群馬県の花畑4品種6スポット!見頃と名所を案内

群馬県の花特集

都心から日帰りで楽しめつつも車での来訪が必須の場所も多い、群馬県の花スポット。

県内各地に花の名所があり、前橋などの都市部から自然豊かな山間部まで色々な名所を楽しむことができます。

今回は、群馬県の花を紹介します。

6月が見頃の花

01.あじさい(6月中旬~7月上旬)

群馬県では各市町村それぞれにあじさいの名所があり、県内17か所ほどと豊富です。

ネギとこんにゃくで有名な下仁田町にある「下仁田あじさい園」は、園内ガイドもいる関東でも有数のあじさい名所。畑の脇から高台へとのぼって眼下の街を見下ろせて、地元の住民が栽培するあじさいを楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
下仁田町 下仁田あじさい園 6月中旬~7月上旬 20,000株 地図
リンク:We Love 群馬 あじさい名所17か所

02.花しょうぶ(6月上旬~6月下旬)

群馬県で菖蒲(しょうぶ)の名所といえば、伊勢崎市の「赤堀花しょうぶ園」。

国指定史跡「女堀」の史跡の保存と活用のために、水路の跡に花しょうぶを植えた名所。6月中旬には赤堀花しょうぶ園まつりが開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
伊勢崎市 赤堀花しょうぶ園 6月上旬~6月下旬 24,000株 地図

7月が見頃の花

03.ゆり(名所なし)

群馬県のゆりの名所は閉園してしまい、2019年現在、ゆりを楽しめるスポットは無さそうです。

片品村にある「尾瀬岩鞍ゆり園」は2017年で閉園し、太田市の「太田吉沢ゆりの里」も2018年で閉園したと公式サイトに記載されています。

嬬恋村の「嬬恋・鹿沢ゆり園」も2017年を最終年として閉園したという来訪者の情報がネットに載っています。

8月が見頃の花

04.ひまわり(7月下旬~10月中旬)

群馬県でひまわりの名所はいくつかあります。

草津エリアの東の山間部にある「大岩フラワーガーデン」は花や動物と触れ合えるテーマパークとして、夏場にはひまわり畑を見ることができます。

丹生湖の湖畔に咲くひまわり畑の名所「丹生湖ひまわり畑」では、湖をバックにして丘のひまわりを撮影できるスポットです。

みどり市にある「笠懸町ひまわりの花畑」は、遅く作付することによる遅咲きひまわりの名所。見頃時期には和太鼓演奏などのイベントでにぎわう「ひまわりの花畑まつり」が開催されます。

場所 名称 時期 本数 地図
富岡市 丹生湖ひまわり畑 7月下旬~8月上旬 11万本 地図
中之条町 大岩フラワーガーデン 7月下旬~8月下旬 66万本 地図
高崎市 はにわの里公園 8月中旬~8月下旬 地図
みどり市 笠懸町ひまわりの花畑 9月下旬~10月中旬 12万本 地図

まとめ

以上、群馬県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年6月13日 更新日:2019年6月29日)