群馬県のご当地グルメ16選!B級名物 郷土料理 食べ物

峠の釜めし

前橋、高崎などの都市部から温泉地まで色々な顔のある群馬県。

北関東の小麦粉文化により、うどんが名物のひとつ。下仁田のネギやこんにゃくといった名産もあります。

今回は群馬県の旅行者に向けて、群馬県の飲食店で楽しめるご当地グルメを紹介します。

セシモ コイ

旅行先の昼食や夕食で立ち寄るお店をすぐに見つけられるよう、各グルメの提供店一覧と筆者おすすめ店も掲載しました!

群馬県のグルメ分布図

群馬県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

群馬県グルメ分布図(左半分)群馬県グルメ分布図(右半分)
この地図画像はクリックすると左右半分ずつ拡大表示します。

A.群馬県全域のグルメ

まずは、県全域で楽しめるグルメを紹介します。

01.おっきりこみ(県全域)

サトイモ、ダイコン、野菜類などを汁で煮込み、小麦粉の平たい手打ち麺を入れた「上州ほうとう」とも呼ばれる麺料理。

主に生麺を使用することで汁にとろみが出るのが特徴。うどんと異なり麺に塩を使用せず、下茹でをせず汁に入れて煮込むのが一般的です。

山梨のほうとうよりも、麺に加える水の量も少ない傾向にあります。麺を切って汁に入れることを繰り返す「切り込む」ことが名前の由来です。

汁は地域により味噌か醤油のどちらを使用するかが分かれており、東毛エリアでは醤油の傾向が強くて西毛エリアは味噌を使用したつゆであることが多いと言われます。

北関東の小麦生産、うどん文化を象徴する群馬全域の名物です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供95店舗マップ
[店分布] 県全域で100店舗以上
[おすすめ店] 新田乃庄 寒山亭 – おっきりこみを名物とした和の郷土料理店

02.みそパン(県全域)

味噌を名産とする群馬県にて、味噌をパンに塗る「みそパン」が県の名物。味噌を塗って焼き上げる群馬県の名物「焼きまんじゅう」が由来と言われています。

味噌パン自体は他県でも菓子パンや蒸しパンのタイプのものがありますが、群馬県では甘みが少ないコッペパン、食パン、フランスパンなどを使用した総菜パンのタイプです。

パンにナイフで切り込みを入れて、砂糖などで甘みを加えた味噌を塗ったもの。

群馬県の沼田市にあるフリアンパン洋菓子店が発祥と言われ、今では県内で広く販売されていてパン屋さんなどで購入できます。

フランスパンのバゲットに甘い味噌を塗って食べるの、美味しそう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供3店舗の解説記事
[店分布] 県全域で店舗多々あり
[おすすめ店] フリアン 郊外1号店 – 発祥のフリアンで楽しめる味噌パン

B.県央(中毛)地域のグルメ

伊香保温泉・小泉稲荷神社・群馬県庁などのある、県央地域(前橋・伊勢崎・渋川・榛東・吉岡・玉村)のご当地グルメを紹介。

03.水沢うどん(渋川市)

水沢うどん写真 水沢観音門前にある「松島屋」の水沢うどん

讃岐、稲庭とともに日本三大うどんと言われる、渋川市伊香保町水沢地区で名物の水沢うどん。

水澤寺(水澤観音)の参拝客向けに提供されたのが始まりで、伊香保温泉エリアの水沢うどん街道にお店が並びます。

若干細めでコシと弾力のある手打ち麺は、透明感と清涼感を持ちツルツルとなめらかな食感が特徴。冷たいざるうどんでの提供が定番です。

落ち着きのあるお店で、上品でありながらリーズナブルに楽しめるのがひとつの魅力。ツヤのある麺は、冷ざるで食べるのが個人的にオススメ!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供14店舗一覧
[店分布] 渋川市に14店舗、他
[おすすめ店] 松島屋 – 和室もある冷たい水沢うどんのお店

04.伊勢崎もんじゃ(伊勢崎市)

昭和30年代に駄菓子屋さんの片隅に鉄板があり、子どもたちのおやつの定番だった「もんじゃ焼き」は伊勢崎市で今も食事メニューとして提供店が沢山あります。

伊勢崎もんじゃの特徴は、いちごシロップやカレー粉を入れる点。いっけん邪道とも思われるいちごシロップによりコクが出るそうで、地元で長く支持されています。

いちごシロップ入りを「あま」、カレー粉入りを「から」、両方入れる場合は「あまから」とオーダーするのが一般的です。

キャベツやベビースターラーメンなどを具材として、食べ方も東京系もんじゃと同じだとか。伊勢崎もんじゃ祭りが年1回開催されるなど、地元馴染みのグルメです。

いちごシロップって!どんな味になるのか想像つかない。お好み焼き屋などの専門店もあり、食べてみたいです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供20店舗マップ
[店分布] 伊勢崎市に20店舗
[おすすめ店] みちくさ – 地元民に定評のあるお好み焼き屋さん

05.前橋TONTON豚肉料理(前橋市)

雄大な自然に囲まれた赤城山の南麓では養豚が盛んで、全国でもトップクラスの産出額をほこります。

その前橋の豚肉を楽しめるよう「TONTONのまち前橋」と称して、豚肉料理グルメ店ブックを作成して市内の多くの店で豚肉料理を提供しています。

卵とじのカツ丼にソースカツ丼、とんかつ、豚丼、もつ煮、ホルモン焼、焼肉、カツカレー、スペアリブ、豚すき焼きなど実に多彩な料理を市内で楽しむことができます。

また、市内では豚肉を使用した料理コンテスト「T-1グランプリ」が開催されて、投票でグランプリ店が毎年選ばれます。

たくさんのお店それぞれで工夫した豚料理があり、色々な味を楽しんでみたい!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供81店舗一覧
[店分布] 前橋市に80店舗以上
[おすすめ店] 太田食堂 – 濃厚スープのカツカレーラーメン

C.県西(西毛)地域のグルメ

富岡製糸場・碓氷峠鉄道文化むら・榛名神社などのある、県西地域(高崎・藤岡・富岡・安中・上野・神流・下仁田・南牧・甘楽)のご当地グルメを紹介。

06.高崎パスタ(高崎市)

高崎パスタ写真 イタリアン「エ・ヴィータ」のランチパスタプレート

高崎市は人口あたりのパスタ店が全国的にも多い「パスタの街」。小麦の主要産地の群馬県で、うどんや焼きそばではなくパスタ(スパゲッティ)の形で広がっています。

1968(昭和43)年創業の老舗イタリアン「シャンゴ」が高崎にパスタを広めたと言われ、デカ盛のパスタを提供するお店として高崎パスタの代表的な位置づけです。

特に高崎市ならではの具材や盛り付けなどの決まりは無いですが、イタリアン店を中心として高崎市街地など市内各地でパスタを食べることができます。

店舗が多いだけでなく各店こだわりの見た目で提供してくれて、ワインなどにも合いそう。音楽の街で、上品なBGMとともに食べるパスタが美味しい!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供9店舗まとめ記事
[店分布] 市内に数十店舗ほど
[おすすめ店] エ・ヴィータ – 高崎駅西口の裏路地にたたずむイタリアン店

07.高崎オランダコロッケ(高崎市)

日本とオランダの国交400周年、高崎市制100周年を記念して、ご当地グルメとして新登場した「オランダコロッケ」。

ジャガイモを中心としたコロッケで、チーズ、ベーコン、パセリなどの具材が特徴。俵型に揚げるもので、食べると中のチーズがとろける作りです。

高崎市の精肉店で販売されており、持ち帰りや食べ歩きとして袋で購入できます。

食べ歩きグルメの定番、コロッケ。チーズが入って甘くとろけそう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供6店舗一覧
[店分布] 市内に6店舗ほど
[おすすめ店] 平井精肉店 – 肉屋さんで楽しめるご当地のコロッケ

08.峠の釜めし(安中市)

峠の釜めし写真 横川の本店「おぎのや」店内で峠の釜めしをオーダー

駅弁の一種として全国的にも知名度の高い、横川駅に本店を持つ「おぎのや」の釜めし。

古くは横川駅の電気機関車付け替えの長時間停車時に駅弁を販売しており、1958年に新しい駅弁として登場したのが峠の釜めしです。

当時から変わらない益子焼の器で提供されて、山菜や鶏肉などの具材が入っており漬物付きで楽しむことができます。

山菜のクセがなくて食べやすく、タレの染みた旨みある鶏肉が美味しい!食べた後の器は持ち帰れるので、家にとっておく人も結構多そう。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供19店舗一覧
[店分布] 群馬県に10店舗、県外に9店舗、北陸新幹線はくたか車内販売
[おすすめ店] おぎのや 横川本店 – 広いドライブイン店内と持ち帰り販売

09.下仁田こんにゃく(下仁田町)

下仁田こんにゃく写真 釜めしの「おぎのや」店内で釜めしセットのこんにゃく

下仁田でネギとともに名産なのが、こんにゃく。

山間で日照時間が短くて山の斜面を利用した段々畑で水はけが良いことから、こんにゃく芋の生育に適しており栽培が盛んになりました。

煮物や炒め物などの料理だけでなく、刺身こんにゃくや湯葉こんにゃくで醤油につけて食べるのも定番です。

こんにゃくパークの工場見学など、観光の顔にもなっている下仁田のこんにゃく。お土産のこんにゃく販売も現地でよく見かけます。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 下仁田町に数店舗、他
[おすすめ店] 下仁田こんにゃく観光センター – 下仁田コロッケはこんにゃく入り

10.下仁田かつ丼(下仁田町)

大正時代から下仁田町の定番メニューとして飲食店で提供されている、醤油のタレを使用するのが特徴のカツ丼。

豚のヒレカツを使用するお店が多く、揚げたカツを醤油ダレにサッとくぐらせたもの。卵とじなどはせず、ご飯の上へカツを乗せるシンプルなスタイルです。

2019年時点で「下仁田かつ丼の会」加盟店8店舗で、非加盟店での提供もある様子です。

桐生、足利あたりではソースカツ丼ですが、醤油使用は下仁田ならでは。塩気がありつつあっさりいただけるそうで、食べてみたい一品です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供8店舗一覧
[店分布] 下仁田町に12店舗
[おすすめ店] きよしや食堂 – 昭和12年創業で秘伝のタレによるカツ丼

11.下仁田すき焼き(下仁田町)

下仁田町の特産である「下仁田ねぎ」と「しらたき(こんにゃく)」を用いたおもてなし料理として、代表的なすき焼きがご当地の味となっています。

とろみがあり甘いネギはすき焼き向きだとか。具材もシイタケ、春菊、豆腐、卵なども下仁田産を極力使用するそうで、上州和牛や豚モツなど肉も店ごとのこだわり。

ドラマ「孤独のグルメ」でも下仁田町のお店「コロムビア」が使用されるなど、話題性もあるグルメです。

地元素材でそろえたすき焼き、最強すぎる!味噌や醤油にもこだわる土地柄ゆえベースも期待でき、複数人でワイワイとつつきたい鍋料理です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供4店舗一覧
[店分布] 下仁田町に4店舗
[おすすめ店] 鍋屋 – 1人用の五徳鍋でも提供されている下仁田すき焼き

D.県東(東毛)地域のグルメ

桐生新町の街並み・金山城跡・茂林寺などのある、県東地域(桐生・太田・館林・みどり・板倉・明和・千代田・大泉・邑楽)のご当地グルメを紹介。

12.ひもかわうどん(桐生市)

小麦粉のうどんの一種で、幅が広い平打ち麺「ひもかわ」。特に桐生市では「ひもかわうどん」として、薄く延ばして幅が特に広いのが特徴の郷土料理。

群馬県全域の名物「おっきりこみ」よりも薄い1mmほどに延ばすことで、ツルンとした滑らかな食感と喉ごしが出るのも特徴のひとつです。

幅はお店によって異なりますが、5cm~10cmくらいと広め。冷たいめんつゆ、桐生産キノコなどが入った温かいつけ汁、などで楽しむことができます。

また、桐生市はうどん店が多く「桐生うどん」と呼ばれており、各店で作るオリジナルルーのカレーうどんがあり「カレーひもかわ」を楽しむこともできます。

埼玉県の川幅うどんと似ていて、ツルッとした食感がありつつモチモチとして楽しめます。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供49店舗マップ
[店分布] 市内に数十店舗ほど
[おすすめ店] 味処ふる川 – 特別に幅が広いうどんはインパクト大

13.ソースかつ丼(桐生市)

ソースかつ丼写真 元祖ソースかつ丼と言われる「志多美屋」のソースかつ丼

群馬県、とりわけ桐生市で「かつ丼」と言えば、卵を使用せずソースを染み込ませたソースかつ丼が定番。「上州かつ丼」とも言われます。

キャベツを敷かずに小さめのカツを乗せたシンプルな見た目。衣を付けて揚げてから甘めのソースにくぐらせる方式のお店が多いです。

桐生名物の赤城ポークを使用したお店もあり、ヒレやモモなどお店によって部位も異なります。

適度な酸味あるソースが染みた。、ソースカツ丼。小さめなヒレ肉を食べ進めて、ご飯もまたソースが合います。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供18店舗まとめ記事
[店分布] 市内に十数店舗ほど
[おすすめ店] 志多美屋本店 – ヒレカツにソースが馴染んだ定番店の本店

14.太田やきそば(太田市)

太田やきそば写真 甘辛いソースが絡む「松本」の肉入り焼そばコーン乗せ

太麺で濃いめのソースを特徴とした、昔ながらのソース焼きそば。キャベツ、青のり、紅しょうがのスタンダードな具材です。

太田市には自動車メーカーSUBARUを代表として自動車関連工場が多く、出稼ぎ労働者によって太田市に持ち込まれた「安くてボリュームがあり伸びにくい」焼きそばが定着したもの。

飲食店それぞれで独自にブレンドしたソースを用いており、お店によっては「黒い」と言われるほどに濃い色合いに仕上がります。

私が行ったお店は油を含んだ汁気あるソースが実に香り高く、コシのある太麺で食べ応え抜群!クオリティの高い焼きそばで、安くてボリュームがあるのも魅力。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 公認33店舗一覧&マップ
[店分布] 市内に数十店舗ほど
[おすすめ店] やきそば松本 – 簡易プレハブ店舗ながら鉄板調理で人気のある店

15.館林うどん(館林市)

館林うどん写真 茂林寺でシルクうどんの名を持つ「もり陣」のまゆ玉うどん

利根川と渡良瀬川に挟まれた栄養ある土地と水、長い日照時間で古くから小麦栽培豊富な館林。

水沢や桐生と並んで群馬三大うどんのひとつと言われ、茂林寺を中心にうどん店が多いです。

上品でなめらかなうどんで卵を絡めて食べるのも定番。釜揚げや釜玉で熱々のうどんも。

卵の黄身がまったりと絡んだうどんをスルスルと食べ進める、北関東の定番グルメです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 館林市に十数店舗
[おすすめ店] もり陣 – 茂林寺の近くにあるうどん屋さん

E.県北(北毛)地域のグルメ

吹割の滝・草津温泉・ロックハート城などのある、県北地域(沼田・片品・川場・昭和・みなかみ・中之条・長野原・嬬恋・草津・高山・東吾妻)のご当地グルメを紹介。

16.沼田だんご汁(沼田市)

小麦粉を練って丸めてちぎった団子を、地元産の野菜と一緒に煮込んだ料理。鍋で提供されることもあれば、お椀で味噌汁的な位置づけで食べる場合もあります。

店ごとに汁の味が異なり、醤油味、味噌味、洋風など様々。具材はネギ、にんじん、しらたき、まいたけなど、野菜類がたっぷり。

沼田市で古くから親しまれてきた郷土料理です。

内陸の県で定番となる小麦粉団子の汁物。野菜の収穫が豊かな群馬県らしさのある味を、汁物で楽しんでみたい!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供5店舗一覧
[店分布] 沼田市に5店舗ほど
[おすすめ店] たきもと食堂 – 麺類や丼などにだんご汁もある食堂

その他

特定の店舗でのみ楽しめるご当地グルメとしては、
・太田市のかわとみ「ナスの蒲焼き」
・前橋市の登利平「上州御用鳥めし」

まとめ

水沢、桐生、館林など、うどんを名物とする文化が色濃い群馬県。
おぎのやの「峠の釜めし」は横川駅近くだけでなく高速道路のサービスエリアなどでも購入が可能なので群馬の定番グルメと言えます。

以上、群馬県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年6月2日 更新日:2020年8月25日)