埼玉県の花畑15品種28スポット!見頃と名所を案内

埼玉県の花特集

埼玉県は「彩の国さいたま」と言われ、四季折々の花が彩りを見せる名所の宝庫です。

東京23区よりも広くてアクセスしやすい立地から、花のスポットにたくさんの人が訪れる花の王国。

今回は、埼玉県の花を紹介します。

4月が見頃の花

01.桜(3月下旬~4月下旬)

熊谷桜堤の桜写真 夕日が差し込む熊谷桜堤の桜と菜の花

埼玉県では桜と菜の花のコラボを楽しめる名所があります。

代表的なのは、幸手市の権現堂堤こと「権現堂公園」。アニメ「らき☆すた」のオープニングでも登場した、菜の花畑に桜の彩りを楽しめます。

似た名所としては、熊谷駅から徒歩で行ける「熊谷桜堤」。桜の名所100選として、こちらも延々つづく桜並木と菜の花に沿って堤沿いを歩くことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
さいたま市 大宮公園 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 1,000本 地図
熊谷市 熊谷桜堤 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 500本 地図
秩父郡 長瀞 北桜通り [桜100選] 3月下旬~4月下旬 500本 地図

02.菜の花(3月下旬~4月下旬)

熊谷桜堤の菜の花写真 桜の名所として名高い熊谷桜堤にて桜と菜の花のコラボ

埼玉県の桜の名所では、同時期に菜の花畑をメインにした撮影も楽しめます。

幸手市の「権現堂公園」や、熊谷駅から近い「熊谷桜堤」の2つが定番です。

場所 名称 時期 本数 地図
熊谷市 熊谷桜堤 地図

5月が見頃の花

03.藤(4月下旬~5月上旬)

紫色の藤棚を楽しめる名所といえば、春日部市の牛島野球場近くにある「牛島藤花園」。

「牛島藤花園」は入園料が1,000円と高く入園時期も決まっていますが、国指定の特別天然記念保存木として樹齢1,200年ほどの幹から織りなす藤棚を楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
春日部市 牛島藤花園 4月下旬~5月上旬 800mの藤棚 地図

04.春バラ(5月中旬)

花久の里の春バラ写真 散策の楽しいガーデンを持つ花久の里のバラ

埼玉県のバラの名所は、鴻巣駅からバスで行ける「花久の里」が名所。

川里地区の古民家を活用した観光施設「花久の里」では、バラで彩られたガーデンの散策を楽しめて屋外にベンチが多くて移動販売のジェラート屋さんや農産物の購入を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
鴻巣市 花久の里 5月中旬 1,000本 地図

05.ポピー(5月中旬~5月下旬)

鴻巣市ハッピースクエアのポピー写真 鴻巣市で5月に咲き誇るポピー・ハッピースクエアのポピー

埼玉県でポピーといえば、日本一広いポピー畑を持つ鴻巣市が有名。

約125,000㎡の敷地に赤やオレンジのポピーが咲く鴻巣市「ポピー・ハッピースクエア」では、荒川河川敷のゴミ不法投棄を防止することも兼ねており、隣接の麦なでしこ畑も綺麗。

場所 名称 時期 本数 地図
鴻巣市 ポピー・ハッピースクエア 5月中旬~5月下旬 3,000万本 地図

6月が見頃の花

06.あじさい(6月下旬~7月中旬)

埼玉県では、夜景の名所として名高い「美の山公園」が有名で、雄大な山々を背景にあじさいを撮影できます。朝の雲海も魅力で、四季を通して色々な花が咲くスポットです。

場所 名称 時期 本数 地図
秩父市 美の山公園 6月下旬~7月中旬 4,500株 地図

07.花しょうぶ(6月中旬~6月下旬)

熊谷桜堤の花しょうぶ写真 久喜市の菖蒲城趾あやめ園に咲く花しょうぶ

埼玉県で菖蒲(しょうぶ)の名所はいくつかあり、町名にもなっている菖蒲町(しょうぶまち)の花しょうぶが有名です。

菖蒲町で城跡を利用した「菖蒲城趾あやめ園」は、石碑や休憩小屋もある平地の園内に花しょうぶが咲きます。あやめブルーフェスティバル開催期間中には園入口の臨時バス停が登場し、桶川駅からバスでアクセスできてラベンダー堤からも近いです。

桜の名所として有名な熊谷市の「別府沼公園」も、花菖蒲園のある公園として名スポットになっています。もともと存在した別府沼を活かして平成12年に登場した公園で、遊具などもある遊び場も兼ねての来訪もアリです。

場所 名称 時期 本数 地図
熊谷市 別府沼公園 6月上旬~6月中旬 7,000株 地図
久喜市 菖蒲城趾あやめ園 6月上旬~6月中旬 16,000株 地図

08.ラベンダー(6月中旬~6月下旬)

しらさぎ公園のラベンダー写真 久喜市菖蒲町のしらさぎ公園を彩るラベンダー山

埼玉県では都市部らしさのあるラベンダーの名所が菖蒲町(しょうぶまち)にあり、花しょうぶと同時期にラベンダーを楽しむことができます。

菖蒲総合支所前にある「ラベンダー堤」にて、ラベンダーが咲いた散策路を歩くことができます。見頃の時期に屋台が出て、観光客でにぎわいます。

また、菖蒲総合支所前から徒歩圏内にある「しらさぎ公園」もセットで楽しみたいスポットで、ラベンダー山と呼ばれる小さい斜面にラベンダーが咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
久喜市 菖蒲総合支所前 ラベンダー堤 6月上旬~6月下旬 8,400株 地図
久喜市 しらさぎ公園 6月上旬~6月下旬 地図

09.ベニバナ(6月中旬~6月下旬)

桶川農業センターのベニバナ写真 桶川市の農業センター付近に広がるベニバナ畑

かつて紅色の染料として栽培されたキク科の紅花(べにばな)。江戸時代終期に桶川臙脂(えんじ)の名前でベニバナ栽培が盛んだった桶川が有名です。

今も小規模ながら観光向けに栽培されており、メインは「桶川市農業センター」付近のベニバナ畑。見頃の時期も静かに見れますが、2日間ほどべに花まつりが開催される日は賑やかです。桶川駅からバスも出ており、車での来訪もしやすいです。

また、同じく桶川市の「べに花ふるさと館」にも小さなベニバナ畑があり、花の摘み取りが可能な日もあります。

最初に黄色い花が咲き、次第に赤く変化するベニバナ。山形のベニバナと異なり、関東のベニバナはトゲが無いと言われます。

場所 名称 時期 本数 地図
桶川市 桶川市農業センター 6月中旬~6月下旬 地図
桶川市 べに花ふるさと館 6月中旬~6月下旬 地図

7月が見頃の花

10.スイレン(5月下旬~8月上旬)

岩槻城址公園のスイレン写真 岩槻城址公園の菖蒲池に咲くスイレンと朱塗りの橋

埼玉県で睡蓮(すいれん)の名所はいくつかあります。

さいたま市で岩槻駅から徒歩20分ほどで行ける「岩槻城址公園」は、園内の菖蒲池に赤と白のスイレンが咲きます。年に1回塗り直しされる朱塗りの橋「八ッ橋」が池に架かっており、背景の木々の緑に映えます。

同じさいたま市の「見沼自然公園」にもスイレンがあるため、自転車や車であればセットでめぐるのもアリです。6月に赤いスイレンが咲き始め、7月以降に白やピンクのスイレンが咲くそうです。

場所 名称 時期 本数 地図
さいたま市 岩槻城址公園 5月下旬~8月上旬 地図
さいたま市 見沼自然公園 6月下旬~8月上旬 地図

11.ユリ(6月上旬~7月下旬)

埼玉県で早い時期に咲くユリとして、西武線の西武球場前駅から徒歩すぐの「ところざわのゆり園」が便利。そこそこ広いユリ園が木々に囲まれており、傾斜が少しあるため写真の構図としても楽しい所沢市の名スポットです。

深谷市で清掃施設に隣接する「深谷グリーンパーク」にて、夏はユリの花が園内に咲きます。

広大な公園として花も名物となる「武蔵丘陵森林公園」では、園内6か所ほどにヤマユリが咲きます。花畑という感じではなく森に群生している様子で、撮影であれば接写向きです。

場所 名称 時期 本数 地図
所沢市 ところざわのゆり園 6月上旬~7月上旬 45万株 地図
深谷市 深谷グリーンパーク 7月中旬~7月下旬 地図
滑川町 武蔵丘陵森林公園 7月中旬~7月下旬 地図

12.ハス(6月下旬~8月中旬)

原市沼のハス写真 原市沼に咲くハスと遠くに走る埼玉ニューシャトル

埼玉県で蓮(はす)の名所といえば「古代蓮の里」がよく話題になります。

行田市「古代蓮の里」では高さ50メートルの「展望タワー」を背景に、行田蓮(古代蓮)を筆頭に41種類ほどのハスを見ることができます。

上尾市の沼南駅から徒歩5分ほどで行ける「原市沼」は、先述の行田市の古代蓮を株分けして育てたピンク色のハスが線路近くに咲きます。

武州日野駅から徒歩8分ほどで行ける「荒川花ハス園」には、大賀ハスなど約11種類のハスが咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
行田市 古代蓮の里 6月下旬~8月上旬 12万株 地図
秩父市 荒川花ハス園 6月下旬~8月中旬 地図
上尾市 原市沼 7月中旬~8月上旬 地図

8月が見頃の花

13.ひまわり(7月下旬~8月下旬)

牛島古川公園Ⅱ期のひまわり写真 牛島古川公園Ⅱ期で黄色に染まるひまわり広場

埼玉県では各地のひまわりが8月に見頃となります。

蓮田市「蓮田根金ひまわり畑」は15,000㎡の広大な敷地に15万本のひまわりが咲き、バンドや和太鼓など演奏も行われて賑わいます。多少民家が見えつつも木々に囲まれて密集するひまわりは複数の品種が植えられており、入場無料も嬉しいところ。

熊谷市「葛和田(くずわだ)ひまわり農園」では、単独の第1農園と少し離れた第2~3農園に時期を分けて開花させて1ヶ月ほど楽しめます。

春日部市で東武野田線の「藤の牛島駅」から徒歩で行ける「牛島古川公園Ⅱ期」。「エンゼルドーム」付近にひまわり畑があり、規模は小さいものの無料で楽しめます。

鴻巣市「元気ファーム」では、障害者支援の一環で夏にブルーベリーとひまわりの栽培を実施。こちらも小規模ながらハウス付近に咲くひまわりを見ることができます。

他にもひまわり畑はありますが、2019年から中止となったスポットもあるため下調べが重要です。

場所 名称 時期 本数 地図
蓮田市 蓮田根金ひまわり畑 7月下旬~8月上旬 150,000本 地図
熊谷市 葛和田ひまわり農園 7月下旬~8月下旬 35,000本 地図
春日部市 牛島古川公園Ⅱ期 ひまわり広場 8月上旬~8月中旬 24,000本 地図
鴻巣市 元気ファーム 8月中旬 2,000本 地図

14.ききょう(7月下旬~9月下旬)

真夏を除いた夏と秋の2回楽しめる桔梗(ききょう)の花は、自生するところが少なく埼玉県では「多宝寺」の境内に栽培されています。

埼玉県では秩父エリアの長瀞町「多宝寺」が名所で、境内近くに青紫の花を咲かせます。秩父鉄道の野上駅から徒歩10分という立地も魅力です。

場所 名称 時期 本数 地図
長瀞町 多宝寺 7月下旬~9月下旬 地図

15.サルスベリ(7月下旬~9月下旬)

サルスベリは樹木として花を咲かせる光景が一般的ですが、秩父郡の小鹿野町にある「秩父ミューズパーク」では低木のサルスベリが一面に咲く光景を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
小鹿野町 秩父ミューズパーク 7月下旬~9月下旬 7,300本 地図

まとめ

川沿いに広大な花畑が広がる名スポットが多い、埼玉県。
JRの主要沿線の都市それぞれに花の名所があり、幸手の桜、鴻巣のポピー、桶川のベニバナ、などなど都市と花が結びついています。

以上、埼玉県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年4月15日 更新日:2019年8月2日)