるよう、各グルメの提供店一覧と筆者おすすめ店も掲載しました!

栃木県のグルメ分布図

栃木県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

栃木県グルメ分布図


栃木県全域のグルメ1

まずは栃木県全域で食べられるグルメを紹介。

01.いちごスイーツ

いちごスイーツ写真 宇都宮「宮カフェ」のとちおとめジェラート

栃木県を代表する「とちおとめ」をはじめとした、苺(いちご)が名産の栃木県。販売だけでなく、いちごを使用した甘味も観光の定番グルメです。

パフェやケーキを筆頭に、あんみつ、パンケーキ、いちごサンド、ピザなど様々。ドリンクのスムージーや、とちおとめジェラートもあります。

いちごは通年食べられますが冬が旬で、とちおとめは11月頃から流通するそう。宇都宮をはじめとして那須、小山などJR東北本線の沿線に提供店が多いです。

宇都宮のいちごサンドが話題みたい。いちごの香りたっぷりのジェラートが美味しく、他にも色々なスイーツに目移りしてしまいそう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供8店舗まとめ記事
[店分布] 県内に数十店舗
[おすすめ店] 宮カフェ – 宇都宮の観光ショップ内カフェでとちおとめスイーツ

02.しもつかれ

鮭の頭、大豆、根菜などを細切れや大根おろし器で細かくして、酒粕を入れて煮込んだ料理。栃木県を代表する伝統的な郷土料理です。

栃木県で初午(立春後の午の日)に作る文化があり、7軒のしもつかれを食べると病気にならないなどの言い伝えもあります。

調味料を用いないのが一般的ですが、酢を入れるなどで味を調える地域も。余り物を有効活用する料理でもあり、北関東地方で広く食べられている料理とも言われます。

冷えた状態で食べることもあれば、温めることやご飯に乗せて食べることも。

森高千里の名曲で知った人も多い郷土料理(私も!)で、賛否分かれる味だとか。最近は抵抗感なく楽しめるよう工夫したお店も増えたそうです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供店舗一覧PDF
[店分布] 県サイト公表で県内に販売38店舗と飲食店7店舗、他多数
[おすすめ店] ゆず庵 – 道の駅レストランで和食と創作料理を楽しめる店

宇都宮市のグルメ

03.宇都宮餃子

宇都宮餃子写真 宇都宮の名店のひとつ「悟空」でジャンボ餃子と肉餃子

餃子消費量が全国1位の宇都宮。宇都宮餃子会に加盟する80店舗ほどに加えて、非加盟店や各家庭でも定番の食べ物です。

かつて宇都宮市の軍隊が中国出兵の際に餃子と出会い、帰国後に広めたのが由来。夏は暑く冬は寒い気候ゆえ、スタミナが付く餃子が人気に。

店舗によって具材や皮が異なり、ジャンボ餃子を扱うお店も多いです。焼き餃子だけでなく水餃子や揚げ餃子もあり、ご飯やビールを添えて。

大きめで具がたっぷり詰まった、焼き目カリッとした餃子!オーソドックスだからこそ美味しく、街中を歩くと餃子店をたくさん見かけます。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供店一覧サイト
[店分布] 宇都宮市72店舗、宇都宮市以外7店舗、県外にもあり
[おすすめ店] 悟空 – ジャンボ餃子などがある焼き目ある餃子の店

04.宇都宮カクテル

宇都宮カクテル写真 宇都宮アーケードの「カフェトラ」で自家製モスコミュール

宇都宮では様々なリキュールを組み合わせて作るお酒「カクテル」が名物で、バーの多い「カクテルの街・宇都宮」としてPRしています。

全国的にもバーテンダーの人数が多く、そのレベルと腕前は東京銀座に匹敵するほどと言われます。カクテル技能競技の全国大会における宇都宮の優勝者も多いとか。

屋外などイベントが行われることもあり、2008年から開催されている「宇都宮カクテルカーニバル」では演奏会などとともにカクテルを楽しめます。

宇都宮カクテル倶楽部が監修するお土産、贈答用のカクテルもあり、栃木名産のイチゴ「とちおとめ」を使用したダイキリなどのカクテルも売りのひとつです。

オーセンティック(本格派)バーだけでなく、普段着でも利用しやすいカジュアルなバーも。栃木観光の夜を締めくくるオシャレで至福なひとときを楽しめそう。(お酒は20歳になってから!)
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供32店舗一覧
[店分布] 市内で加盟店32店
[おすすめ店] 夢酒OGAWA – パイプのけむりの1号店となる宇都宮の老舗バー

05.宇都宮ハムカツ

宇都宮ハムカツ写真 宇都宮市街の蕎麦店「とちぎや」の厚切りハムカツ

超厚切りが特徴のご当地ハムカツ。超粗びきの豚肉を使用したハムを厚切りにして、衣を付けて揚げたハムのカツです。

宇都宮市にあるハムカツ製造業者「ハガフーズ」が2016年から本格販売を始めたことで、新たな宇都宮グルメとして蕎麦屋や居酒屋などで提供されるように。

肉本来の旨みを引き出せる超粗びき豚肉に、独自ブレンドのスパイスを加えて加工したハムです。

これ、結構おいしい!厚切りによる食感の豊かさとハムの味わいが口いっぱいに広がり、ボリュームたっぷり。蕎麦やお酒に添えたい一品です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 市内で加盟店32店
[おすすめ店] まげし とちぎや – 宇都宮アーケードで蕎麦とご当地料理

鹿沼市のグルメ

06.ニラそば

ニラそば写真 鹿沼市の老舗蕎麦店「佐野屋」で冷ざるのニラそば

鹿沼市ではニラが名産で、そのニラを蕎麦(そば)に乗せた「ニラそば」が鹿沼市で古くから食べられてきた郷土食です。

お店によって蕎麦の上にニラを乗せるタイプと、蕎麦とニラを絡ませたタイプがあります。通年食べられますが、ニラが甘くて柔らかくなる寒い冬の時期が旬です。

鹿沼市は関東でも有数の蕎麦産地で、寒暖が激しいことからコシが強く香りの高い蕎麦ができるとか。鹿沼産のそば粉を使用する蕎麦屋さんも多いです。

ニラと蕎麦の相性が良いという感じでもないですが、鹿沼の美味しい蕎麦の食べ方としてアリ。そのまま食べても、つゆにくぐらせてもOKです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供27店舗一覧
[店分布] 鹿沼市27店舗、市外にも提供店あり
[おすすめ店] 佐野屋 – ニラそばと温かいニラ玉そばのある蕎麦屋

日光市のグルメ

07.日光ゆば料理

日光湯葉写真 日光のイタリアン「食堂すゞき」で日光湯葉乗せパスタ

大豆で作った豆乳をじっくり煮て表面にできる薄い膜「ゆば」は、日光の代表的な郷土食。仏教とともに中国から伝来したため、古い門前町の日光に定着。

京都では「湯葉」と表記しますが、日光では「湯波」の表記が一般的。京都は膜の端から一重で引き上げるのに対し、日光は膜の中央から引き上げて二重になります。

二重ゆえに厚みがある歯ごたえが特徴。日光では料亭やレストランなど本格派の店もあれば、観光で立ち寄りやすい飲食店や湯波まんじゅうなどの散策グルメも。

柔らかくもコリッとした歯ごたえの厚みに、豆乳を連想させる甘くふんわりした味わい!気軽に食べるなら昼で、夜は高級なお店や宿泊での提供が主体です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供9店舗まとめ記事
[店分布] 市内に数十店舗
[おすすめ店] 食堂すゞき – 日光湯葉の前菜とパスタのあるイタリアン店

08.日光ゆば丼

前述の湯波(ゆば)は日光市街にて色々な食べ方で提供されていますが、特に観光として定番となっているのが「ゆば丼」です。

お店によって乗せる湯波の種類も様々で、柔らかい「くみ上げゆば」、湯葉をぐるぐる巻いた「たぐりゆば」、それを揚げた「揚げ巻ゆば」などを乗せます。

夜の提供店はきわめて少なく、お昼の観光でリーズナブルに食べる丼。取れる量が少ない湯波をたっぷり食べられるのが魅力です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供10店舗まとめ記事
[店分布] 市内に十数店舗
[おすすめ店] 堯心亭 – 夜は本格派精進料理で昼はゆば丼も

足利市のグルメ

09.ポテト入り焼きそば

ポテト入り焼きそば写真 鑁阿寺の境内にある「大日茶屋」のポテト入り焼きそば

一口大の蒸したジャガイモがゴロゴロと入っている、じゃがいも入りのソース焼きそば。足利市や群馬県桐生市など両毛地域で広く提供されています。

大正初期に両毛地域でよく採れたじゃがいもは醤油炒めで食べる文化で、地元のソース会社がソースをかける食べ方を新たに提案。戦後に焼きそばを入れ始めて定着。

明治28年に足利市で創業した月星食品の「月星ソース」が地元馴染みで、いまも「月星ソース」を使用した焼きそば店が多いのが足利市の特徴です。

栃木市では「じゃがいも入り焼きそば」という名前で提供されていますが、ソースの違いが足利市ならではの特徴とも言われています。

中太の焼きそば麺に適度な香りのソースが馴染んで、食べ応えのある美味しさ。ホクっとしたじゃがいももマッチして、ボリュームあるスローフードです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供27店舗マップPDF
[店分布] 市内に27店舗
[おすすめ店] 大日茶屋 – 国宝の鑁阿寺の敷地内にある食堂で焼きそばなど

10.ソースカツ丼

ソースカツ丼写真 足利フラワーパーク内「ウィステリア」のソースカツ丼

ソースカツ丼というと福井、駒ケ根、会津などが有名ですが、北関東では群馬県桐生市に次いで最近は足利もグルメとして推してきています。

お店にもよりますがロースではなくヒレを使うのが定番で、特製ソースを絡めたヒレの一口カツがキャベツ敷きの丼に乗ったソースカツ丼です。

濃厚で香りが強くも酸味がキツくないソースが美味しく、衣のサクッとした食感が豊かで旨い!シンプル具材ですが、ご飯が進むソースとヒレカツが魅力。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供8店舗一覧
[店分布] 市内に十数店舗ほど
[おすすめ店] 加茂川 – 植物アマランサスを衣に入れたソースカツ丼の老舗

11.足利シュウマイ

一般的な中華のシュウマイは豚ひき肉を使用して醤油を付けて食べますが、足利のシュウマイは豚ひき肉を使用せずソースで食べるのが特徴。

タマネギのみじん切りに片栗粉を入れて混ぜた白い具を、皮で包んで蒸した白いシュウマイ。戦後の屋台で生まれたものと言われます。

タマネギの甘みにソースの味わいがピッタリくるようで、地元ならではのスローフード感がいいものです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 市内で数店舗ほど
[おすすめ店] 勉強亭本店 – 足利シュウマイの代表的なお店となる大衆食堂

佐野市のグルメ

12.佐野ラーメン

佐野ラーメン写真 国道沿いのラーメン店「新斬」の佐野ラーメン

名水の街「佐野」で、鶏ガラや豚骨などをダシにした透明感のある醤油スープを特徴とする佐野ラーメン。

お店にもよりますが、竹を使用して体重で小麦粉を延ばして麺を打つ「青竹打ち」の平麺が一般的です。

200店舗を超えるとも言われ、昭和期にゴルフ客のクチコミで評判となり昭和63年に佐野らーめん会が登場するなど歴史は長いです。

喜多方ラーメンに近い味わいながら、名水ならではのスッキリとした醤油スープが佐野ならではの美味しさ。餃子も添えて食べるのがイチオシ。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供64店舗一覧
[店分布] 市内で数十店舗以上
[おすすめ店] 新斬 – 佐野市駅から近いラーメン屋さん

13.いもフライ

いもフライ写真 佐野厄除け大師の露店で購入したいもフライ

群馬から栃木にかけて広がる両毛地域、とりわけ佐野市の名物。油で揚げたジャガイモの串。

戦後に絹織物工場の女工相手に行商人がリヤカーで売り歩いたのが始まりで、今でもお祭りの屋台や地元商店で販売される定番のおやつです。

小麦粉やパン粉で衣を付けるなど店によって味付けが異なり、月星、マドロス、ミツハなど地元名物のソースを使うのが王道です。

揚げた表面にホクホクのじゃがいもは、佐野厄除け大師参拝の食べ歩きにも。ソースが馴染んでいい味わい!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供20店舗一覧&マップ
[店分布] 市内で20店舗以上
[おすすめ店] いもふらい 大しま – 1本70円で揚げたて提供のお店

14.耳うどん

佐野市の仙波町で江戸時代から食べられている、耳の形をしたうどんが入った汁物料理。短冊型に切ったうどんを丸めて耳の形を作り、濃いめの醤油味の汁で食べます。

具材はニンジン、しいたけ、鶏肉など。仙波地区ではお正月に食べる料理として、伊達巻などおせち料理の残りも具材として用いると言われています。

悪魔の耳を食べてしまえば家の話を悪魔に聞かれない「無病息災」、耳を食べてしまえば悪口が聞こえなくなり近所付き合いも円満になる、など厄除けの意味があります。

ユニークな形のうどんで濃いめの汁がしっかり馴染んでくれそう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 市内で数店舗ほど
[おすすめ店] 野村屋 – 佐野駅から近い蕎麦屋さんで食べる耳うどん

15.大根そば

宇都宮ハムカツ写真 宇都宮市街の蕎麦店「とちぎや」の大根そば

細長く千切りにした大根を冷たいもりそば(ざるそば)に乗せた、郷土食となる大根乗せの蕎麦。大根を生のまま乗せるか、蕎麦と一緒に茹でるかは店によります。

佐野市の郷土料理と言われており、佐野市を中心として県南の蕎麦屋の多くで提供されているメニューです。

明治時代に登場したと言われるもの。諸説ありますが、食料の少ない時代に蕎麦のボリュームを上げるために乗せたのが始まりと言われます。

また、細く長く白髪の生えるまでと長寿の縁起をかついで乗せたとも言われ、地元では年越しそばに乗せる文化も残っているそうです。

シャキシャキと軽快な食感で、蕎麦にみずみずしさを与える細切り大根は好印象!つゆにもピッタリ合い、満腹感と後味の良さで栃木県産の蕎麦が引き立ちます。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 市内で数店舗ほど、市外にも提供店あり
[おすすめ店] まげし とちぎや – 宇都宮でも食べられる大根そば

16.佐野餃子

佐野餃子写真 とちぎ祭りの出張販売「永華」でさのまるスープ餃子

佐野ラーメンを扱う中華そば店では、餃子も名物として扱われており佐野の味覚のひとつです。名店「永華餃子館」を筆頭に「匠屋」などの提供店があります。

そして「永華餃子館」では球状に包んだ「さのまる餃子」というオリジナル餃子もあり、焼き餃子、揚げ餃子、水餃子などでいただけます。

宇都宮ばかり注目されがちですが、県南では佐野の餃子もまたいいもの。スープ餃子はもっちりとした点心系で冬に温まり、味わいも良好!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 市内で十数店舗
[おすすめ店] 永華餃子館 – 焼き餃子だけでなく揚げ餃子と水餃子もある店

栃木市のグルメ

17.じゃがいも入り焼きそば

じゃがいも入り焼きそば写真 栃木駅近く「好古壱番館」でじゃがいも入り焼きそば

ジャガイモがゴロゴロと入っているソース焼きそば。足利市では「ポテト入り焼きそば」の名前で提供されており、両毛地域で広く普及しているスローフードです。

栃木市では焼きそばが普及する中で1950年代に登場したと言われており、同じく両毛地域の名物「いもフライ」を焼きそばに入れたのが由来と言われています。

足利市などと同じく「ふかしたじゃがいもを焼きそばに入れる」タイプと、栃木市ならではの「油で揚げたいもフライを焼きそばに入れる」タイプの2種類があります。

また、栃木市ではセイロで長時間蒸した二度ぶかしの焼きそば麺を使用する店が多いなどの特徴があります。

私が食べたお店は屋台系の細い麺で、スルスルと食べやすいオーソドックスな味。じゃがいもでボリュームもあって満足できます。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供19店舗一覧&マップ
[店分布] 市内に19店舗
[おすすめ店] 好古壱番館 – 大正レトロな建物内でじゃがいも入り焼きそば

18.だんご・焼き鳥・玉子焼

だんご・焼き鳥・玉子焼写真 太平山神社「亀家」の大きな玉子焼とタレの焼き鳥

栃木駅からバスで行ける太平山において、太平山神社の三大名物としてだんご、焼き鳥、玉子焼の3つが名物となっています。

太平山神社では五穀豊穣を願って米や鶏を奉納する文化があり、米で作る団子、鶏肉、鶏が産んだ卵による玉子焼を各茶屋で食べることができます。

単品でオーダーできて持ち帰りできるお店もある一方で、セットで一度に楽しめるお店もあり参拝やハイキングで楽しめるグルメです。

鶏肉が大きくて濃いめタレが馴染み、柔らかさと軽めの脂身がメチャクチャ美味しい!玉子焼きもプルッと弾力のある食感に、甘めの味付けで頬が落ちるほど旨い。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供10店舗一覧
[店分布] 太平山付近に10店舗
[おすすめ店] 亀家 – 太平山神社近くの展望地に建つ茶屋

高根沢町のグルメ

19.高根沢ちゃんぽん

四季折々の農産物を収穫できる高根沢(たかねざわ)町の野菜を主に使用した、野菜たっぷりの具材とスープを使用した麺料理。

高根沢町と長崎県雲仙市の「災害時における相互応援協定」の中で誕生し、麺はちゃんぽんの本場の長崎から取り寄せて使用。

野菜で色を付けた白濁とんこつベースのスープが特徴。最初に登場した緑色スープは高根沢産の小松菜ペーストと豆乳を使用したもの。

現在は、緑・赤・白・茶・橙・黄・春・桃の8種類あるとか。トマト、キムチ、コーンポタージュなど野菜を活用した見た目のインパクトもあるちゃんぽんです。

地元野菜を楽しむ素敵な食べ方で、まろやかスープに太いちゃんぽん麺をスルスルと。緑のスープは健康的な印象。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供2店舗一覧PDF
[店分布] 町内で2店舗
[おすすめ店] あづま食堂 – 丼や定食に高根沢ちゃんぽん

20.高根沢焼ちゃんぽん

農産物が豊富な高根沢町で、野菜たっぷりの「ちゃんぽん」だけでなくスープの無い焼き麺タイプの「焼ちゃんぽん」のほうが提供店が多いグルメです。

2015年にローソンと高根沢高校で共同開発した「高根沢にじいろ焼ちゃんぽん」をきっかけに、飲食店で提供するメニューとしてアレンジしたもの。

7種類以上の具材を使用し、高根沢産の野菜を最低1種類以上使用するのが「高根沢焼ちゃんぽん」を名乗る条件。緑色のタレを使用するお店が多いようです。

これも野菜たっぷりで楽しめる食べ応えあるメニュー。シャキシャキのもやしに野菜系のタレで食べるのが美味しそう!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供6店舗一覧PDF
[店分布] 町内で6店舗
[おすすめ店] ちょっ蔵食堂 – 定食や焼ちゃんぽんのある宝積寺駅前の食堂

21.高根沢米粉スイーツ

高根沢町は県内有数のお米の産地で「高根沢ローカルグルメ」として、高根沢ちゃんぽんとともに米粉を使用したスイーツやパンを色々な店舗で提供。

米粉を使用することで添加物を抑えたヘルシーさをひとつの売りとし、高根沢町産のお米や米粉を原料としたさまざまなスイーツを楽しめます。

食パン、フィナンシェ、ロールケーキ、ワッフル、団子、フォカッチャ、ケーキ、パイなど各店でこだわりの米粉の食べ物を味わうことができます。

美容が気になる女性にイチオシの米粉スイーツ!ロールケーキやジェラートが美味しそう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供10店舗一覧PDF
[店分布] 町内で10店舗ほど
[おすすめ店] 金齢堂 – 米粉ロールケーキのあるケーキ屋さん

さくら市のグルメ

22.氏家うどん

県央のさくら市の氏家地区は小麦の産地で、小麦ブランド「イワイノダイチ」を使用したうどんを「氏家うどん」として地産地消キャンペーンのご当地グルメに。

固すぎず柔らかすぎず、適度に粘る中力粉「イワイノダイチ」はうどんに適した小麦粉で、太めに打つお店が多いです。

小麦を丸ごと挽いた地粉で打つことで白色ではなく灰色に近い色合いとなり、小麦の香りと素朴さを特徴とした田舎風うどんです。

埼玉県のうどんを彷彿とさせる武骨な田舎うどんは、手打ちでゴワゴワとした太さで噛み応えがありそう。つけ汁でスルスルと食べていきたいうどんです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供14店舗一覧
[店分布] 市内で14店舗ほど
[おすすめ店] 勝山 – ラーメン、うどんなどがある和食処

矢板市のグルメ

23.矢高あっぷるカレー

矢板(やいた)市はリンゴの産地で、カレールーにリンゴを使用したカレーライスが矢板の名物に。煮リンゴやリンゴ素揚げをトッピングに乗せる店もあります。

2005年に矢板市の飲食店で「カレーの街やいた推進店会」を結成し、カレーライスを各飲食店で提供したのが始まり。今も各飲食店で提供されています。

地元の高校生がレシピを考案したもので、矢板の高校ということで「矢高(やこう)あっぷるカレー」という名前になったとか。

カレールーにリンゴは定番の隠し味で、トッピングにもリンゴを使用するお店のカレーが美味しそう!酸味を抑えた仕上がりでだとか。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供5店舗一覧
[店分布] 市内で飲食店5店舗とレトルト販売21店舗
[おすすめ店] 万留家 – 矢板でラーメンやカレーを楽しめる食堂

那珂川町のグルメ

24.八溝ししまる

県の東部にある那珂川(なかがわ)町ではジビエ(獣肉)料理として、イノシシ肉を「八溝ししまる」と地元ブランド化したご当地の肉料理。

那珂川町には獣害対策としてイノシシ肉加工施設が作られたことから、加工したイノシシ肉を観光のグルメとして提供開始。

豊富な山の幸を食べて八溝の野山を駆け回ったイノシシは肉質が良く、この肉を各飲食店や馬頭温泉郷の旅館のこだわり調理で楽しめます。

しし鍋、焼肉、串焼き、メンチ、南蛮そば、ソーセージなど、食べ方は様々。

山間部で最近増えてきたジビエ料理の中でも、豚に近い素材として楽しめるイノシシ肉。旅館の夕食でゆったり食べてみたい一品です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供39店舗一覧
[店分布] 町内で39店舗ほど
[おすすめ店] 宵い酔処 山川屋 – 蕎麦、しし鍋、しし餃子のある和食処

那須塩原市のグルメ

25.スープ入り焼きそば

塩原温泉で50年以上と古くから食べられている、ラーメンの見た目で提供される「スープ入り焼きそば」。

ソースで炒めた焼きそばを丼ぶりに入れて、醤油味のラーメンスープを入れるもの。醤油味が次第にソース味と合わさって味が変化していくのが特徴です。

焼きそばとして炒めたキャベツ、ネギ、豚肉などが具材となり、紅しょうがやナルトを乗せるお店もあります。

焼きそばソースの酸味と味わいは醤油スープと合うのかな?想像つかないですが一度は食べてみたいグルメです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供4店舗一覧
[店分布] 市内で数店舗ほど
[おすすめ店] こばや食堂 – スープ入り焼きそばの代表店でシンプル具材

26.とて焼き

カステラ系生地をクレープのようにして果物や料理を包んだ、那須塩原温泉のご当地グルメ。かつてトテ馬車に使われていたラッパの形を模したグルメです。

クレープというよりは、どら焼きに近い味わい。那須塩原市産の牛乳と卵を使用した、厚みある生地が特徴です。

包む具材はイチゴを筆頭としたフルーツに生クリームや小豆餡の入ったデザート系と、焼きそば、日本そば、お寿司などの食事系まで各店舗で幅広い内容。

温泉街で片手に散策するクレープっぽいグルメ。イチゴに生クリームのとて焼きが美味しそう!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供12店舗一覧
[店分布] 市内で12店舗ほど
[おすすめ店] 藤屋 – デザート系とて焼きのある果物系カフェ

27.しもつカレー

栃木県の郷土料理「しもつかれ」の食材を使用した、那須塩原温泉のご当地グルメ。

豆類、大根、人参、鮭の頭、酒粕を使用する「しもつかれ」をモチーフに、ニンジンや豆類を使用したご当地カレーです。

カレーライス、スープカレー、グリーンカレーなどお店によって味付けは異なり、カレーうどん、カレー蕎麦、カレーパスタなどで提供するお店も。

普通のカレーライスとどこまで違うのか気になる一品。スパイスにこだわるカレーを提供するお店もあって、カレー好きなら頼むのもアリです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供3店舗一覧
[店分布] 市内で数店舗ほど
[おすすめ店] 栄太楼 – 和菓子店でつけカレーうどんやカレーラーメンを

那須町のグルメ

28.那須のすいとん

那須のすいとん写真 那須で餅料理が名物の「茶屋 卯三郎」のすいとん

那須町では古くから「すいとん」を食べる文化があり、ご当地グルメ「那須のすいとん」として飲食店で提供されるようになったもの。

小麦粉を大きい団子状にまるめて、ニンジン、大根、こんにゃく、揚げ、シイタケなどを入れて煮込んだ料理。醤油ベースや味噌ベースが基本です。

1820年頃に黒羽藩主の大関増業(おおせきますなり)の姫が病気になり、食事ができなくなった姫に米の団子を白湯に入れて食べさせたのが始まりとか。

那須町「那須のすいとん」では創作系すいとんの提供店もあり、トマトスープやミルク仕立てで独特な具材を用いたすいとんも食べることができます。

味噌仕立てのすいとんは豚汁を思わせる具材と味で、冬場に美味しい料理!もっちりとした団子は甘くも淡泊ゆえに汁や具材と合って、食べ応えもしっかり。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供5店舗まとめ記事
[店分布] 町内で数店舗ほど
[おすすめ店] 茶屋 卯三郎 – 餅が評判でおこわ付きのすいとんも魅力の店

栃木県全域のグルメ2

29.モロフライ

栃木県では鮫(さめ)を食べる文化があり、特にサメのフライを「モロフライ」と呼び栃木県の名物として食卓にあがる郷土食です。

サメは体内尿素により腐敗が起きにくく保存がききやすいことから、海の無い栃木県で古くから定着しているタンパク源の魚として重宝されたもの。

栃木県では気仙沼など東北から運搬されたネズミザメを「もろ」と呼び、那須塩原などでは茨城県から運搬されたサメを「さがんぼ」と呼ぶようになったとか。

衣を付けて揚げるフライを中心として、刺身や煮つけなどで食べることもある魚です。

肉より魚に寄った白身魚と言える身と味わいで、白身魚フライを感じさせるモロフライ。海無し県の名物として全国で見られるサメ料理です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 不明、県内に数店舗
[おすすめ店] なすび食堂 – モロフライ、モロかつ丼などがある栃木市の店

まとめ

小麦粉文化を感じさせるソウルフードに恵まれている栃木県。宇都宮の餃子を筆頭に色々なグルメを楽しめる魅力の県です。

県南の足利市、佐野市、栃木市でじゃがいものスローフードや大根そばなど大衆的な素材で楽しむグルメが豊富。日光や那須もグルメの宝庫です。

以上、栃木県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年6月1日 更新日:2019年10月20日)