鳥取県の花畑21品種44名所!春夏秋冬の見頃

鳥取県の花特集

東西に広い鳥取県では、鳥取市や倉吉市のある県中部に花の名所が多い傾向にあります。

観光名所のひとつ「東郷池」の周囲では四季折々の花が咲く名所があり、由良の海岸線にも花の名所が点在します。

また、県西には伯耆大山を背景に花畑を見ることができる「とっとり花回廊」の雄大さが魅力です。

今回は、鳥取県の花を紹介します。

セシモ コイ

旅行日をキーにして見頃の花名所をすべて洗い出せるよう、各スポットの開花時期と地図リンクを記載しました!

まずはココ!代表的な花スポット

鳥取県を代表する花の名所は以下のとおりです。

  1. 倉吉市「打吹公園」の桜(3月下旬~4月上旬)
  2. 湯梨浜町「あやめ池公園」花しょうぶ(6月上旬~6月下旬)
  3. 琴浦町「鳴り石の浜」のひまわり(8月上旬~8月下旬)
  4. 米子市「上淀廃寺跡」の彼岸花(9月下旬)
  5. 南部町「とっとり花回廊」サルビア(9月中旬~11月上旬)
  6. 倉吉市「亀井公園」のツツジ(4月中旬~5月上旬)

これ以外にも魅力の花スポットがたくさんあります。

1月が見頃の花

01.椿(11月下旬~4月上旬)

鳥取県では椿(つばき)の名所として、巨木の椿を見ることができます。

八頭町「大樹寺」には、1本の大きく枝葉を伸ばす有楽椿(うらくつばき)がシンボル。境内入口にピンクの花をたくさん付ける椿で、樹齢約450年と言われます。

場所 名称 時期 本数 地図
八頭町 大樹寺 11月下旬~4月上旬 1本 地図

2月が見頃の花

02.梅(2月中旬~3月下旬)

鳥取県で梅の名所は広く点在しており、2月が見頃のスポットや3月が見頃のスポットで分かれます。

県西の米子市「尾高城跡」の南側には、約1.2万㎡の梅園があります。白加賀や寒紅梅など紅白の梅が10種類ほど咲き、園内を彩ります。

県央で遅い時期に咲くのは湯梨浜町「野花梅渓」で、県内随一の2,000本ほどの梅が咲くスポットです。

場所 名称 時期 本数 地図
米子市 尾高城跡 梅園 2月中旬~3月中旬 250本 地図
鳥取市 河原城 河原中央公園 2月中旬~3月下旬 800本 地図
鳥取市 樗谿(おうちだに)公園 3月上旬~3月中旬 60本 地図
湯梨浜町 野花梅渓 3月上旬~3月下旬 2,000本 地図

3月が見頃の花

03.桜(3月下旬~4月上旬)

鳥取県で桜の名所100選は2つで、その中でも県中央エリアの倉吉市「打吹(うつぶき)公園」は桜の代表的な名所。

倉吉の商店街の先にある「打吹公園」では色々な品種の桜があり、朱塗りの橋と池付近が写真撮影の構図として定番。夜は大小約500個のボンボリが点灯されて、夜の幻想的な光景も魅力。「倉吉春まつり」も開催されて、くらよし打吹流しびななどのイベントも。

県東の鳥取市にある、豊臣秀吉の兵糧攻めの地「鳥取城跡」も桜の名所。公園内の二ノ丸跡やお掘端などにソメイヨシノを筆頭とした桜が咲き、こちらも満開期にはボンボリが設置されて屋台とライトアップを楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
鳥取市 鳥取城跡(久松公園)[桜100選] 3月下旬~4月上旬 240本 地図
倉吉市 打吹公園 [桜100選] 3月下旬~4月上旬 地図
リンク:ウォーカープラス 鳥取県の桜の名所11か所一覧

4月が見頃の花

04.水仙(3月下旬~5月下旬)

鳥取県で水仙の名所としては「花見山」があります。

岡山県新見市との県境にある鳥取県日南町「花見山スキー場」では、シーズンを終えて雪が解けたゲレンデ斜面に水仙が一面咲くスポット。ロッジ前から沿道に咲く水仙を見ながら、なだらかな道を約40分登った先の頂上でも水仙を見ることができます。

場所 名称 時期 本数 地図
日南町 花見山スキー場 3月下旬~5月下旬 地図

05.ツツジ(4月上旬~5月上旬)

鳥取県でツツジの名所は色々あり、枝先に三枚の葉がつくミツバツツジが多い印象。

JR因美線の用瀬駅(もちがせえき)から徒歩5分で、国道から見える「愛宕山公園」の斜面を染めるミツバツツジは鳥取市の名所。間近で見るには登山ルートを歩くようで準備が必要なのと、具体的な場所情報が不足している印象です。

倉吉駅から車やバスで行ける関金温泉の温泉街にある「亀井公園」では、提灯が吊るされた公園内にコバノミツバツツジが咲きます。徒歩10分ほどの公園頂上から景色を見下ろせますし、期間の日曜日など「せきがねつつじ温泉まつり」もあります。

県西エリアの山間部にある日野町「滝山(たきさん)公園」も、つつじまつりが開催される名所。「滝山神社例祭」が行われる日があり、花目当てのお客さんでにぎわいます。

米子市の米川沿いに咲く「米川のツツジ」も県西の名所。「米子つつじまつり」が開催されて、2つほどある会場のうち「福市遺跡公園」が一番の見どころになっている様子です。

場所 名称 時期 本数 地図
鳥取市 愛宕山公園 4月上旬 1,500本 地図
日野町 滝山公園 4月中旬~4月下旬 3万本 地図
倉吉市 亀井公園 4月中旬~5月上旬 6万本 地図
米子市 米川のツツジ 福市遺跡公園 4月下旬~5月上旬 3,000本 地図
リンク:気になる話題あれこれ 鳥取県のツツジの名所10か所一覧

5月が見頃の花

06.ポピー(4月中旬~5月中旬)

ゴールデンウィーク前後にポピーを楽しめる名所として、花のテーマパーク「とっとり花回廊」があります。

南部町「とっとり花回廊」では、春の花として約5万株のアイスランドポピーが一面に広がる姿がひとつの見どころ。遠くに伯耆大山がそびえる構図が魅力で、赤、オレンジ、黄色のビタミンカラーの鮮やかさが春らしさを演出します。

場所 名称 時期 本数 地図
南部町 とっとり花回廊 4月中旬~5月中旬 5万株 地図

07.レンゲ(4月下旬~5月上旬)

ゴールデンウィーク時期に楽しめる、畑をピンク色に染めるレンゲ畑。特に鳥取県では、大山(だいせん)を背景にしてレンゲ畑を撮影するのが人気のようです。

ピンポイントの位置はわかりませんが「淀江IC前」「仁王堂公園前」をはじめとして、色々な場所にあります。

おそらく個人の畑で肥料用として栽培されていることから、インターネット上で場所が明示されにくいため下調べと現地で探し回るケースも出てきそう。畑に入らないなど、迷惑をかけないよう気を付けながら鑑賞すると良いです。

場所 名称 時期 本数 地図
大山町 淀江大山インター出口付近 4月下旬~5月上旬 地図

08.藤(5月上旬)

鳥取県で藤の名所といえば「住雲寺」が代表的なスポット。

県西の大山町「住雲寺」は「ふじ寺」とも呼ばれている藤の名スポット。1334年創建と伝えられる名刹の境内にて、花房が1.8メートルほどの長さで垂れ下がる「六尺藤」が4本もある全国的にも貴重なスポット。藤祭りも開催されて、大正琴の演奏など風情あり。

県央の湯梨浜町「あやめ池公園」にも藤棚が2箇所あり、薄紫と白の2種類が咲きます。

場所 名称 時期 本数 地図
大山町 住雲寺 5月上旬 地図
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 5月上旬 地図

09.ドウダンツツジ(5月上旬~5月中旬)

ツツジとは見た目が大きく異なる、赤くて下に垂れ下がる花をつけるドウダンツツジ。鳥取県では智頭町の町花がドウダンツツジとなっています。

智頭町の古い街並みは散策ルートとして観光地にもなっており、旧石谷家住宅の近くにある「町民グラウンド」でドウダンツツジを見ることができます。「智頭どうだんまつり」が開催される日がねらい目です。

場所 名称 時期 本数 地図
智頭町 町民グラウンド 智頭どうだん祭 5月上旬~5月中旬 地図

6月が見頃の花

10.春バラ(5月下旬~7月上旬)

鳥取県ではコレと言えるバラ園は無さそうですが、小規模ながら素敵なガーデン「ゆきんこ村四季彩」などでバラを見ることができます。

県西の南部町「とっとり花回廊」では、ヨーロピアンガーデンにて140種類500本ほどのバラが咲きます。噴水を背景にバラを撮影できますが、ポピーなど他の花も含めて色々な花を目当てに来訪すると良さそうです。

春のみですが遅い時期にバラを楽しめるスポットとして、日南町「ゆきんこ村四季彩」があります。「ハーブデイズ・アボンリー」という名前で個人が運営しているようで、ハーブティーなどを楽しめる庭園で自然木を活用したバラのアーチが作られています。

場所 名称 時期 本数 地図
南部町 とっとり花回廊 5月下旬~6月上旬 500株 地図
日南町 ゆきんこ村四季彩(アボンリー) 6月中旬~7月上旬 地図

11.花しょうぶ(5月中旬~6月下旬)

鳥取県で菖蒲(しょうぶ)の名所といえば、東郷池の東側にある「あやめ池公園」が有名。

東郷池の周囲が「東郷湖羽合臨海公園」として整備されており、その東の湖畔にある「あやめ池公園」には約100品種の花しょうぶが咲きます。花と緑のフェアも開催されてにぎわい、スイレンの花も同時期に見ることができます。

また、県東にある「唐川湿原」では、小川の下流に天然のカキツバタ群生を見ることができます。日本海ゴルフ倶楽部のゴルフコースに囲まれつつも、中国山地の湿原として豊かな自然の中で花しょうぶを楽しむことができます。

場所 名称 時期 本数 地図
岩美町 唐川湿原 カキツバタ群落 5月中旬~6月上旬 地図
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 6月上旬~6月下旬 3万本 地図

12.あじさい(6月上旬~7月上旬)

鳥取県のあじさい名所は小規模ですが、いくつかあります。

末恒駅から徒歩すぐの立地にある「美萩野あじさい公園」は、鳥取市のあじさい名所の代表格。規模は小さいものの緑豊かな田園風景の中にあじさいが咲き、山陰本線を走る列車を背景にあじさいを撮影することもできます。

琴浦町の「逢束(おおつか)アジサイ公園」も小さい公園ながら名所のひとつ。もともと塩害防止として海岸線に植えたあじさいを活用して公園化し、海を背景にあじさいを見ることができるスポット。浦安駅から徒歩15分ほどで、名探偵コナンの青山剛昌ふるさと館から車で近いです。

三朝温泉で神経痛を治した独山禅師が大正期に建てた「南苑寺(なんえんじ)」は、あじさい寺とも呼ばれる名刹。竜宮門とあじさいの写真が定番構図です。

場所 名称 時期 本数 地図
鳥取市 美萩野あじさい公園 6月上旬~6月下旬 3,000株 地図
琴浦町 逢束アジサイ公園 6月中旬~7月上旬 2,000株 地図
三朝町 南苑寺 6~7月頃 地図

13.ラベンダー(6月頃)

鳥取県でラベンダーの名所は情報が不足しており、存在しないかもしれません。

日南町「ハーブデイーズ・アボンリー」は、ラベンダーやハーブを栽培しているガーデン。Googleマップでも「日南町下阿毘縁」の住所でスポットが見つからず、Twitter上でも2018年の情報が最後となっているため最新で存在するか不明。

場所 名称 時期 本数 地図
日南町 ハーブデイーズ・アボンリー 不明(6月頃) 地図

7月が見頃の花

14.スイレン(5月中旬~9月下旬)

鳥取県の睡蓮(すいれん)の名所といえば「東郷湖羽合臨海公園」。

東郷池の湖畔東側にある「東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園」では、白、ピンク、赤、黄色のスイレンが咲き、特に6月は花しょうぶ(あやめ)もあわせて見頃になります。

場所 名称 時期 本数 地図
湯梨浜町 東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園 5月中旬~9月下旬 400株 地図

15.ハス(7月中旬~8月中旬)

鳥取県の蓮(はす)の名所として、県東、県央、県西に1箇所ずつ有名どころがあります。鳥取県ゆかりの品種「大名蓮」も魅力。

東郷池の湖畔南にある観光名所「燕趙園」では、皇家園林方式の中国庭園の池にハスが咲きます。オレンジ色の屋根とハス池を撮影するのが楽しいスポットで、園内の小屋では中国雑技団のショーも開催されます。

鳥取市の湖山池(こやまいけ)の湖畔西側の「湖山池公園」にもハスが咲きます。2012年の湖山池汽水化の影響で一時は全滅したものの、再生を試みて現在では浄台蓮100株と大名蓮30株が咲いており湖畔散策の名所となっています。

米子市淀江町「伯耆古代の丘公園」は、古墳群などのある古代の史跡公園にてハス池があります。大賀蓮、大名蓮など40種類が早朝に咲き、見頃の時期には午前5時に開園します。

場所 名称 時期 本数 地図
湯梨浜町 中国庭園 燕趙園 7月中旬~8月中旬 地図
鳥取市 湖山池公園 休養ゾーン 不明(7~8月) 130株 地図
米子市 伯耆古代の丘公園 6月下旬~8月下旬 地図

8月が見頃の花

16.ひまわり(8月上旬~8月下旬)

鳥取県には、海辺に咲くひまわり畑があります。

琴浦町にある海沿いの「鳴り石の浜」では、夏の青い海を背景にひまわりを見ることができます。浦高等特別支援学校の生徒をはじめとした地域住民が育てた、ひまわり畑です。

鳥取市の「鹿野町」にもひまわり畑があり、橋本牧場のすぐ近くでひまわりが咲きます。橋本牧場のアイス工房でイタリアンジェラートを楽しみつつ、ひまわり鑑賞を楽しめるスポットです。

場所 名称 時期 本数 地図
琴浦町 鳴り石の浜 8月上旬~8月下旬 2,000本 地図
鳥取市 鹿野町ひまわり畑 地図

9月が見頃の花

17.彼岸花(9月下旬)

県西エリアの淀江町「上淀(かみよど)廃寺跡」は、遠くの日本海と島根県美保関を背景に花を撮影できる名スポット。仏教が伝来し始めた7世紀末期の国史跡で、約2.5ヘクタールの敷地に咲く彼岸花を楽しめて「彼岸花まつり」も開催されます。

同じく県西にある南部町に流れる「法勝寺川」沿いにも、彼岸花が咲きます。西伯病院近くの川沿い1.5kmほどを赤く染める、彼岸花の名所。付近の史跡コースを歩いて名産品の振る舞いもあるイベント「彼岸花ウォーク」が開催される日も。

場所 名称 時期 本数 地図
米子市 上淀廃寺跡 9月下旬 地図
南部町 法勝寺川沿い土手 9月下旬 地図

10月が見頃の花

18.サルビア(6月下旬~7月下旬、9月中旬~11月上旬)

とっとり花回廊のサルビア写真 大山を背景にして花の丘エリアに咲く赤いサルビア

日本最大級のフラワーパークと言われる「とっとり花回廊」では、四季折々の花を楽しめる中で秋のサルビアが名物のひとつです。

県西エリアの南部町「とっとり花回廊」の園内では、名峰の大山を背景にして花の丘と呼ばれる一画に咲く10万本のサルビアがあります。園内の水上花壇にも早咲きのサルビアがあり、園内の花の丘には夏に咲くブルーサルビアがあります。

場所 名称 時期 本数 地図
南部町 とっとり花回廊:夏の青サルビア 6月下旬~7月下旬 5万株 地図
南部町 とっとり花回廊:秋の赤サルビア 9月中旬~11月上旬 10万株 地図

19.秋バラ(10月下旬~11月中旬)

鳥取県で秋のバラを楽しめる名所は「とっとり花回廊」があります。

県西の南部町「とっとり花回廊」では、ヨーロピアンガーデンにて140種類500本ほどのバラが咲きます。バラの小径などに色々なバラが咲く姿を見ることができ、サルビアなど他の花も見どころとなる花のテーマパークです。

場所 名称 時期 本数 地図
南部町 とっとり花回廊 10月下旬~11月中旬 500株 地図

11月が見頃の花

20.紅葉(10月中旬~11月下旬)

鳥取県では紅葉の名所100選に県西の「大山寺」と県央の「三徳山」の霊峰が選ばれており、山岳の紅葉に定評があります。

早い時期の紅葉であれば、大山の北東側にある琴浦町「船上山」。「登山口展望駐車場」や「千丈滝展望駐車場」から見上げる紅葉や、勝田川の「船上山ダム」の湖面に映る紅葉が見どころ。さらに、縦に長い滝と崖の紅葉が圧巻の「鱒返しの滝」も紅葉スポットです。

大山町では「大山(だいせん)寺」の参道で紅葉を楽しむことができ、登山好きであれば日本100名山「大山」の登山も可能です。

三朝町では「三徳山三佛寺」から険しい修験道を歩いて行く「三徳山投入堂」で紅葉を見ることができるほか、道路沿いの路肩パーキング「三徳山第一駐車場」から見上げる紅葉も。

県東であれば智頭町に「板井原集落」「芦津渓谷」がありますがアクセスしにくそうで、それであれば智頭駅から徒歩圏内にある「諏訪神社」が行きやすい紅葉スポット。本殿を囲うように紅葉が色づく光景を楽しめます。

場所 名称 時期 本数 地図
琴浦町 船上山・鱒返しの滝 10月中旬~11月中旬 地図
大山町 大山・大山寺 [紅葉100選] 10月下旬~11月上旬 地図
三朝町 三徳山 [紅葉100選] 10月下旬~11月上旬 地図
智頭町 板井原集落 10月下旬~11月上旬 地図
智頭町 芦津渓谷・三滝ダム 10月下旬~11月上旬 地図
江府町 奥大山・鍵掛峠 10月下旬~11月中旬 地図
智頭町 諏訪神社 11月上旬~11月下旬 地図
リンク:ウォーカープラス 鳥取県の紅葉の名所7か所一覧

12月が見頃の花

21.さざんか(不明、12月前後)

鳥取県では山茶花(さざんか)の名所情報は不足しており、花壇の植え込みなどで見られるもの程度なので期待はできないです。

鳥取市でコカコーラの名称を冠する競技施設のある「布勢総合運動公園」では、冬にさざんかが咲くという情報があります。年末年始は閉園ですが、冬に散策路や子ども向け遊具のある公園として過ごせます。

他にも「とっとり花回廊」などで見ることができるようです。

場所 名称 時期 本数 地図
鳥取市 鳥取県立布勢総合運動公園 不明(12月頃) 地図

まとめ

以上、鳥取県を彩る花の名所の紹介でした。

(初回投稿日:2019年6月22日 更新日:2020年5月14日)