島根県の人気絶景スポット3選!インスタ映え観光名所

島根県の絶景スポット

東の出雲地方から西の石見地方まで、古くからの歴史を感じさせるスポットの多い島根県。

東西に続く日本海に加えて宍道湖があり、一方でヤマタノオロチ伝説の伝わる奥出雲など山の景色も魅力的です。

今回は、インスタ映えするフォトジェニックな島根県の絶景を紹介していきます。

セシモ コイ

海と山の自然景観に加えて、橋や歴史的建造物など見どころ盛りだくさん。地図リンク付きで、地域別に解説します。

A.県東(出雲)地方の絶景

宍道湖(しんじこ)松江城・玉造温泉・出雲大社・安来ドジョウなどのある、県東地方(松江・安来・出雲・雲南・奥出雲・飯南)の絶景スポットを紹介。

01.島根ワイナリー(出雲市)

島根ワイナリー写真 噴水に洋風の建物が並ぶ島根ワイナリーの広場

出雲大社から近い「島根ワイナリー」は、ワインの製造工程を無料見学できるワイン製造工場に加えてレストランやお土産屋さんのある観光ワイナリー。

弥山(みせん)という小さな山を背景に、洋風のガーデンが広がる観光地らしさのある雰囲気。しまね和牛などを楽しめる屋内バーベキューなども魅力。

石州瓦と思われる屋根が連なり、白亜の壁に噴水広場まである異国情緒あふれる雰囲気!甘みが加わった島根ワインは万人受けし、最近は本格的なワインにも注力。
アクセス情報

[住所] 島根県出雲市大社町菱根264-2(地図

B.県西(石見)地方の絶景

石見銀山・温泉津温泉などのある、県西地方(浜田・江津・益田・津和野・吉賀・大田・川本・美郷・邑南)の絶景スポットを紹介。

02.石見銀山 大森の街並み(尾道市)

石見銀山 大森の街並み写真 石州瓦のオレンジ色の屋根と落ち着きのある大森の街並み

戦国時代から江戸時代にかけて、銀の採掘が行われていた「石見銀山(いわみぎんざん)」。最盛期には、世界に流通する銀の約3分の1を産出していたとも言われます。

当時の採掘跡は「間歩(まぶ)」と呼ばれ、洞窟のような穴が崖などに見られます。現在は「龍源寺間歩」を観光用として洞窟内に入ることができます。

銀の採掘地へと向かう途中には「大森の街並み」があり「大森銀山伝統的重要建造物群保存地区」に指定されています。

見どころのひとつは、石州(せきしゅう)地方で古くから使用されている屋根瓦「石州瓦(せきしゅうがわら)」。土と炎で焼き上げる瓦が各建物の屋根に使われています。

メノウの勾玉などアクセサリー販売店もあり、そこそこ広くてしっかり歩くと1時間以上かかり自然散策も楽しめるエリアです。
アクセス情報

[住所] 島根県大田市大森町ハ147(地図

C.離島(隠岐)の絶景

ローソク岩・摩天崖などのある、隠岐諸島(隠岐郡)の絶景スポットを紹介。

03.ローソク岩(隠岐の島町)

島根県に属する離島「隠岐」の中で、北東にある島後島の北部にある景勝地。海に浮かぶ岩が蝋燭(ろうそく)に見えることから名づけられたスポットです。

特に岩のてっぺんに沈む夕陽が重なり、ローソクに火がともったように見えるタイミングを狙って撮影するのがひとつの名物となっています。

付近は簡易的な公園化がされており、遠くから岩を眺める「ローソク岩展望台」と崖近くから岩を見れる「ローソク岩展望デッキ」があります。

隠岐を代表する景勝地で、自然が偶然に産み出したローソクのシルエットは興味深いもの。時期により夕陽の沈む位置も代わり、船の上からでないとローソクにならないという話も。
アクセス情報

[住所] 島根県隠岐郡隠岐の島町久見(地図

まとめ

以上、島根県のフォトジェニックな観光スポットでした。