青森県のご当地グルメ24選!B級名物・郷土料理一覧

深浦のマグロ

東北の最北端で津軽半島と下北半島を有する、海の幸が豊富な青森県。

ホタテ、イカなどが漁獲できる津軽海峡から陸奥湾まで港が豊富。マグロも大間から深浦まで色々な地で名物となっています。

今回は海の幸を中心に、青森県のご当地グルメを紹介していきます。

青森県のグルメ分布図

青森県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

青森県グルメ分布図


県全域のグルメ

まずは特定の市町村ではなく県全域のグルメを紹介します。

01.貝焼き味噌

貝焼き味噌写真 閉店してしまった弘前市「ライブハウス山唄」の貝焼き味噌

ホタテガイの貝殻で具材と味噌を煮込んで、とき卵でとじて仕上げた料理。貝焼きと書いて「かやき」と読みます。

ホタテを入れた「ホタテ貝焼き味噌」として用意されることも多く、津軽地方と下北地方で具材や作り方が異なります。

江戸時代に陸奥湾の漁師が鍋の代わりにホタテ貝殻を使用したのが始まりとされており、現在でも陸奥湾のホタテガイが主に使用されます。

02.じゃっぱ汁

じゃっぱ汁写真 閉店してしまった弘前市「ライブハウス山唄」の貝焼き味噌

鱈(タラ)のアラと野菜などの具材を煮込んで、味噌などで味付けした汁物料理。青森の方言で、頭や内臓そして身の付いた骨のアラを「じゃっぱ」と呼びます。

青森の冬ならでは味覚として、体が温まる料理。特に年越しの時期に食べられる郷土料理として、古くから親しまれています。

陸奥(むつ)湾で採れる鱈を主に使用し、大根、ニンジン、ネギなどの野菜類が入ります。鮭を入れる場合もあり、家庭や店により味噌ではなく塩で味付けすることもあります。

提供店一覧 提供16店舗マップ(青森県農林水産部総合販売戦略課サイト)
提供店分布 不明、青森県に広く分布
筆者おすすめ店 西むら アスパム店 – 貝焼き味噌など郷土料理と魚が旨い定番の店

03.りんご

りんご写真 青森駅付近のジェラート屋「ナチュレドゥーエ」のりんご味

りんごの生産量でダントツの日本一を誇る青森県。県の40%の生産は弘前市で、他にも青森市、平川市、黒石市など県内全域の名産です。

青森生まれの早生りんご「つがる」は8月を皮切りに9~10月を中心に出回り、酸味が弱くて甘みが強いのが特徴。

他にもサンふじ、サン陸奥、ひろさきふじ、など色々な品種を楽しめます。

県西、津軽半島のグルメ

青森県の西側半分を占める津軽半島で広く食べられているグルメを紹介。

04.けの汁


津軽地方で古くから親しまれてきた、山菜入りが特徴の味噌汁。「粥(かゆ)の汁」が訛ったのが名前の由来で、七草粥の代わりとして小正月に食べる郷土料理でもあります。

以下のような具材が用いられます。
 ・大根、人参、ごぼうなどの根菜類
 ・フキ、ワラビなどの山菜類
 ・刻んだ油揚げ、凍み豆腐、潰した大豆などの大豆製品

基本は味噌で味付けして、醤油で味をととのえる場合も。素朴な味わいです。

提供店一覧 提供9店舗一覧(津軽けの汁保存会)
提供店分布 不明、津軽半島に広く分布
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:菊富士 本店

青森市のグルメ

新幹線の駅と港を有する、青森県で一番の人口を誇る青森市。

05.青森生姜味噌おでん


生姜味噌ダレをかけて食べる、青森県ならではのおでん料理。青森市をメインエリアとして、津軽地方などで広く食べられています。

主に赤味噌(津軽味噌)を使用。味噌、酒、みりん、ダシ汁を混ぜて煮たてたトロみのある汁に、仕上げとして生姜おろしを混ぜたタレをおでんにかけます。

具材は練り物、大根、こんにゃくなど一般的ですが、地元産の細長いタケノコとつぶ貝を入れる傾向にあります。

昭和20年代に青森駅付近の屋台で提供されていたのが起源で、青函連絡船に乗る船客の体を温めるために生姜を入れたのが由来とされています。

提供店一覧 提供18店舗一覧とマップ(青森おでんの会)
提供店分布 認定店は市内18店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:なら屋

06.味噌カレー牛乳ラーメン

牛乳ラーメン写真 青森駅近く「味の札幌浅利」の味噌カレー牛乳ラーメン

スープにカレー粉と牛乳が溶け入った味噌ラーメン。もやし、バター、ワカメなどの具材が入って縮れ麺を使用するお店が多いです。

1968年に青森市で開店した「味の札幌」の店主が模索して作り上げたメニューです。

店主亡き後も弟子が暖簾分けで受け継いで青森市に5店舗をほどを有します。

黒石市のグルメ

古い街並みを有する黒石(くろいし)市。

07.黒石つゆ焼きそば

黒石つゆ焼きそば写真 新青森駅1階飲食店街「黒石や」のつゆ焼きそば

太麺に甘辛いソースの「黒石焼きそば」から派生し、黒石やきそばの上から和風ダシをかけて揚げ玉とネギをトッピングした新グルメ。

黒石市内の太平麺を使用し、豚バラ肉、キャベツ、玉ねぎを使用してウスターソースで味付けするのが現在の黒石焼きそばの定義です。

最近では和風ダシではなくラーメンスープや塩つゆ焼きそばなども登場しています。

五所川原市のグルメ

津軽半島に街を有する五所川原(ごしょがわら)市。飛び地合併で十三湖を有する市です。

08.しじみ料理、しじみラーメン

しじみラーメン写真 津軽半島「十三湖本家しじみらーめん」のしじみラーメン

津軽半島の十三湖は、島根の宍道湖と並ぶ日本屈指のシジミ貝の産地。天然の大和シジミは漁獲制限をしつつ食用で楽しめます。

しじみ丼、しじみ汁などがありますが、定番は十三湖付近だけでなく五所川原駅や青森市でも楽しめるしじみラーメンです。

鯵ヶ沢町(西津軽郡)のグルメ

五所川原からJR五能線で秋田県へと向かう途中にある、日本海に面した鯵ヶ沢(あじがさわ)町。

09.チキンボー


薄く延ばした鶏肉を棒に刺して、油でカラリと揚げた鰺ヶ沢町のソウルフード。

注文を受けてから揚げるお店も多く、塩や胡椒の味付けの上にマヨネーズをつけて食べるのが定番。電車待ちの学生や、ビールのおつまみに添える大人など幅広く支持されています。

駅近くのタコ焼き屋さん「西海」「フクイ」の2店舗で扱われており、地元ではどっち派なのかで会話が盛り上がるとか。

提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 おそらく西海、フクイの2店舗のみ
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:たこやき西海

深浦町(西津軽郡)のグルメ

同じくJR五能線沿いにあり、白神山地の十二湖がある深浦(ふかうら)町。

10.深浦まぐろステーキ丼

深浦まぐろステーキ丼写真 アオーネ白神敷地内「アカショウビン」のまぐろステーキ

水揚げ高では大間町より優れている深浦町にて2013年デビューしたマグロのご当地グルメ。

深浦町産の天然本マグロをジンギスカン鍋で焼いてから丼に乗せて食べる、マグロ丼です。

しっかり焼くだけでなく、片面焼きや刺身でも楽しめるマグロ。3種類の小どんぶりや汁物もセットになっています。

【提供店一覧】 深浦マグロ料理推進協議会 店舗一覧
【店舗分布】 町内7店舗

県東、下北半島のグルメ

11.いかのすし

https://twitter.com/parubona/status/827535585690554368
下北地域の郷土料理として、スーパーなどで売られている「いかのすし」。

茹でたイカの胴体部分に具材を入れたもので、輪切りにして食べるのが一般的。酢や塩で味付けしたキャベツ、ニンジン、生姜などが具材として用いられ、イカの足も入っています。

キャベツの緑色とイカのピンク色が鮮やかで、お祝いの場などで食べることも。漬物や総菜の感覚で、お酒にも合う料理とされています。

提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 不明、基本は持ち帰り購入
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:ふかうら本舗

12.ひっつみ


お椀の醤油仕立てのダシ汁のお椀に、練った小麦粉の団子を入れて食べる郷土料理。団子をひきちぎって入れる方言が名前の由来です。

岩手県の名物として有名ですが、南部地方で広く食べられている郷土料理として八戸や三戸地方でも名物となっています。

ネギ、しいたけ、しめじなどの具材に加えて、山間部では肉、海側では魚介類を入れるのが定番。七戸町では「長芋すいとん」として長芋を入れます。

提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 不明、県内に数店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:SAN・SUN産直ひろば

13.けいらん


もち米生地で小豆餡を包んだ団子を、お椀のダシ汁に入れて食べる郷土料理。団子が卵形で中に餡が入っていることから、鶏卵(けいらん)に似ていることが名前の由来です。

もとは京都の料理として南部藩に伝わったそうで、現在では県東の下北半島から南部地方まで広く分布。精進料理、法事、お祝い事の料理としても食べられています。

ダシ汁は昆布やしいたけの戻し汁を用いて、醤油などで味を調えるのが一般的です。

提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 不明、下北半島から南部地方まで広く分布
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:レストラン絵馬

むつ市のグルメ

14.大湊海自カレー


大湊の海上自衛隊にて航海中に食べるカレーライス10種類を、2017年6月に「むつ市のご当地カレー」として国が認定して各飲食店で提供開始。

海上自衛隊では艦内で長い期間過ごすときに曜日感覚を失わないよう、毎週金曜日にカレーライスを食べる習慣があります。

大湊基地所属の艦艇は10種類。それぞれの艦ごとに独自のカレーが提供されており、その各レシピを1店舗1種類として市内の飲食店でも食べられるようになりました。

りんご、チキン、ビーフ、欧風、ポーク、キーマ、などバリエーション豊富な10種類。

提供店一覧 提供10店舗一覧(むつ市役所本庁舎サイト)
提供店分布 むつ市内10店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:食堂ぽわ~る亭

15.大湊海軍コロッケ

https://twitter.com/dajareking/status/920216631116099584
大湊海軍レシピを再現し、下北半島の海の幸と山の幸が豊富に入ったコロッケ。

黒毛和牛、ホタテ、ニンニク、チーズ、カレーなど、各店舗それぞれで特徴ある具材を利用。食べ歩き販売店だけでなく、フレンチや居酒屋など飲食店でも扱っています。

明治時代にむつ市大湊の旧日本海軍部隊で誕生したと言われ、当時の海軍料理本「海軍割烹術参考書」にも記載があります。

そのレシピを2003年に再現し、2008年に認定店方式を取ってブランド化して今に至ります。

提供店一覧 提供13店舗一覧(大湊海軍コロッケ普及会)
提供店分布 むつ市内11店舗、横浜町1店舗、東通村1店舗、他にも非認定店あり
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:居酒屋 伝ちゃん

下北郡のグルメ

マグロで有名な大間(おおま)町、下風呂温泉を有する風間浦(かざまうら)村、そして東通村、佐井村の4つをまとめた下北(しもきた)郡。

16.大間まぐろ

大間まぐろ写真 夜は静かな大間港にある「福寿司」のまぐろ丼

平均100kg前後の巨大なクロマグロ(本マグロ)を一本釣りする、大間のマグロ。津軽海峡で水揚げされる天然のマグロです。

2003年には史上最高値の1匹約1億5千万を付けたこともあり、2007年に登録商標化されて通し番号シールで漁獲船が厳密に管理されています。

17.活イカ

活イカ写真 風間浦村の下風呂温泉地「あさの食堂」のイカ活造り

300匹ほどのイカを活かしたまま備蓄できる「活イカ備蓄センター」を有する風間浦村。

下風呂温泉エリアを中心としてイカ料理を出してくれる食堂があり、春はヤリイカ、夏と秋はスルメイカを楽しむことができます。

三沢市のグルメ

18.三沢ほっき丼


全国でも有数のホッキ貝の漁場、三沢市。冬の代表的な味覚として、漁解禁の12月から翌3月までの期間に漁獲されます。

甘みと旨みをたっぷり含んだジューシーさと、豊かな歯ごたえが特徴。そのホッキ貝をご当地グルメとして開発し、2012年に登場したのが冬限定「三沢ほっき丼」です。

三沢ほっき貝を使用して丼ぶり提供することだけが条件で、各店舗それぞれで味付けは自由。刺身丼を中心としつつ、ビビンバ風、ソース焼きそば風など変わり種のお店も。

また、店舗によってホッキカレーやバター焼きなど丼以外のメニューも用意されています。

提供店一覧 提供27店舗一覧(三沢市観光協会サイト)
提供店分布 市内30店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:青森割烹 久庵

八戸市のグルメ

19.せんべい汁

https://twitter.com/8gyosai/status/1065739950946115584
南部地方名物の南部煎餅をメイン具材として用いた汁料理。肉、魚、野菜などで取ったダシに醤油ベースなどで味付けした汁で、お椀の汁物や鍋として食べます。

せんべい汁用に焼き上げた南部煎餅が用いられ、ダシを吸って柔らかくなりつつも歯ごたえのある食感が特徴。手で割って汁に入れるのが一般的です。

具材は鶏肉、豚肉、ごぼう、きのこ、ネギなどが使用されます。

提供店一覧 提供190店舗一覧(八戸せんべい汁研究所)
提供店分布 八戸市内135店舗、青森県内12店舗、県外11店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:さめ八

20.八戸ばくだん

イカ水揚げ高日本一を誇る八戸。八戸港には、夏から秋にかけて全国からイカ釣りの漁船が集まります。

その八戸で水揚げされたイカを用いた「八戸ばくだん」は、美味しさが口の中が爆発することから命名されたご当地どんぶりです。

イカを賽の目状に刻んで醤油ダレに漬け込み、青森県産のイクラや卵黄を乗せた丼。醤油ダレは各店舗オリジナルで、田子産にんにくと生姜を使用したパンチのある味わいです。

提供店一覧 提供10店舗一覧(青森県農林水産部総合販売戦略課)
提供店分布 市内10店舗
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:七味家

21.八戸前沖さば、八戸銀サバづけ丼


三陸沖以北の日本近海で漁獲されて、八戸港で水揚げされたブランド鯖「八戸前沖さば」。

冷たい海流で育つことから、日本で一番脂が乗ったサバとも言われます。漁場から港まで近いことによる新鮮さも売りのひとつです。

刺身などに加えて、八戸銀サバづけ丼もご当地グルメとして存在。特に、全国どんぶり選手権グランプリで2016年、2017年に優勝した「八戸銀サバトロづけ丼」もあります。

提供店一覧 八戸前沖さば・提供14店舗一覧(8saba.com)
提供店分布 不明
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:魚食家きんき

22.いちご煮

お椀に盛られた、ウニとアワビのお吸い物。ウニの卵巣とわずかに濁るダシ汁が、朝露のなかの野いちごのように見えることから「いちご煮」と名付けられました。

缶詰のお土産として青森県や岩手県で広く販売されていますが、もともとウニとアワビが豊富に採れた八戸市などの漁師メシが由来。

現在はお祝い事や正月に食べられる郷土料理ですが、八戸市の飲食店で提供するお店もあります。

提供店一覧 提供4店舗一覧(favyまとめ記事)
提供店分布 不明
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:ほこるや

五戸町のグルメ

23.義経鍋、馬肉料理


馬肉料理が盛んな五戸町。馬とともに暮らす文化が根強い南部地方の中でも、馬の仲買人が多い町として明治時代から馬肉鍋を食べられてきました。

精肉店で馬肉を扱うだけでなく精肉店直営や提携の飲食店もあり、馬刺し、焼肉、しゃぶしゃぶなどの食べ方で楽しめます。

さらに、鍋と鉄板を合体させた兜形の鍋で食べる、五戸の名物「義経鍋」も。野菜類を鍋で煮込みつつ鉄板で馬肉を焼いて食べる独特なスタイルです。

提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 不明(ささ木、尾形、たかはし、はな、りんごの花など)
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:桜なべ たかはし

十和田市のグルメ

24.十和田バラ焼き


醤油ベースの甘辛いタレで下味をつけた牛バラ肉と大量のタマネギを、鉄板で焼いて食べる焼肉料理。タレが熱で蒸発する豪快な音も魅力の一品です。

発祥自体は青森県三沢市の屋台。戦後に三沢の米軍基地で不要な部位として牛バラ肉が払い下げられており、バラ肉を美味しく食べられるよう工夫したのが由来。

十和田にも伝わり、古くから十和田市でバラ焼きと呼ばれて親しまれています。

基本は牛肉とタマネギのみですが、ピーマン、ニンジン、キャベツ、もやしなどを入れるお店もあります。

提供店一覧 提供69店舗マップ(Googleマイマップ)
提供店分布 十和田市に80店舗以上
筆者おすすめ店 未確認 → 気になるお店:司バラ焼き大衆食堂

筆者のおすすめ

大間まぐろはブランド化で高値になりすぎて地元に卸されないのか、正直に現地で食べて特別美味しいとは感じず。むしろ深浦のマグロのほうが旨みと味わいがしっかりしているように感じます。

塩気がありダシの旨みも感じる貝焼き味噌も美味しくてオススメ。あとは北海道のカレーラーメンも濃厚で美味しいですが、青森市の味噌カレー牛乳ラーメンもマイルドで美味しいです。

まとめ

マグロ、ホタテ、イカなど魚介類を楽しめる青森県。
しじみラーメン、味噌カレー牛乳ラーメン、黒石焼きそば、黒石つゆ焼きそばなどの麺類も楽しめる土地柄です。

以上、青森県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年1月6日 更新日:2019年1月5日)