鹿児島県で格安に宿泊!数千円の人気ホテル・温泉旅館8選

鹿児島県の宿

自然豊かな霧島温泉郷や砂蒸し温泉が有名な指宿をはじめとして、県内に広く温泉地が存在する鹿児島県。

鹿児島黒牛などの肉類からキビナゴなどの魚まで味覚も楽しめて、落ち着きある和室でくつろげる宿も多いです。

今回は、鹿児島県で1万円以下のリーズナブルながら上質なホテルと温泉旅館を紹介していきます。

温泉を楽しめて1人でも3,500~5,000円という、超絶リーズナブルな宿を厳選しました!

鹿児島市街エリア

01.ホテルウェルビューかごしま(鹿児島市)

ホテルウェルビューかごしま
写真 シンプルな和室ながら洞窟館ある大浴場と露天風呂が破格

鹿児島市内で海沿いにあるホテル。式場としても利用されるようで、エントランスの広々としたホールでの受付が優雅なホテルです。

車で来訪しやすいだけでなく、市電&徒歩でもアクセス可能な立地。部屋もシングルにして一般的な部屋よりも広くてソファ付きの部屋でくつろぎやすいもの。

大浴場は露天こそ無いですがガラス窓から桜島が見える展望風呂。

参考価格は、素泊まり税込4,600円/人と破格。駐車場はコインパーキング利用ですが、宿泊者は受付で無料にしてもらえます。

桜島から昇る日の出を展望風呂から拝める時期もあり、実際見れて感動!質がかなり良くて、コスパ高めのホテルです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
ホテルウェルビューかごしま

02.ホテルニューニシノ(鹿児島市)


出典 https://www.jtb.co.jp/

鹿児島市街の中心アーケード「天文館」エリアにあるビジネスホテル。大正初期に西野旅館として創業約100年が経つ「天文館の温泉ホテル」として歴史があります。

100年と言っても、しっかり手を入れている内装。一般的なシングルルームをはじめとして、ダブルやツインなど色々な部屋が用意されています。

部屋自体はユニットバスですが、1日500円の別料金で4階の天然温泉大浴場を楽しむことができます。フィンランドサウナ、備長炭温泉蒸気サウナも特徴的です。

参考価格は、シングル素泊まり税込4,500円/人から。2人以上のダブルやツインだとさらに安い素泊まりプランもあります。

天文館での食事や居酒屋を楽しんだ後にすんなり入れる立地が魅力。温泉もあって良さそうです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
ホテルニューニシノ

霧島エリア

03.霧島温泉 旅の湯(霧島市)

霧島温泉 旅の湯
写真 シンプルな和室ながら洞窟館ある大浴場と露天風呂が破格

霧島温泉郷の奥にあり、野々湯温泉とも呼ばれる宿。野趣あふれる岩風呂と天然蒸し風呂を魅力とした、峠道の先にある山の中の秘湯です。

食事や日帰り入浴も対応している受付館から自然を感じさせる屋外通路を歩き、ログハウス調に岩を配した建物内に岩風呂と露天風呂があります。

宿泊施設は受付館と離れており、古めかしい湯治長屋のシンプルな和室がリーズナブル。

黒毛和牛や黒豚をメインとした夕食もひとつの魅力。鹿児島県産黒牛や宮崎地鶏などを、陶板焼きや囲炉裏の炭火焼きで楽しむことができます。

参考価格は、素泊まり税込3,500円/人と破格。夕食朝食付き税込7,860円/人。

冬に来訪したら屋外など寒かったですが、ピリッとした空気で迎える朝や露天風呂が気持ちいい!宿主のゆるりとした応対も良かったです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
霧島温泉 旅の湯


薩摩半島エリア

04.ホテルアクシアくしきの(いちき串木野市)


出典 https://www.jtb.co.jp/

串木野駅から徒歩10分。港を持つ串木野のオーシャンビューを楽しめる「東シナ海を望む松林にかこまれた夕凪の宿」と銘打ったホテル。

弱アルカリ硫酸塩泉の市来温泉を楽しめる大浴場。畳を敷き詰めて滑りにくくした内湯という珍しいタイプです。

朝食付きのプランであれば、さつま揚げが付いた地元食材の朝食を楽しめます。リーズナブルな晩酌付き夕食や、1万円超えであれば鹿児島黒牛の会席などもあります。

部屋は海側和室8畳から海を眺められて、洋室シングルの部屋もあります。パーティーホールやレストランの高級感ある館内の雰囲気も魅力です。

参考価格は、素泊まり税込5,000円/人。早期予約や連泊でさらにおトクで、晩酌付き夕食朝食プランで税込7,800円/人などもあります。

綺麗な海を眺められる和室が良さそう。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
ホテルアクシアくしきの


05.竹屋旅館(薩摩川内市)

竹屋旅館
写真 湯治の素泊まり宿として冬はこたつ付きのシンプルな和室

薩摩川内駅から西方循環バスで来訪でき、車での来訪が便利な温泉民宿。

鎌倉時代から続く鹿児島県最古の温泉と言われ、西郷隆盛ゆかりの地として名湯百選にも選ばれている川内高城(せんだいたき)温泉です。

体を休める湯治の宿という位置づけで、温泉は館内に小さめな内湯があります。(ベランダ風の露天風呂は今や閉館してしまった別館の写真)

実は外にも大浴場施設があって宿泊者は無料利用可となっており、こちらも露天風呂は無いですがゆったりできます。

この界隈は自炊宿として素泊まりタイプが多く、この宿も基本は素泊まり。一軒家の小さな湯治宿で、4.5畳や6畳のシンプルな和室です。

参考価格は、素泊まり税込3,600円/人。

硫黄系の香りを感じるお湯が良くて、山に囲まれて星空が見えます。歴史がある中で比較的綺麗な宿として、素泊まりにオススメです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
竹屋旅館


大隅半島エリア

06.水明荘(鹿屋市)


出典 https://www.jtb.co.jp/

高隅山のふもとで大隅湖も近い車来訪必須の山間にある、不老長寿の霊泉と鯉(こい)料理が自慢の宿。

夕食は身の引き締まった「鯉のあらい」や鯉の味噌汁「鯉こく」などが付いた、宿オススメの鯉フルコース。それ以外に、一品料理などの夕食を選ぶこともできます。

大浴場は正確には温泉ではなく、数km先の山から湧き出る鉱泉を引き込んで適温に沸かしたもの。400年ほど前に発見された不老長寿の鉱泉で、うぐいす色のお湯です。

参考価格は、素泊まり税込3,700円/人。そして夕食の鯉フルコースと朝食が付いたプランが税込6,500円/人と破格。

写真を見るかぎり少々古そうな和室ですが、リーズナブルに宿泊と夕食を楽しめそうです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
水明荘


07.志布志の宿 すず風(志布志市)


出典 https://www.jtb.co.jp/

のどかな田園風景のウッドデッキテラスを持ち、自宅っぽさのあるフローリングのエントランス。外観も和の宿らしさがあり、アットホームが売りの民宿。

宿自体は家庭のお風呂しかありませんが、宿から徒歩4分「よもぎのさと」でサウナ付き大浴場が300円。宿から車で4分の「道の駅おおさきアスパル」は露天風呂があって310円。

JR志布志駅やフェリー乗り場から宿への送迎は有料。立地的には車での来訪が便利です。

参考価格は、素泊まり税込4,000円/人、朝食付き税込4,800円/人、夕食朝食付き税込6,000円/人。

オーナーはバックパッカーとして世界中を旅行したそうで、旅の経験をもとに「旅人に優しい宿」として宿を営んでいるとのことです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
志布志の宿すず風


08.民宿せせらぎ(志布志市)


出典 https://www.jtb.co.jp/

バラなどの花が咲く広い庭と小川のせせらぎを石で綺麗に配した、広い庭にテラス広場を持った自然豊かな雰囲気が特徴の民宿。

こちらも先ほどの「すず風」と近い立地で、宿自体は家庭のお風呂しかないタイプ。宿から徒歩4分「よもぎのさと」の日帰り入浴施設が便利で、この宿だと無料入浴券付き。

ベーシックな和室で、アットホームな雰囲気の宿泊を楽しむことができます。

参考価格は、素泊まり税込3,900円/人、夕食朝食付き税込7,000円/人。

花の咲く時期に散策も兼ねて利用するのが良さそうです。

<この宿をJTB予約サイトで見る:広告>
民宿せせらぎ


その他

・鹿児島市街のホテルグランセレッソ鹿児島(温泉あり)
・鹿屋市のライラックホテルズ・アンド・リゾート(温泉が無いのがネック)
・出水市の出水湯泉宿泊センター(ちょっと安っぽいけど大浴場あり)
・指宿市の民宿良(付近の温泉あり)

まとめ

鹿児島県全域を対象として、まずは8軒を紹介してみました。

以上、鹿児島県全般のおすすめ宿特集でした。

(初回投稿日:2019年3月5日 更新日:2018年4月1日)