愛媛県の絶景スポット5選!インスタ映えで人気の観光名所

内子の雲海展望台

道後温泉など風格ある温泉建築物だけでなく、県内各地に自然豊かな風景のある愛媛県。

伊予灘を間近に見れる駅、雲海を楽しめる展望台など絶景も沢山ありますが、ガイドブックなどでなかなか取り上げられないスポットも。

今回は、インスタ映えするフォトジェニックな愛媛県の絶景を紹介していきます。

愛媛県の絶景スポット

01.下灘駅(伊予市)

下灘駅写真 駅ホームのベンチから見る伊予灘の水平線の先に周防大島

伊予市の中心地から南西へと続く線路の先には、伊予灘の海を間近に見ることのできる「下灘駅」があります。

インスタ映えスポットとして近年注目されており、女性がベンチに座って海を眺める後ろ姿を撮影するのが流行っています。

観光列車「伊予灘ものがたり」が停車する駅でもあり、音楽を流しながら到着する列車の乗客で賑わう光景もなかなか良いものです。

[住所] 愛媛県伊予市双海町大久保(地図


02.道後温泉本館(松山市)

道後温泉本館写真 アーケードの先で夜に一層美しくなる道後温泉の建物

道後温泉駅からアーケード街を歩いた先にある、愛媛県を代表する温泉。

日本書紀にも登場する日本でもっとも古い温泉と言われ、夏目漱石の小説「坊っちゃん」にも登場する温泉です。

建物周囲には居酒屋「道後ビール館」などの飲食店に加え、旅館の建物がいくつも存在します。特に夜の照明で輝く道後温泉は美しく、湯上がりに心地よい気分で散策できます。

[住所] 愛媛県松山市道後湯之町5-6(地図


03.道後温泉駅(松山市)

道後温泉駅写真 洋館が駅舎となる道後温泉駅の手前に坊っちゃん列車

松山市電の終点駅で道後温泉のアーケード入口近くにある道後温泉駅。日中は市内を走る観光列車「坊っちゃん列車」が夕方に保管されている定番の撮影スポットです。

洋館2階建ての駅舎は現在「スターバックス道後温泉駅舎店」として営業しており、テラス席もさることながら2階の洋風の1室で落ち着きあるカフェタイムを楽しめます。

付近にはからくり時計があり、特定の時刻になると動き出して中から人形が出てくる時計を目当てに歩行者が集まってきて賑わいます。

[住所] 愛媛県松山市道後町1丁目10-12(地図


04.大洲雲海展望公園(大洲市)

大洲雲海展望公園写真 肱川あらしへと流れる雲が織りなす内子大洲の雲海

内子の市街地から車で1時間ほどの細い峠道を走った先にある、雲海展望公園。峠道ゆえアクセスが大変で、そのぶん感動も大きい雲海スポットです。

雲海発生率が高い場所として整備された展望地で、木材で足場を組んだ展望舞台から180度広がる内子大洲の山並みを見渡すことができます。

展望台の左手から朝日がのぼるため、日の出スポットとしても楽しめる場所。ここの雲が伊予灘へと流れ込んでいき、肱川名物の雲の流れ「肱川あらし」が発生します。

2018年の台風で新谷駅から北上するルートが崩れて封鎖されたため、筆者は柳沢公民館から南下するルートを利用。現在は開通しているかは不明です。

[住所] 愛媛県大洲市藤縄94(地図


05.菊間町の工場夜景(今治市)

菊間町の工場夜景写真 菊間町の田んぼから見る太陽石油の工場群が夜に輝く

愛媛県には瀬戸内海に工場を持つ都市が多く、今治市の西側で松山市からも近い菊間町には太陽石油の工場があります。

西の海に面しているため日の入りで空が夕陽の色に染まったトワイライトタイムが特に綺麗なもので、夕暮れの空にそびえる煙突群に灯りがともった光景が美しいです。

工場の脇を通る国道から間近に見るのも楽しく、付近の田んぼの道から遠景で撮影するのもまた素晴らしいもの。上写真の右側にも工場が続くパノラマが見事です。

[住所] 愛媛県今治市菊間町種4070-2(地図


まとめ

朝の雲海から夜の工場夜景まで、愛媛県に広く存在する絶景スポット。
やはり下灘駅の海を見渡す光景は人気が高く、今回紹介した以外にも今治のタオル美術館にもインスタ映えするスポットがあります。

以上、愛媛県のフォトジェニックな観光スポットでした。