富山県の人気絶景スポット14選!インスタ映え観光名所

富山県の絶景スポット

日本海に面した富山県は、新湊の海王丸や氷見の雨晴海岸など海の風景が魅力。環水公園の運河など水の満ちた景色が豊富です。

五箇山の合掌造り古民家や宇奈月トロッコなど、山間部の姿も美しいものです。

今回は、インスタ映えするフォトジェニックな富山県の絶景を紹介していきます。

セシモ コイ

海と山の自然景観に加えて、橋や歴史的建造物など見どころ盛りだくさん。地図リンク付きで、地域別に解説します。

県東・富山地区の絶景スポット

呉東とも言われる県東部のうち、富山地域(富山市、滑川市、上市町、立山町、舟橋村)の絶景スポットを紹介。

01.富岩運河環水公園の天門橋(富山市)

富岩運河環水公園の天門橋写真 富岩運河を象徴する天門橋の両端に展望台があるオアシス

富山駅北口から徒歩で行ける「環水公園」は、富山湾まで続く長さ5.1kmの「富岩運河」を活用して公園化した市民憩いのスポット。

プロムナード近くには「総合体育館」や、料理の鉄人の坂井宏行シェフ監修のフレンチレストランがあります。運河沿いには「世界一美しいスタバ」と称されるスターバックスコーヒー店舗や、660席の野外劇場などがあります。

特に美しい景色として運河らしさのある建築物は、運河を象徴する公園のシンボル「天門橋展望台」。両端に展望台を備える、全長58メートルの橋です。

夜にライトアップされる日もあり、春夏秋冬で趣向をこらした「環水公園ライトアップファンタジー」のイルミネーションを鑑賞できるときがねらい目です。

夏場に行ったことがあって落ち着きある公園で、のびのびできます。スタバのテラス席も居心地が良さそうです。
アクセス情報

[住所] 富山県富山市牛島本町1-1-88(地図

02.富岩運河環水公園の展望台(富山市)

富岩運河環水公園の展望台写真 環水公園の天門橋展望台から見る立山連峰と富山市内

先ほど紹介した「富岩運河環水公園」の「天門橋」は、両端に展望台があり富山市屈指の展望を見ることができるポイント。

運河からプロムナードにかけての展望景色には「世界一美しいスタバ」の建物に芝生が広がり、遠くには3,000メートル級の立山連峰が遠くそびえています。

特に冬の雪で染まる立山連峰は、壁のように市街地を覆う富山らしい景色。富山県屈指の絶景スポットとして、そしてスタバの絶景として紹介されることも多いです。夜景も見ごたえがあるそうです。

空気が澄んで遠くの立山連峰がくっきり見渡せる冬がねらい目でありつつ、桜が咲く春も魅力的です。
アクセス情報

[住所] 富山県富山市牛島本町1-1-88(地図

03.岩瀬の街並み(富山市)

岩瀬の街並み写真 松の木が美しい北前船回船問屋の建物が残る岩瀬の街並み

日本海で物資を運搬した北前船が停泊する港町として栄えた、岩瀬港。富山駅から路面電車(ポートラム)で来訪できる運河の港町です。

古い街並み「岩瀬の街並み」があり、古民家の屋敷など明治時代に建てられた家屋が並びます。酒蔵など昔ながらで残りつつ、カフェや甘味のお店もあって散策を楽しめます。

北前船の歴史を楽しめる「北前船回船問屋森家」の中を見ることもできます。東岩瀬駅から街並みへと入り、富山港展望台から岩瀬運河を経て岩瀬浜駅へ行くルートが定番です。

三角どら焼きやアイスキャンディイを購入でき、風情ある外観のカフェでゆったり!豪商らしさのある大きな屋敷の松の木など、風情たっぷり。
アクセス情報

[住所] 富山県富山市東岩瀬町108(地図

04.豪農の館 内山邸(富山市)

豪農の館 内山邸写真 独特な縁側から見る風情ある緑の庭でゆったり

富山駅の北側で神通川を越えた先にある、地域歴史博物館にも位置づけられている「内山邸」。越中の豪農だった内山家の邸宅と庭園を見ることができます。

富山藩時代の豪農屋敷ならではの建物、美術品、民俗資料などが屋敷内に展示されており、建物内や縁側を見ることができます。雪国ならではの「雪吊り」で木々を雪から守る姿が庭に風情を与えています。

また、裏手に梅が多数咲く庭が晩冬の見どころ。赤梅、白梅、椿などを見ることができます。

梅の花を目当てとして来訪してみて、苔の生えた椿などもあって楽しめました。
アクセス情報

[住所] 富山県富山市宮尾903(地図

05.ほたるいか海上観光 4月~GW頃限定(滑川市)

ホタルイカで有名な滑川市には「ほたるいかミュージアム」があり、光を発するホタルイカの鑑賞などを見ることができます。

特に4月上旬から5月上旬まで1ヶ月ほどの期間限定で、ホタルイカ漁の光景を実際に見ることのできる「ほたるいか海上観光」が名物です。(2020年は開催されない可能性がありますので公式サイトで最新情報を確認したほうが良いです)

夜明け前に出航して定置網でホタルイカ漁をする姿を観光船で見学することができ、夜の海で青い光を発するホタルイカの大群は幻想的な光景。ゴールデンウィーク時期の富山県を代表する観光名物です。

夜明け前の海に青白い光を放つホタルイカを豪快にすくいあげる定置網漁を見てみたい!
アクセス情報

[住所] 富山県滑川市中川原410(地図

06.東福寺野自然公園・海の見える時計台(滑川市)

滑川市の東福寺野台地にある「東福寺野自然公園」は、標高300メートルほどの高台から富山湾を遠くに眺めることのできる自然公園です。

かつて富岩鉄道や国鉄の駅として使われていた駅舎の移築や、SLの客車を改造した宿泊ロッジなどがあります。屋外トランポリン「ふわふわドーム」、池、果樹園など子どもの遊び場にもピッタリです。

美しい景色としてオススメなのは、公園内にある「海の見える時計台」。札幌市時計台を模して2分の1のスケールで作ったもので、赤い三角屋根の洋館と海のコラボがいい景色です。

白亜のキレイな時計台は天気のいい青空が似合うもので、芝生と遠くの海をしっかりおさめられる構図で撮影してみたいです。
アクセス情報

[住所] 富山県滑川市東福寺野41(地図

07.大岩山日石寺の六本滝&十二支滝(上市町)


上市駅から7kmほど離れた山間部で、大岩川が流れる県道沿いあるお寺「日石寺」。観音像や三重塔など見どころがいくつかあり、修行者だけでなく観光客にも親しまれています。

特に名物となるのが、滝修行にも使われる「六本滝」と「十二支滝」。ブロンズの龍の口から水が流れ落ちる人工的に作られたものですが、大きい岩で造られた壁に6本の滝と12本の滝がキレイに流れ落ちる姿は修行僧をイメージしやすい光景です。

また、岩をくりぬいてお堂にした「阿覚窟」も見どころのひとつです。

車で近くの公園が桜の名所にもなっており、暖かい季節に涼を求めて来訪するのも良さそう。
アクセス情報

[住所] 富山県中新川郡上市町大岩163(地図

08.眼目山立山寺の栂並木(上市町)

上市駅から5kmほど離れた里山にある「立山寺」には、富山県のロケ地が豊富な映画「散り椿」で使われた並木が名物になっています。

栂(つが)という樹木が並木を作っており、お寺の参道となる道の左右にまっすぐそびえ建つ木々が緑で覆われた自然のトンネルを作り出しています。

自転車などでおもいっきり走ってみたい!夜は怖いみたいなので、昼にのんびり参拝として来訪したいスポット。
アクセス情報

[住所] 富山県中新川郡上市町眼目(地図

09.眼目山立山寺の三十三観音(上市町)

先ほど紹介した栂並木の「立山寺」は、お寺としてもフォトスポットとなる名物として「三十三観音」があります。

お寺内の屋根がある回廊に、石像の小さな観音像が33体並んでいる光景。ひっそりとした空間ながら、奥行きのある回廊に柱ごとの等間隔に並んでいる美しさ。

観音像それぞれに花や飾りが異なり、ひとつずつ見てまわるのもいいものです。

有名観光地とは違った、落ち着きのあるお寺にこういう見どころがあるのは嬉しいもの。栂並木とともに風情を感じられそうです。
アクセス情報

[住所] 富山県中新川郡上市町眼目15(地図

10.白岩川の剱岳ビュースポット(上市町)

白岩川の剱岳ビュースポット写真 立山連峰の剱岳をバックに白岩川の人工滝の美しさ

上市町では商工会が「剱岳ビュースポット」をまとめたマップを作っており、18箇所ほど町内から剱岳を背景にした撮影地があります。

川沿いの撮影名所としては、白岩川の落差がある水流部分と背景の剱岳という構図。特に冬の冠雪の立山連峰をバックにすると美しさも一層高まります。

他にも鉄道撮影スポットとして剱岳を撮影できるところもあるようで、町内を歩いて探してみたいです。
アクセス情報

[住所] 富山県中新川郡上市町(地図

県東・新川地区の絶景スポット

呉東とも言われる県東部のうち、新川地域(魚津市、黒部市、朝日町、入善町)の絶景スポットを紹介。

11.魚津埋没林博物館(魚津市)

雨晴海岸写真 雨晴海岸を象徴する島と立山連峰の定番構図

魚津駅から徒歩で行ける海沿いの埋め立て地にある、埋没林(まいぼつりん)の博物館。

樹齢2,000年と言われる杉の巨木の根っこが劣化せず残っており、劣化を防ぐため水中で保存した姿を見ることができる、特別天然記念物の埋没林を紹介する博物館。富山湾の名物の蜃気楼も紹介されています。

埋没林の根を展示する水中展示室が見どころです。

地味ではありますが、自然の木が織り成す姿を鑑賞できるスポット。
アクセス情報

[住所] 富山県魚津市釈迦堂814(地図

県西・高岡地区の絶景スポット

呉西とも言われる県西部のうち、高岡地域(高岡市、射水市、氷見市)の絶景スポットを紹介。

12.雨晴海岸(高岡市)

雨晴海岸写真 雨晴海岸を象徴する島と立山連峰の定番構図

富山県を代表する絶景としてよく紹介されるのが、能登半島寄りの日本海沿いにある雨晴海岸から日本海と遠くの立山連峰を眺める姿。

JR氷見線の雨晴駅から徒歩5分ほどで行ける海岸で、浜辺から海の手前に浮かぶ女岩のある方向に遠く富山市の街並みと3,000メートル級で壁のように立ちはだかる立山連峰。

特に冬は雪の積もった立山連峰の雄大さがあり、冬の朝は陸上の冷たい空気が海で湯気のように立つ「気嵐(けあらし)」という自然現象が発生することも。

夕陽時間帯の撮影も魅力のひとつで、海岸付近の国道沿いは鉄道撮影スポットとしても人気です。

観光列車べるもんたの撮影はしたことがありますが、冬の海岸での撮影を次に楽しみたいです。
アクセス情報

[住所] 富山県高岡市太田渋谷4781(地図

13.新湊漁港から見る新湊大橋(射水市)

新湊漁港から見る新湊大橋写真 新湊漁港の防波堤から望遠で見る新湊大橋と立山連峰

海沿いの新湊に架かる「新湊大橋」は「海王丸パーク」から見るのが定番になっていますが、少し遠い「新湊きっときと市場」付近の堤防から撮影する絶景がある様子。

正確な場所がわからず立ち入れるのか不明ですが、実際に撮影している方の写真がいくつかあります。

新湊漁港は釣り客もいるほどで気を付ければ問題なく撮影できますが、さらに海王丸に近い防波堤は立ち入り禁止。18-140のレンズで撮影して、望遠なら美しく撮れます。
アクセス情報

[住所] 富山県射水市港町18(地図

県西・砺波地区の絶景スポット

呉西とも言われる県西部のうち、砺波地域(砺波市、小矢部市、南砺市)の絶景スポットを紹介。

14.五箇山・相倉合掌造り集落(南砺市)

富山県の南砺市にある五箇山(ごかやま)は、岐阜県の白川郷と並んで合掌造りの建物が並ぶ集落。茅葺き屋根の古民家は、両手で合掌したような三角形が特徴。

五箇山には相倉集落と菅沼集落の2箇所にて合掌造りの古民家があり、相倉では遠くから屋根が並ぶ集落の全景を撮影できるポイントがあります。

緑豊かな夏の景色もさることながら、雪に染まった冬は一層美しいもの。ライトアップされる日もあります。

冬は移動手段の確保をしっかりして来訪したいところ。ライトアップの日の夜を狙うと、幻想的な姿を見ることができます。
アクセス情報

[住所] 富山県南砺市相倉(地図

まとめ

以上、富山県のフォトジェニックな観光スポットでした。

(初回投稿日:2020年3月2日 更新日:2020年3月18日)