愛媛県のご当地グルメ20選!B級名物・郷土料理一覧

しらす丼

道後温泉が有名な松山をはじめとして、しまなみ海道や伊予地方を持つ愛媛県にはどのようなグルメがあるでしょうか?

瀬戸内海や宇和海に面した愛媛県は日本一の鯛の産地で、他にも魚介類のグルメが豊富な土地柄として様々な郷土料理があります。

今回は愛媛県のご当地グルメを紹介していきます。

愛媛県のグルメ分布図

愛媛県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

愛媛県グルメ分布図


愛媛県全域のグルメ

01.鯛(タイ)料理

鯛(タイ)料理
写真 道後温泉の本館前「道後麦酒館」で鯛の刺身と道後ビール

全国の50%以上の鯛を生産する愛媛県では、鯛の刺身や鯛料理を楽しめる飲食店が豊富。

宇和島や八幡浜など県西に広がる宇和海は、黒潮が流れ込む栄養豊富な海水と養殖に適したリアス式海岸により養殖鯛の一大産地に。

一方で、瀬戸内海に面した今治市では鯛の一本釣り漁が盛んで、来島海峡の潮の速さで身が締まった天然鯛が採れます。

02.じゃこ天

じゃこ天
写真 宇和島の郷土料理店「ほづみ亭」のはらんぼすり身焼き

地魚のすり身を平たく整えて油で揚げた、魚肉の練り物。県全域で食べられる郷土料理で、八幡浜や宇和島など南予地方の生産が盛んです。

南予地域で「ハランボ」と呼ばれるホタルジャコが主に使用され、大根おろしを添える食べ方やおでんネタとしても用いられます。

03.鯛そうめん

鯛そうめん
写真 松山大街道の郷土料理店「五志喜」の鯛そうめん

大皿でそうめんの上に鯛を乗せた、愛媛県全般で楽しめる郷土料理。熱を通した鯛を一匹まるごと乗せるのが一般的で、青ネギ、山菜、錦糸卵などを添えて彩りを出すのも特徴です。

結婚で夫婦の親族が対面(鯛めん)したことを祝う料理として、結婚式やお祝い事で提供される縁起の良い料理。細く長く生きる長寿を願った料理ともされています。

そうめんは松山の五色そうめんを用いることもあり、八幡浜では「めんかけ」と呼ばれるなど県で広く親しまれています。

04.伊予さつま

伊予さつま
写真 宇和島の郷土料理店「かどや」で伊予さつまを堪能

魚をおろして擦りつぶしてから味噌と混ぜて炙り、煮だし汁で割ってとろみを残した汁。この汁をご飯、主に麦めしにかけて食べる郷土料理です。

薩摩(鹿児島県)から伝わったという説が有力。「さつま汁」「さつま」と呼ばれることもあり、漢字で「佐妻」という当て字が用いられることもあります。

古くは家庭でよく作られた料理とされていますが、作る手間がかかることから現在では郷土料理店で提供される料理に位置づけられています。

宇和島市など南予地方で盛んな料理でありつつ、大洲市であまごを用いた「あまごのさつま」や松山市など県全域で楽しめるグルメです。

05.伊予牛

伊予牛
写真 道後温泉「道後麦酒館」で牛肉焼き(伊予牛ではないかも)

肉の保水性が良い特徴により、肉汁を含んで柔らかくとろける舌ざわりを楽しめる伊予牛。

JA全農えひめが高品質な牛肉を消費者に届けるためにブランド化し、厳選された子牛を高い飼育技術で育てて指定販売店のみに卸す牛肉です。

06.伊予柑(みかん)

みかん
写真 内子の街並みでかつて存在した「創玄」のみかんフローズン

和歌山県に次いで2位の生産量を誇る、愛媛のみかん。和歌山が温州みかん一大産地なのに対し、愛媛は伊予柑(いよかん)がトップシェア。

ミカンとオレンジの交雑種で日本の在来種となる伊予柑を筆頭に、17種類以上の柑橘類を栽培。

果肉が柔らかくて甘い「紅まどんな」と皮まで食べられる「甘平」は、愛媛オリジナルの品種。

松山市のグルメ

07.松山ずし

松山ずし
写真 愛媛の料理店「すし丸本店」で昼も楽しめる松山鮓

エソやトラハゼなど瀬戸内海の小魚でとったダシを使用した甘めの酢飯に、錦糸卵をちらして季節の地魚を乗せたばら寿司の一種。

お祝い事や来客をもてなす際の料理として、家庭や地域で素材や味が異なります。

正岡子規が好んだ故郷の味で夏目漱石が松山に訪れたときに子規の母が振舞ったなど、作家にまつわるエピソードも多い松山の郷土料理です。

08.松山鯛めし、北条鯛めし

松山鯛めし、北条鯛めし
出典 http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hayashi/4250

焼いた鯛を昆布ダシのご飯で炊き込んだ、野菜類を入れないシンプルな鯛めし。

松山市北部の北条地区の郷土料理「北条鯛めし」がルーツと言われ、県南の宇和島鯛めしとは異なり県北では松山鯛めしが主流です。

骨を取り除いた鯛の身を用いて、鯛のアラのダシを使用する店も。最後は薬味を乗せてお茶漬けで楽しむのも定番の食べ方です。

09.鍋焼きうどん

鍋焼きうどん
写真 松山大街道のうどん食事処「つるちゃん」の鍋焼きうどん

松山市のソウルフードとして、昭和20年代から提供する老舗が多い鍋焼きうどん。寒い冬向きのメニューですが、夏でも食べられます。

甘い味付けを好む愛媛県民にとってのスローフードとして、昆布やカツオのダシにみりん系のかえしを用いて透き通った汁の傾向があります。飲んだ後の締めにもピッタリ。

柔らかくてやや太めで家庭的なうどん麺が主に用いられ、アルミ鍋で提供するお店が多いのも特徴です。

練り物や卵焼きに青ネギのトッピングと、卵を落として目玉焼きにするお店も多々あります。

[提供店一覧] icotto 鍋焼きうどん提供店7選
[店舗分布] 市内10店舗以上

10.五色そうめん

五色そうめん
写真 愛媛の料理店「すし丸本店」で温かい五色そうめん

コシが強く滑らかなそうめんで、最大の特徴は白色に加えて赤、黄、緑、濃紺の色が付いた麺が入った5色で彩りも楽しめるところ。

現在は赤の梅肉、緑の抹茶、黄の卵、茶のそば粉で色を付けており、人工着色量を使用せず素材を練りこむ伝統の製法と最新の設備があります。

1700年代に誕生したもので、下駄についた色とりどりの糸をヒントに考案されたと言われ、江戸幕府への献上品になった歴史もあります。

今治市のグルメ

11.今治やきとり、皮焼

今治やきとり、皮焼
写真 今治市にある民家風の焼き鳥居酒屋「ひろ丸」の皮焼き

今治では鉄板で鶏肉の串を焼く鉄板焼き鳥が主流で、串に刺さずにコテで押し付けて焼く「皮焼」は多くの客が注文する定番部位です。

1960年創業の焼鳥屋「五味鳥」が考案したもので、せっかちな今治の客に対応するため焼き台ではなく高温の鉄板で素早く提供したのだとか。

甘めでトロリとしたタレを使用するお店が多く、キャベツを併せて注文して食べ進めます。

[提供店一覧] 今治やきとり盛り上げ隊 提供店一覧
[店舗分布] 市内78店舗

12.焼豚玉子飯

今治焼き鳥
写真 道の駅まつのにあるレストラン「遊鶴羽」の焼豚玉子飯

ご飯の上に薄くスライスしたチャーシューを乗せて、その上に半熟の目玉焼きを乗せた丼ぶり料理。「やきぶたたまごめし」と読みます。

焼豚の煮汁を用いたタレをかけるのも特徴。かつて今治市に存在した中華料理店「五番閣」で、1960年代から食べられていたまかない料理が由来と言われています。

安くてボリュームがあり、せっかちな今治人のために数十秒で提供される早さも魅力。今では今治市以外でも愛媛県で広く提供されているグルメです。

[提供店一覧] 世界普及委員会 提供店一覧
[店舗分布] 市内60店舗ほど、市外にも店舗あり

13.今治ラーメン

今治ラーメン
写真 今治で久留米ラーメンを提供する「光屋」の今治ラーメン

鯛や鯵など瀬戸内の魚でダシを取り、地元食材をふんだんに用いた塩ラーメン。

古くから今治で中華そばとして食べられていた味。全国からさまざまなラーメン文化が今治に入り込んだこと対して、地元の味を守るため2009年にご当地グルメ化。

お店にもよりますが、来島海峡のエソ、鯛、いりこなどのダシをベースにして、全国区で有名な伯方の塩を使用。大三島特産のレモンを添えるお店もあります。

今治独自のかまぼこ「す巻き」を乗せるお店があるのも特徴です。

[提供店一覧] 今治ラーメン専用サイト 提供店一覧
[店舗分布] 市内5店舗

14.せんざんき

せんざんき
写真 今治市の焼き鳥居酒屋「ひろ丸」で衣が厚いせんざんき

鶏料理が豊富な今治市において、唐揚げの原型となる鶏の揚げ物料理。骨ごと揚げるのが特徴で、カラッと揚がった厚みある衣の傾向があります。

醤油、酒、生姜、にんにくなどで作った漬け汁に骨付き肉を漬け込み、片栗粉と卵による衣を付けて揚げるのが一般的。濃厚な味付けも魅力のひとつです。

江戸時代にキジ肉で作ったことが始まりとされており、鶏を千切りすることから千斬切(せんざんき)と呼ばれるようになったと言われています。(諸説あり)

なお、同じ愛媛県の新居浜市にもせんざんきがありますが、新居浜のせんざんきは骨が無いものが一般的に提供されます。

15.伯方の塩

伯方の塩
写真 愛媛の定番お土産メーカー「母恵夢」の伯方塩の純生大福

しまなみ海道の伯方(はかた)島では、1806年から入浜式の塩田による塩生産が行われていた歴史があります。

現在CMなどで有名な「伯方の塩」は1973年に松山市で創業した伯方塩業によるもので、化学工業化した製塩として伯方島工場などで生産。

焼き塩など調味料としての販売に加えて、甘味やソフトクリームなどでも楽しめます。

内子町のグルメ

16.内子豚、朝霧鍋

内子豚、朝霧鍋
写真 内子座の近くにあるダイニングバー「奏」の内子豚ソーセージ

標高400mほどの山の中で育った銘柄豚で、病原体を持たないSPF豚として認定されているのが特徴。設備が整っており健康を考慮した餌で育った豚です。

綺麗な空気のもとで内子の湧き水を飲んで育つことにより、きめ細かく柔らかい肉質に仕上がります。

この内子豚は焼いて食べるのも良く、ソーセージなどの加工品でも楽しめます。

さらに、ご当地グルメとして内子豚と野菜を煮込んだ「朝霧鍋」も名物。基本は事前予約が必要な鍋として、旅館の宿泊客を中心に楽しめるグルメです。

大洲市のグルメ

17.とんくりまぶし

とんくりまぶし
写真 大洲市の炉端焼き居酒屋「油屋」のとんくりまぶし

県内で栗焼酎も名産品となっている愛媛県にて、特に栗の生産量が多い大洲市。その栗と豚肉を使用した、ひつまぶしタイプのご当地グルメ。

ご飯の上に栗と豚バラ肉が乗り、その上に白ネギなどの薬味が乗ったどんぶり。栗焼酎を用いて甘く炊き上げた豚バラ肉が用いられ、甘辛いタレが馴染んでいるものです。

最初はそのまま食べて、途中から添えられたダシをかけてお茶漬けのように食べるのが特徴。わさびを添えてサラサラと食べる後味も魅力のひとつです。

提供店は2店舗と少ないですが、ご当地の味として楽しめます。

八幡浜市のグルメ

18.八幡浜ちゃんぽん

八幡浜ちゃんぽん
写真 1948年創業の八幡浜「丸山ちゃんぽん」の八幡浜ちゃんぽん

鶏ガラ、カツオ、昆布などでとった黄金色の醤油系スープに、太麺の中華麺を使用した麺類。

八幡浜の練り物(かまぼこやじゃこ天)を筆頭に、炒めた魚介類や豚肉に野菜類が乗った具材が特徴で、あっさりとした味の傾向。

古くから九州や関西と船での交流が深かった八幡浜で、他県の食文化を参考に地元の素材を用いた料理として1948年に登場したグルメです。

[提供店一覧] 八幡浜市 ちゃんぽんMAP
[店舗分布] 市内40店舗

宇和島市のグルメ

19.宇和島鯛めし、南予鯛めし

宇和島鯛めし、南予鯛めし
写真 宇和島の居酒屋「ほづみ亭」で南予独特の鯛めし

薄くスライスした鯛の刺身をご飯の上に乗せて、醤油やみりんにダシを合わせた生卵入りのタレをかけて食べる、宇和島独特の鯛めし。

日振島を根拠地にした水軍が考案した漁師めしと言われ、船上で酒用の茶碗にご飯をよそって刺身を乗せて食べたのが始まりだとか。

南予鯛めしとも呼ばれており内子や大洲など南予地方で広く食べることができる上、県北でも提供するお店が増えてきています。

20.太刀魚の竹巻き

太刀魚の竹巻き
写真 宇和島の居酒屋「ほづみ亭」で三枚おろしの太刀魚竹巻

三枚におろしたタチウオを天然の竹に巻き付け、タレを塗りながら回転させて焼いた料理。

夏から晩秋にかけてタチウオ漁が盛んで、脂が乗ったタチウオが採れる宇和海。

甘口のタレが一般的で縁日でも売られるスローフードでもあり、塩焼きや丼で提供するお店も。

まとめ

トップシェアを誇る鯛を刺身や鯛めしで楽しめる愛媛県。じゃこ天や太刀魚の竹巻きなど海産物をうまく加工した郷土料理の豊富さが魅力。

以上、愛媛県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年7月7日 更新日:2018年12月5日)