山梨県のご当地グルメ12選!B級名物 郷土料理 食べ物

鳥もつ煮

武田信玄ゆかりの山梨県では、ほうとう鍋を筆頭にして里山の食材グルメの宝庫。

B級グルメで話題の鳥もつ煮、ジューシーな甲州牛、消費量の多い馬刺しなど肉類も多く、名産のワインを添えて楽しめます。

今回は山梨県の旅行者に向けて、山梨県の飲食店で楽しめるご当地グルメを紹介します。

セシモ ユイ

旅行先の昼食や夕食で立ち寄るお店をすぐに見つけられるよう、各グルメの提供店一覧と筆者おすすめ店も掲載しました!

山梨県グルメ分布図

山梨県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

山梨県グルメ分布図

山梨県全域のグルメ

01.ほうとう

ほうとう写真 山梨の定番チェーン店「小作」で厚みある具材のほうとう

小麦粉の麺と野菜を味噌仕立ての汁で煮込んだ、山梨県の代表的な郷土料理。棒で伸ばして切った平打ちの太麺を用いて、鍋の器で提供されるのが一般的です。

具材として欠かせないのがカボチャで、甘い食材として古くから重宝していたもの。海の無い県として具材は山菜が多く使われて、人参やしいたけも定番です。

武田信玄が考案した陣中食という説もありますが、それ以前の江戸時代から食べられていた郷土食と言われています。

かぼちゃの甘みと濃厚トロリとした味噌の汁の塩気がマッチして、麺の味わいと満足度抜群。1人でも基本的にオーダーできる鍋モノで、山菜も抵抗感なく旨い!
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供9店舗まとめ記事
[店分布] 県内全域(特に甲府盆地と富士五湖)で広く提供
[おすすめ店] 小作 甲府駅前店 – 甲府駅近くでほうとうの和食処

02.おざら

おざら写真 蕎麦や郷土料理のある食事処「なかむら」の巨峰おざら

山梨県の郷土料理「ほうとう」でも使用する平打ち麺を茹でて冷やしてザルに乗せて、醤油ベースのつゆにつけて食べる料理。「おだら」とも呼ばれ、山梨県の郷土料理のひとつです。

ほうとうの麺よりも少し細い麺を使うのが主流で、おざら用の麺として販売もされています。つゆは温かいものを用意するのが一般的ですが、冷たいつゆで食べる場合も。

つゆには白ネギ、タマネギ、ニンジン、油揚げ、鶏肉などが入り、お店によって具材は様々です。

ほうとうが冬向きの鍋料理の一種であることから、暑い季節でも食べやすくて喉越しの良い食べ方として夏場によく食べられているものです。

冷や麦や冷ざるうどんの感覚で食べる、夏の涼しげな麺料理。つゆには細く切った油揚げが入っていると美味しいです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 不明(甲府市のちよだ、チェーン店の小作など)
[おすすめ店] なかむら – 巨峰練り込みの麺で食べるおざら

03.鳥もつ煮

鳥もつ煮写真 甲府駅南口で元祖と名高い「奥藤本店」の鳥モツ煮を丼で

ニワトリのモツを砂糖と醤油で煮た、山梨県の郷土料理。単なるモツ煮込みではなく、少量のタレを汁気が無くなるまで短時間の強火で甘辛く煮詰めたものが一般的です。

甲府市が町おこしのために「甲府鳥もつ煮」と名付けて、2010年のB-1グランプリで優勝。甲府市以外でも県内で広く食べられていることから「甲州鳥もつ煮」とも呼ばれています。

1950年頃に用途が無く捨てていた鳥もつを活用すべく、甲府市の蕎麦屋が考案したのが始まり。砂肝、ハツ、レバー、キンカンなどの部位が用いられます。

蕎麦屋のサイドメニューや、お酒のおつまみの一品として楽しめるもの。ご飯に乗せた丼として、メインの食事として楽しむこともできます。

内臓系の焼き鳥に近いもので、特にレバーの独特さは慣れると美味しいもの。濃いめのタレの香りが強く、蕎麦やあっさりした飲み物と合わせたい一品です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供41店舗一覧
[店分布] 甲府市に40店以上、県全域にも提供店あり
[おすすめ店] 奥藤本店 – 甲府駅近くで鳥もつ煮丼を豪快に

04.甲州牛、甲州ワインビーフ

甲州牛写真 河口湖の湖畔にある「山岸旅館」にて夕食の甲州牛を五徳で

山梨県には「甲州牛」を筆頭に、葡萄で育てた「甲州ワインビーフ」や麦芽で育てた「甲州麦芽ビーフ」があります。主に甲斐市の小林牧場で飼育されたものです。

甲州牛は、自然の中で育てられた品質ランク4~5等級の黒毛和牛。とろけるように柔らかくジューシーな肉質、豊かな風味が特徴とされています。

甲州ワインビーフは、ワイン生成時に発生する葡萄の搾りカスを飼料の一部に用いて飼育された、交雑種の牛から採れる牛肉。ポリフェノールを含み、柔らかい肉になります。

ミネラルウォーター生産日本一を誇る山梨のミネラル豊富な名水が、肉の美味しさを左右すると言われています。

石和温泉など温泉地の夕食でよく提供される、ステーキなどにピッタリの肉。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供店舗一覧(PDF)
[店分布] 県内に数十店舗
[おすすめ店] 山岸旅館 – 河口湖でモダンな和室と料理

05.馬肉料理

馬肉料理写真 県東部の名所、猿橋の近くに佇む「大黒屋」の馬肉山椒焼

熊本、会津、長野で名物の馬肉ですが、山梨も馬肉文化が色濃い県のひとつ。

古くから富士山の信仰登山の荷揚げ用や甲州街道の往来などで馬が多く飼われていたことが由来で、富士吉田市をはじめ県全域の名物。

馬刺し、コロッケをはじめとして吉田うどんの具材など色々な料理法で用いられます。

馬刺しだけでなく、熱を通した食べ方をよく見かける山梨の馬肉。蕎麦屋さんや居酒屋で添える一品として。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 県内に数十店舗
[おすすめ店] 大黒屋 – 猿橋で馬肉を丸めた山椒焼のある蕎麦屋

06.信玄餅スイーツ

信玄餅スイーツ写真 甲府駅で桔梗信玄餅系列「黒蜜庵きなこ亭」で信玄餅パフェ

山梨県の代表銘菓、信玄餅。最大手の桔梗屋の桔梗信玄餅をはじめとして金精軒など幾つかのメーカーの製品があります。

そんな信玄餅を使用したスイーツも登場しており、桔梗屋系列のカフェで提供されていることが多いです。

信玄餅ソフト、信玄餅パフェ、信玄餅アイス、信玄餅ロールケーキ、信玄餅クレープなど多岐に渡ります。

信玄餅のきな粉と餅はパフェなどの食べ方にマッチしていて、黒蜜のきつい甘さがアイスや寒天で緩和されて食べやすいです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 県内に十数店舗
[おすすめ店] 黒蜜庵きなこ亭 – 甲府駅近くで桔梗屋系列の甘味処

07.ワイン

ワイン写真 甲府駅近くのやまなしプラザ内「オープンカフェ」の赤ワイン

国内の約3割のワインを生産している山梨県。

約80もあるワイナリーにより様々なワインが売られており、和食に合わせやすい特徴を持つと言われています。

特に山梨県の特産となるブドウ品種「甲州種」を用いた白ワインの評価が高いです。

レストランや居酒屋から旅館まで、食事に添えて楽しめるワイン。赤はベーリーA、白は甲州種がオススメです。(お酒は20歳になってから!)
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] Google検索結果
[店分布] 県内に数十店舗
[おすすめ店] オープンカフェ – 甲府市街地で休憩にワインを楽しめる広いカフェ

中央市のグルメ

08.青春のトマト焼きそば

県内で一番のトマト生産量をほこる、中央市。そのトマトを活かした市の新たな名物として、2007に誕生したトマトソースの焼きそばです。

1970年頃に中央市で提供されていた喫茶店メニュー「ミート焼きそば」の復刻という意味もこめて、中央市商工会青年部が中心となって開発したB級グルメ。

中央市産の完熟トマトに甲州富士桜ポークを使用したミートソース系のトマトソースを、薄味の焼きそばにかけるのが基本形。味付けや具材はお店によって様々です。

ミートソースで味が濃くなりすぎないように、焼きそばは薄味にしているみたい。地元産の野菜を添えた盛り付けの店で食べてみたいです。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供10店舗一覧とマップ
[店分布] 中央市に10店舗以上
[おすすめ店] 甚六 – 蕎麦やうどんの店で楽しむトマト焼きそば

上野原市のグルメ

09.せいだのたまじ

小粒のじゃがいもを味噌で煮詰めた、上野原市の新グルメ。

上野原地方で代官を務めた中井清太夫が九州から取り寄せて栽培したじゃがいもを清太芋(せいだいも)と呼び、当グルメの名称に採用。

小粒のじゃがいもは「たまじ」と言われ、時期にもよりますが里芋より少し大きいくらいのサイズで楽しめます。

じゃがいもを皮付きで煮詰めるのは、意外と珍しいような。バター乗せで提供するお店もあるとか。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供店舗紹介記事
[店分布] 上野原市3店舗ほど
[おすすめ店] 和い寿うどん – うどんにせいだのたまじを添えて

大月市のグルメ

10.大月おつけだんご

大月おつけだんご写真 大月駅前の居酒屋「かつら」でおつけだんごを堪能

味噌汁の中に旬の野菜と小麦粉の団子を入れた、大月市の郷土料理。基本は味噌ベースですが、醤油、塩、鶏ベースで出すお店もあります。

具材は店によって様々で、大根、人参、里芋、ゴボウなどが使用されます。団子は小麦粉を水に溶いたものを使用。

味噌汁の別称「おみおつけ」や地名「大月」など、名前の由来は諸説あり。大月市の「大月桃太郎伝説」によるものという説も。

小遊三師匠のおけつだんご!小麦粉団子に根菜類の汁物は、すいとんを思わせる山間部の豊かな味覚です。要予約のお店もあるので下調べを。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供20店舗一覧(PDF)
[店分布] 大月市17店舗、都留市2店、上野原1店
[おすすめ店] かつら – 大月駅前でおつけだんごと大月餃子の店

富士吉田市のグルメ

11.吉田うどん

味噌や醤油のつゆに硬めで太麺のうどんが入った、富士吉田で古くから親しまれているうどん。具材はキャベツなどで、馬肉を入れるお店もあります。

古くは繊維業が盛んだった下吉田地区では、織物の機械を動かす女性の昼食を男性が用意していたもの。力のある男性はうどんを力いっぱい練るため、コシの強さが主流に。

小麦粉文化の土地柄に加えて富士山の湧き水に恵まれていることで、今もうどん店が多くて観光グルメの目玉でもあります。

温かいつゆで食べるのが基本ですが、大根おろしの冷やしや鍋焼きタイプも。大半が昼のみ営業のため、立ち寄る時間には注意が必要です。

手打ちで武骨な見た目の極太うどんは、小麦由来の味わいがしっかり立つ食べ応えのあるもの。お昼の食事だけでなく、居酒屋で食べるのも一興です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供47店舗一覧
[店分布] 富士吉田市を中心に50店舗以上
[おすすめ店] 麺許皆伝 – かけうどん、つけうどんに大盛もあるうどん店

富士川町のグルメ

12.みみ

薄くのばして切った特徴ある小麦粉生地とともに、野菜類を味噌で煮込んだ富士川町の郷土料理。富士川町の十谷(じっこく)集落に古くから存在する料理と言われます。

小麦粉を練って薄くのばして約3cm四方の正方形に切ってから、農作業で使う道具「箕(み)」のような形にするのが特徴。箕だけでなく耳にも似ていることが、料理名の由来です。

煮干でダシをとり、ゴボウ、大根、さといも、カボチャ、ニンジンなどの具材とともに味噌で煮込むのが一般的な作り方です。

山梨県名物のほうとう鍋として作る「みみほうとう」もあれば、ほうとうとは異なる汁物として提供される場合もあります。

県南でほうとうを食べるのであれば、変わった形の麺で楽しむのが面白そう。要予約や宿泊客限定のところもあるので、下調べ要です。
提供店一覧(外部サイト)

[店一覧] 提供8店舗一覧(PDF)
[店分布] 富士川町に8店舗ほど
[おすすめ店] 國本屋 – うなぎの和食処でみみの提供もあり

まとめ

以上、山梨県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2017年9月13日 更新日:2020年1月11日)