鳥取県の花畑5品種10スポット!見頃と名所を案内

鳥取県の花特集

東西に広い鳥取県では、鳥取市や倉吉市のある県中部に花の名所が多い傾向にあります。

観光名所のひとつ「東郷池」の周囲では四季折々の花が咲く名所があり、由良の海岸線にも花の名所が点在します。

また、県西には伯耆大山を背景に花畑を見ることができる「とっとり花回廊」の雄大さが魅力です。

今回は、鳥取県の花を紹介します。

6月が見頃の花

01.花しょうぶ(5月中旬~6月下旬)

鳥取県で菖蒲(しょうぶ)の名所といえば、東郷池の東側にある「あやめ池公園」が有名。

東郷池の周囲が「東郷湖羽合臨海公園」として整備されており、その東の湖畔にある「あやめ池公園」には約100品種の花しょうぶが咲きます。花と緑のフェアも開催されてにぎわい、スイレンの花も同時期に見ることができます。

また、県東にある「唐川湿原」では、小川の下流に天然のカキツバタ群生を見ることができます。日本海ゴルフ倶楽部のゴルフコースに囲まれつつも、中国山地の湿原として豊かな自然の中で花しょうぶを楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
岩美町 唐川湿原 カキツバタ群落 5月中旬~6月上旬 地図
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 6月上旬~6月下旬 3万本 地図

02.あじさい(6月上旬~7月上旬)

鳥取県のあじさい名所は小規模ですが、いくつかあります。

末恒駅から徒歩すぐの立地にある「美萩野あじさい公園」は、鳥取市のあじさい名所の代表格。規模は小さいものの緑豊かな田園風景の中にあじさいが咲き、山陰本線を走る列車を背景にあじさいを撮影することもできます。

琴浦町の「逢束(おおつか)アジサイ公園」も小さい公園ながら名所のひとつ。もともと塩害防止として海岸線に植えたあじさいを活用して公園化し、海を背景にあじさいを見ることができるスポット。浦安駅から徒歩15分ほどで、名探偵コナンの青山剛昌ふるさと館から車で近いです。

三朝温泉で神経痛を治した独山禅師が大正期に建てた「南苑寺(なんえんじ)」は、あじさい寺とも呼ばれる名刹。竜宮門とあじさいの写真が定番構図です。

場所 名称 時期 本数 地図
鳥取市 美萩野あじさい公園 6月上旬~6月下旬 3,000株 地図
琴浦町 逢束アジサイ公園 6月中旬~7月上旬 2,000株 地図
三朝町 南苑寺 6~7月頃 地図

7月が見頃の花

03.スイレン(5月中旬~9月下旬)

鳥取県の睡蓮(すいれん)の名所といえば「東郷湖羽合臨海公園」。

東郷池の湖畔東側にある「東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園」では、白、ピンク、赤、黄色のスイレンが咲き、特に6月は花しょうぶ(あやめ)もあわせて見頃になります。

場所 名称 時期 本数 地図
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 5月中旬~9月下旬 400株 地図

04.ハス(7月中旬~8月中旬)

鳥取県で蓮(はす)の名所として、中国庭園を再現した観光名所「燕趙園(えんちょうえん)」があります。

東郷池の湖畔南にある「燕趙園」では、皇家園林方式の中国庭園の池にハスが咲く名所。オレンジ色の屋根とハス池を撮影するのが楽しいスポットで、園内の小屋では中国雑技団のショーも開催されます。

鳥取市の湖山池(こやまいけ)の湖畔西側の「湖山池公園」にもハスが咲きます。2012年の湖山池汽水化の影響で一時は全滅したものの、再生を試みて現在では浄台蓮100株と大名蓮30株が咲いており湖畔散策の名所となっています。

場所 名称 時期 本数 地図
湯梨浜町 中国庭園 燕趙園 7月中旬~8月中旬 地図
鳥取市 湖山池公園 休養ゾーン 不明(7~8月) 130株 地図

8月が見頃の花

05.ひまわり(8月上旬~8月下旬)

鳥取県には、海辺に咲くひまわり畑があります。

琴浦町にある海沿いの「鳴り石の浜」では、夏の青い海を背景にひまわりを見ることができます。浦高等特別支援学校の生徒をはじめとした地域住民が育てた、ひまわり畑です。

鳥取市の「鹿野町」にもひまわり畑があり、橋本牧場のすぐ近くでひまわりが咲きます。橋本牧場のアイス工房でイタリアンジェラートを楽しみつつ、ひまわり鑑賞を楽しめるスポットです。

場所 名称 時期 本数 地図
琴浦町 鳴り石の浜 8月上旬~8月下旬 2,000本 地図
鳥取市 鹿野町ひまわり畑 地図

まとめ

以上、鳥取県を彩る花の名所の紹介でした。