九州沖縄の面白い宿11軒!変わったホテルと旅館

九州の特徴的な宿

温泉地や規模の大きい離島が多い九州では、有田焼の貸切露天風呂がある温泉旅館や海に面した古民家ゲストハウスなど多彩。

福岡県のビジネスホテルにも人気店が併設された上質なホテルなどがあり、面白い宿を探すと沢山あります。

今回は、九州地方の特徴的な宿を紹介します。

セシモ コイ

せっかく泊まる宿であれば、過ごしやすいだけでなく思い出に残るところがオススメ。特徴ある宿をまとめてみました。

A.福岡県の特徴的な宿

01.THE STEEL HOUSE(北九州市)

ダークブラウンを基調としたスタイリッシュな空間に、ビリヤードエリアと人気パン店を併設するビジネスタイプのホテル。小倉城近くの大手町に2020年7月オープン。

デザイナーズルームは木材フローリングにチェック柄のベッドがオシャレ。一般の洋室も白とブラウンの色合いが良く、和室も7室だけあります。大浴場無しのユニットバス。

モデル兼パンコーディネーターが手掛ける人気パン屋「PARK BAKER LAB」では、クロワッサンやマフィンなど創作感あるパンが並びます。

朝10時からオープンするカフェも併設しており、朝10時までは朝食会場に。朝食プランはベーコンやソーセージに目玉焼きやサラダが付く、充実したアメリカンブレックファースト。

結婚式会場としても使用されるオシャレさと清潔感。夏はビアガーデン付きの宿泊プランもあり、ハロウィンフェスタやクリスマスディナーなど季節のイベントも行われます。
THE STEEL HOUSE
created by Rinker
福岡県北九州市小倉北区大手町12-3

02.田川伊田駅舎ホテル(田川市)

炭鉱施設系の観光地が多い筑豊エリアにて、田川市にある田川伊田駅はJR日田彦山線と平成筑豊鉄道が通る駅。その駅舎2階にある宿泊施設が「田川伊田駅舎ホテル」です。

寝台列車のような客室をイメージした「日本で一番駅のホームから近い寝台列車」と銘打った宿で、上下2段ベッドの4名用ルームと3名用ルームがあり、セミダブルベッド個室もあります。

木材や照明をうまく駆使した簡易キッチンと共有スペースがあり、ワーキングスペース的に広く使えそうな空間。

入浴関連が無いのはネックですが、1駅先の下伊田駅に日帰り温泉施設「松原温泉」もあります。

田川伊田駅舎ホテル
created by Rinker
福岡県田川市伊田町2621-3 田川伊田駅舎2階

B.佐賀県の特徴的な宿

03.悠然の宿 東海(嬉野市)

なんと湯船が豪華な有田焼の露天貸切風呂を5つ持ち、日本三大美肌の湯と呼ばれる嬉野温泉のお湯を楽しめる温泉旅館。

窯元の特注で作られた巨大な有田焼の陶器が1人用湯船となり、檜風呂などを組み合わせて家族利用もできる貸切露天風呂が5種類。木材や木々を配したオシャレ度抜群の雰囲気。

貸切風呂は自分でお湯を溜める形で清潔感もあり、一方で共用の大浴場もあります。

地産地消となる嬉野産の食材をふんだんに取り入れた旬の味覚会席も魅力で、有田焼の器で出してくれる盛り付けにもこだわりあり。朝食は嬉野名物「温泉湯豆腐」が付いた和定食。

悠然の宿 東海

C.長崎県の特徴的な宿

04.タイニーハウスねこたま(五島市)

五島列島の中で一番大きくアクセスしやすい離島「福江島」の東にて、海に面した古民家を一棟貸で利用できる自然志向のゲストハウス。

一軒家の縁側に座りながら海を見ることができ、その海は宿泊者など少人数で利用できるプライベートビーチ。対岸の小さな島も見える美しい海を堪能でき、ブランコの設置もあり。

薪風呂と薪ストーブがあり、ストーブ近くのソファで座りながらのんびり。障子の仕切りがある和室には1枚板のテーブルがあり、広く利用できます。

希望者はオーガニックファームで農業体験もできるとのこと。

タイニーハウスねこたま

D.熊本県の特徴的な宿

05.月が綺麗ですね(熊本市)

熊本を拠点に国内外で「竹あかり」の総合演出を手掛ける「CHIKAKEN」氏がプロデュースした宿で、竹をデザインカットしてライトアップした庭を眺める縁側と中庭を特徴とした宿。

JR熊本駅から徒歩約15分。築50年の日本家屋は、キレイにフローリングした床と整った家具や照明。基本は素泊まりプランのみで、

部屋は個室となる和室6畳と8畳に洋室ツインのある、計5室の小さいゲストハウス。お風呂は無いため、徒歩圏内の天然温泉施設「湯らっくす」を利用するといいです。

月が綺麗ですね
created by Rinker
熊本県熊本市中央区世安2丁目5番3号

06.ブルートレインたらぎ(多良木町)

ブルートレインたらぎ写真 木々に囲まれた自然の中で白い洋風の外観を持つフロント棟

昭和33年から平成21年まで東京-九州間を走っていた寝台特急「はやぶさ」の車両を用いて、簡易宿泊施設として寝台ベッドで宿泊できるようリニューアルした人吉球磨エリアの宿。

引退した車両を多良木町が買い取り、なるべく現役当時の状態を維持した2段ベッドのB寝台と1人用個室で宿泊可能。1車両のみ飲食可能な共有スペースと各種受付の車両となっています。

ブルートレインたらぎ写真 リーズナブルにゆったりリビングを利用できる3LDKの部屋

料金は大人3,080円、中学生までは2,050円と破格。徒歩圏内に日帰り温泉施設「えびすの湯」があり、宿泊者は無料入浴チケット1回分付き。DIYで車両外側に直結させたトイレがキレイ。

平成22年7月1日にオープンした宿ですが、改装工事を経て令和3年7月2日にリニューアルオープンして貴重な車両を維持しています。

夜は居酒屋も徒歩すぐで、えびすの湯もしっかりした施設。エリアには球磨焼酎(米焼酎)の酒蔵があって見学も楽しいです。
ブルートレインたらぎ

E.大分県の特徴的な宿

07.久住高原 銀河のやど きのこII世号(竹田市)

久住山赤川ルートの登山口にある、赤川温泉の宿。大浴場に加えて貸切の露天風呂があり、専用の天文台で星空観察もできる宿泊施設です。

標高900メートルでくぬぎに囲まれた8千坪の敷地は芝生で整備されており、3つの宿泊棟に分かれた全10室の部屋はフローリングの洋室ベッド。国道442号でアクセスしやすい立地です。

食事は黒毛和牛の溶岩焼きステーキをメインとしたフレンチコース料理があり、朝食はスープとパンの洋食モーニングで充実しています。

久住高原 銀河のやど きのこII世号

08.汽車ポッポ食堂と民宿・別邸(中津市)

中津駅から南へ伸びる国道212号沿いにある民宿。2020年12月に増設オープンした「別邸」では「汽車に泊まれる」をコンセプトにして、昭和期の車両を改造した部屋に宿泊できます。

建物内に車両を保存して車両内にシングルベッドを配した独特な空間で、食事も食堂に併設した汽車内で食べることができます。

キハ102を改装した「青の社KAWASEMI」、キハ602しおかぜを改装した「国東の社SHIOKAZE」、キハ102せきれいを改装した「耶馬渓の社SEKIREI」の3種類それぞれ趣きが異なる客室。

汽車ポッポ食堂と民宿・別邸

F.宮崎県の特徴的な宿

09.京町温泉 玉泉館(えびの市)

えびのエリアにある京町温泉の旅館群で「洞窟風呂のある宿」として露天風呂に洞窟が付いている旅館「玉泉館」。黒豚しゃぶしゃぶなどを楽しめる夕食も売りの宿です。

温泉は筋肉痛や美肌効果があるとされるアルカリ単純泉。露天風呂は「すっぽんぽん風呂」と名付けられて、置物や緑を加えて奥に洞窟が。内湯の貸切風呂もあります。

大正4年創業と古さを感じさせる歴史のある老舗旅館で、部屋によっては壁紙などで新しく手が入っています。2階の6畳和室が天井高くて広く感じ、他にも和室10畳など。

夕食のスタンダード会席は南九州の食材と自家製野菜を使用し、牛肉の陶板焼きに魚なども付きます。グレードアップで黒豚しゃぶしゃぶに。

京町温泉 玉泉館

G.鹿児島県の特徴的な宿

10.ユクサおおすみ海の学校(鹿屋市)

大隅半島の海沿いで120年の歴史を持ち「日本一海に近い学校」と言われた鹿屋市立菅原小学校は、廃校後にリニューアルされて体験型宿泊施設に。

全室オーシャンビューとなる客室。かつての教室で黒板が残る部屋、畳の和室、2段ベッドのドミトリー式共有部屋など色々あり、床や壁などリノベートされてキレイで広い空間。

体育館、グラウンド、卓球を利用できて、有料で宴会場とバーベキューもあり。釣り、カヌー、貸自転車などもあり、部活用だったシャワー室も整備されて利用できます。

黒豚しゃぶしゃぶやカンパチしゃぶしゃぶなどの夕食プランや、大隅産しらすたっぷりの朝食プランもあります。

ユクサおおすみ海の学校
created by Rinker
鹿児島県鹿屋市天神町3629-1

H.沖縄県の特徴的な宿

11.海坐(南城市)

沖縄本島の南部に位置するB&B(Bed & Breakfast)スタイルの小さな宿で、さちばるの海を見下ろす丘でハンモックや窓から見る緑豊かな海の景色を楽しめる宿。

本館は1日4組限定のツインベッドで、部屋から見る海と豊かな緑が広がる光景。ワンランク上質な別邸は1日2組限定のコテージタイプのツインベッド。

天気が良ければ沈む夕陽を見ることができ、沖縄では比較的珍しい露天風呂もあり。裏山にはプライベートフォレストとして展望も楽しめます。

朝食は焼きたてパンが売りで、地元野菜も使用した洋朝食。

海坐

まとめ

以上、九州8県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)の特徴的な宿の紹介でした。

(初回投稿日:2022年6月18日 更新日:2022年9月14日)