東京都の人気絶景スポット4選!インスタ映え観光名所

東京都の絶景スポット

東京湾に面したお台場や葛西、下町らしさのある散策を楽しめる浅草や谷中、都会的な副都心や六本木など豊かな東京都。

さらに深大寺のある調布市や高尾山のある八王子市など西部もスポットがあり、伊豆諸島や小笠原諸島も東京都に属します。

今回は、インスタ映えするフォトジェニックな東京都の絶景を紹介していきます。

セシモ コイ

海と山の自然景観に加えて、橋や歴史的建造物など見どころ盛りだくさん。地図リンク付きで、地域別に解説します。

A.東京23区内の絶景

01.浅草吾妻橋(台東区)

浅草吾妻橋写真 黄金の泡が屋上にあるアサヒビールとスカイツリー

浅草駅の隅田川に架かる「吾妻橋(あづまばし)」は、浅草を代表する橋。橋の上から見れるアサヒビール本社ビル屋上の泡モニュメントが有名で、その奥にスカイツリーがそびえます。

橋の東岸は墨田区で、橋の西岸は台東区。西岸には墨田公園があり、浅草水上バス乗船場があるため隅田川を往来する船をたくさん見ることができます。

スカイツリーを遠く眺める風景として定番のスポットで、赤い橋を入れて撮影する構図もアリ。アサヒビールの泡モニュメントをウ○コと勘違いする人が多いらしいです……。
アクセス情報

[住所] 東京都台東区雷門2-1-15(地図

02.等々力渓谷(世田谷区)

等々力渓谷写真 東京23区のオアシスとして緑豊かな散策路を歩く

東京23区内唯一の渓谷「等々力(とどろき)渓谷」は、多摩川へと流れ込む支流の川を豊かな木々が包み込む自然たっぷりのスポット。

東急の等々力駅近くにある入口から約600メートル続く川沿いの遊歩道を歩き、ゴールには日本庭園や等々力不動尊で参拝できます。

遊歩道の途中にある「不動の滝」は水量が小さく規模的な期待はできないですが、渓谷の見どころとして人が集まりやすいポイントとなっています。

住宅街にある都会のオアシスで、付近には交通量の多い環八や国道466号がありながらも渓谷は静かで癒されます。秋の紅葉時期が特に人気です。
アクセス情報

[住所] 東京都世田谷区等々力1-22-37(地図

B.東京西部(多摩地区)の絶景

03.深大寺(調布市)

深大寺写真 参道から見る山門に白い花が咲くナンジャモンジャの木

調布市の名刹として天台宗の別格本山となる「深大寺(じんだいじ)」。日本三大だるま市のひとつ「深大寺だるま市」で知られ、本堂や釈迦堂など見どころがあります。

2010年にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の舞台が調布市で、参道には「ゲゲゲの鬼太郎」のモニュメントや目玉だんごなど妖怪の見どころもあります。

湧水の名所でもあり、水を使用した蕎麦が古くから名物とされており「深大寺そば」として今も提供するお店が多いです。

京王線の調布駅からバスで行けて、お寺に隣接した「神代植物公園」は有料施設とはなりますが四季折々の花を屋外で楽しめて春と秋のバラが有名です。

神代植物公園もセットで半日過ごせるスポットで、蕎麦も美味しいです。ゴールデンウィークには木に白い花が咲くナンジャモンジャの木が見どころのひとつ。
アクセス情報

[住所] 東京都調布市深大寺元町5-15-1(地図

C.離島(伊豆・小笠原)の絶景

04.地層切断面(伊豆大島)

地層切断面写真 伊豆大島外周道路の見どころとなる地層模様の壮大な崖

伊豆大島を一周する「大島一周道路」は国内屈指のハードさをほこるフルマラソンのコースでもあり、島の南西の道路沿いにある「地層大切断面」は伊豆大島を代表する景勝地。

島の中央にある三原山にも由来する火山島ならではの景観で、年輪のように多数の層となっているのは太古から三原山の噴火により堆積して長い年月でできたものです。

バームクーヘンのような見た目とも言われる地層で、付近のバス停のデザインもバームクーヘンになっています。

長い年月を重ねた風格と、奥行のあるスケールの大きさが魅力。元町港から自転車で来訪したら、アップダウンがきつかったです。
アクセス情報

[住所] 東京都大島町野増(地図

まとめ

以上、東京都のフォトジェニックな観光スポットでした。