大分県のご当地グルメ11選!B級名物・郷土料理一覧

とり天

九州の北東に位置する大分県。どのようなご当地グルメがあるかご存知でしょうか?

全国チェーンのファミレス「ジョイフル」の定番メニュー「とり天定食」も大分県の郷土食。湯布院の乳製品スイーツなども魅力的です。

今回は大分県のご当地グルメを紹介していきます。

大分県のグルメ分布図

大分県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

大分県グルメ分布図


大分県全域のグルメ

01.とり天

とり天写真 とり天発祥店と言われる別府市「東洋軒」のとり天

鶏をから揚げではなく天ぷらとして揚げた「とり天」は、大分県民が好む県民食。

店によって鶏肉の部位や衣の配合が異なり、鶏モモ肉に小麦粉や片栗粉の衣で揚げるなどの方法で作られます。

東洋軒の創業者が中華料理をもとに考案したメニューと言われていますが、発祥店は諸説あり。

02.だんご汁

だんご汁写真 由布院駅近くの定食屋さんでとり天とセットのだんご汁

いりこ等のダシで味噌仕立てにした汁に、団子状や平たい麺状にした小麦粉を入れた料理。

ゴボウ、ニンジン、豚肉などを入れた、とん汁に近い汁物です。

平地が少ないことから米よりも麦の栽培に向いていたことから、小麦を使用した料理として重宝された郷土料理です。

03.やせうま

やせうま写真 道の駅竹田にあるカフェレストラン「善米食堂」のやせうま

小麦粉を用いた平たい麺に、きな粉と砂糖をまぶした郷土料理。同じく大分名物のだんご汁で用いる麺と同じものを利用したスイーツです。

温かく食べることもあれば、冷やして食べることもあります。包丁を使わずに手でちぎって作るのが一般的で、一般家庭のおやつとしても定番です。

名前の由来は諸説ありますが、平安時代の貴族が乳母の名前を呼んで「八瀬、うま」と旨いおやつをねだったのが有力な説と言われます。

小麦粉による平打ちうどんの柔らかい食感で楽しめる、きな粉餅っぽい味!砂糖の甘さがしっかり出たスイーツです。
提供店一覧 情報なし → Google検索結果
提供店分布 不明、カフェなどで提供店あり
筆者おすすめ店 善米食堂 – 道の駅竹田の食事処で甘いやせうまのカフェタイム

別府市のグルメ

04.地獄蒸しプリン

地獄蒸しプリン写真 別府地獄めぐりの海地獄に併設された売店の地獄蒸しプリン

豊富な温泉が織りなす7つの地獄をめぐる「別府の地獄めぐり」は別府の代表観光スポット。

その温泉熱を利用して蒸しあげた「地獄蒸しプリン」が名物で、数店舗で提供されています。

カラメルソースにもこだわったお店もあります。

05.別府冷麺


魚介をベースとした和風スープが特徴のご当地冷麺。麺はお店によって異なりますが、小麦粉、そば粉、でんぷんなどを組み合わせて打った麺が使用されます。

1950年に満州から引きあげて日本にお店を出した料理人により作られたとされており、現在では冷麺専門店系と焼肉屋系の2タイプに大きく分かれます。

冷麺専門店ではモッチリの太麺にキャベツのキムチが添えられるのが主流で、焼肉屋系ではツルツルの中細麺に白菜キムチが添えられることが多いです。

全国的に有名な岩手県の盛岡冷麺よりも和風の味わいが別府冷麺ならでは。
提供店一覧 提供36店舗一覧(別府冷麺公式ホームページ)
提供店分布 別府市内で60~70店舗ほど
筆者きになる店 大陸ラーメン – 食堂タイプのラーメン屋さんでいただく別府冷麺

津久見市のグルメ

06.津久見マグロ

津久見マグロ写真 津久見の海沿い「浜茶屋」で桜島溶岩板のマグロステーキ

大分県の中でも随一の「まぐろのまち」と名高い津久見。

大分と愛媛を結ぶ水深の浅い「豊後水道」は太平洋と瀬戸内海が混ざり合い、栄養豊富な魚の宝庫。日豊海岸ではマグロを筆頭にアジ、ブリ、カンパチなどが採れます。

寿司や海鮮丼でマグロを楽しむことができ、観光雑誌にはマグロステーキを扱うお店が掲載されているなど食べ方も魅力的です。

生の刺身はもちろん、焼いて脂にコクが出るステーキも美味しい!海の幸を楽しめる津久見の代表グルメです。
提供店一覧 提供店など一覧(津久見まぐろ研究会)
提供店分布 市内で十数店舗
筆者おすすめ店 浜茶屋 – 桜島溶岩板で楽しむマグロステーキの名店

07.ひゅうが丼


醤油や砂糖で味を整えた特製ゴマだれでマグロ赤身を和えて、ご飯の上にのせた丼。

マグロのまち津久見において、漁師たちが好んで食べた郷土料理。明治時代から遠洋漁業が盛んだった保戸島の漁師たちが考案した料理と言われています。

船の上で風がヒュウヒュウと強く吹くのが名前の由来だそうで、火を使わずに船上で調理できる食べ方として重宝されたそうです。

味付けでマグロが一層美味しく進化したグルメ。食べてみたいです。
提供店一覧 提供7店舗一覧(津久見市観光協会)
提供店分布 市内7店舗
筆者おすすめ店 四季彩源兵衛 – ひゅうが丼にお酒もありマグロステーキも魅力のお店

由布市のグルメ

08.由布院スイーツ

湯布院スイーツ写真 みどり牛乳本社工場の売店で購入した湯布院牛乳プリン

由布院駅から伸びる湯の坪街道には、オシャレなお店が絶え間なく立ち並ぶ観光通りとして観光客でにぎわいます。

特に店内飲食から持ち帰りまで甘味のお店が沢山あり、ロールケーキ、シュークリーム、プリンなどの乳製品が豊富です。

バウムクーヘン、どら焼き、せんべいなどもあって、食べ歩きが楽しいエリアです。

日田市のグルメ

09.日田やきそば


鉄板上で一部が焦げるくらい硬めに焼くのが特徴のご当地焼きそば。名水による栽培が盛んなもやしと青ネギ、そして豚肉を主に使用します。

釜で茹でた麺をほぐさずに鉄板で焼き固めて、ラードやソースを馴染ませて両面を焦げるほどに焼いてから麺をほぐすという独特の手法。(店によります)

大分を筆頭に知名度の高いチェーン店「想夫恋」の初代店主が、焼いた麺料理として昭和30年代に考案したものと言われています。

ラーメン店でも日田やきそばをメインに売るところもあり、日田市内だけでなく福岡県にも店舗が増えているグルメです。

パリッパリの香ばしい麺にソースが馴染んで美味しそう!商標など色々問題もあったそうですが、地元民にも人気のグルメだそうです。
提供店一覧 提供12店舗一覧(日田やきそば研究会)
提供店分布 市内の十数軒で提供、他の県市町村でも提供あり
筆者きになる店 みくま飯店 – パリパリ麺にソースが馴染んだ人気店

10.日田ラーメン

日田ラーメン写真 日田やきそばも扱う日田市「来々軒」の日田ラーメン

とんこつラーメン文化の強い九州において大分も例外ではなく、日田市にもとんこつラーメン店が多く存在します。

福岡県の博多ラーメンに近い、白濁とんこつスープに細麺でキクラゲをトッピング。

博多や久留米と比べて塩気強めで甘くあっさりしたスープという印象。食べやすいオーソドックスなとんこつラーメンだと思います。
提供店一覧 提供16店舗一覧(おいでひた.com)
提供店分布 不明、市内の十数軒で提供
筆者おすすめ店 来々軒 – 久留米系の流れを組むまろやかなとんこつラーメン

中津市のグルメ

11.うなぎ

うなぎ写真 中津駅近くにある「割烹やまだ」のうな丼を和室で堪能

中津ではウナギやハモが名物で、通年楽しめる高級なグルメとして割烹料理店をはじめとして提供店が多いです。

福沢諭吉も通ったとされる、創業320年超「割烹やまだ」など歴史の深いお店もあります。

まとめ

大分県内で広く提供されている「とり天」を筆頭に、郷土あふれる食事から乳製品のスイーツまで幅広い大分県のグルメ。

以上、大分県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年7月1日 更新日:2019年4月5日)